Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

最高の離婚   最終回  *感想*

2013-03-22 | 冬ドラマ(2013) 感想
* 「結婚って、拷問だと思ってましたが、違いました」 *

光生(瑛太)と結夏(尾野真千子)の関係・・ それぞれの想い・・ 
なかなか素直になれない二人の様子を たっぷりたっぷり見せてもらえて大満足な最終回。
“入ったらダメな温泉”につかろうとする結夏を必死でとめる光生・・
やっとのことで結夏への想いを言葉にする光生・・
これで関係修復か?と思いきや・・ そうそう簡単には修復されないのね・・な 光生と結夏の痴話げんか・・
もう一回見られて良かった♪な大宴会と 歌う光生&光生を見つめる結夏の様子・・
も~うっ じれったいよ~っっ と 焦らされつつも 最後はニマニマさせてくれちゃう最終電車エピソード・・
そしてそして回想シーンを交えながらの光生と結夏の歩み・・ いやぁ・・楽しめたわぁ。

電車の中でカバー無しで本を読むことと同じくらいの恥ずかしさなのだと結夏を止める光生の言い分が好き。
(コレ・・かなり同感。)
「いつ、いなくなってもおかしくない人と一緒に暮らしてる。いつ、無くなってもおかしくない時間を過ごしてる。
いつ別れがきたっておかしくないのに、好きだってことを忘れて生きてる。そういう、そういう風に生活してる。」
この光生の言葉が好き。(当たり前のコトなのだけど コレを意識し続けるのが難しい・・のよね・・きっと。)
短くまとめられた結夏への想いも好き。(やっと やっと この言葉を聞けたよ・・。)
脈絡の無いコトを持ち出して光生を攻撃しだす結夏が好き。(コレ・・・ありがちかも・・・・。)
2話で描かれたシーンとの違い・・ 二人の想いの変化を楽しめるカラオケシーンが好き。
(結夏を見つめる光生と 光生を見つめる結夏・・ 最後には目と目が合って微笑み合う二人の様子・・いい~♪)
あそこまで描いてくれるとは・・ などと チョッと驚きもした電車の中でのシーンが好き。
(可愛い♪可愛い♪とにかく可愛い。)

光生と結夏のなかでカタチを変えつつあった二人の出会いの思い出を 
当時の想いをそのままに しっかりと見せてもらえたのも嬉しかったなぁ。
なんやかんやとありながらも なんとかかんとか乗り越えてみせた光生&結夏に 灯里(真木よう子)&諒(綾野剛)。
これからも 色んなコトでぶつかりながら イロイロと折り合いをつけながら それぞれの人生を重ねていくのねぇ。  

 最後まで読んでくださって ありがとうございます  
ランキングに参加中です。共感していただけるトコロがありましたなら ポチっと押していただけると嬉しいです♪
 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村

最高の離婚   第1話  *感想*
最高の離婚   第2話  *感想*
最高の離婚   第3話  *感想*
最高の離婚   第4話  *感想*
最高の離婚   第5話  *感想*
最高の離婚   第6話  *感想*
最高の離婚   第7話  *感想*
最高の離婚   第8話  *感想*
最高の離婚   第9話  *感想*
最高の離婚   第10話  *感想*
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« dinner  第9話  *感想* | トップ | dinner  第10話  *感想* »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
盛りだくさん (あきんこ)
2013-03-22 12:50:42
最初から前ドラマと比べてしまって見ていて光生になれなかったりふたりの喧嘩に何か違和感のようなものを感じていたのが今となれば、全然愛着をもって見てました。
今回は最後の最後で出現した光生父が、なるほど結香と同じくこの父にしてこの子ありと
しかももっと潔癖症が酷いというオチにも笑えたし、ここでまたまた結香父を見られてほんと面白かったです。
ふたりの親も同じようにくだらないことで喧嘩して、みんなそうだけど好きだったこともどこか忘れちゃってるんだけど、どこかで好きだから、やっぱり離れられないのが夫婦であり家族なんでしょうか?
あんな風にラブラブで楽しく付き合い始めの二人のようになれたら離婚も幸せですね。
最初からこうなんじゃないかと思ってた結末になり大満足。
不器用な光生のチューも、素直になれないふたりのやり取りもヤキモキしたけど良かったです。
サビシイ(;_;) (モチヲ)
2013-03-22 15:03:02
Leeさま、大満足な最終回でした~♪
たっぷりのエピが詰め込まれてて、前半にあったミツオの、入ってはいけない温泉!につかろうとするユカを必死に説得するくだり(爆)をスルーしかけるとこでしたよぉ(>_<)思い出させて下さりありがとうございます!ダメダめ☆○#○☆℃◇◎~(>_<)ってなってるミツオに大爆笑♪
マチルダとはっさくを探すのを手伝って~って、上原家に訪ねてきた直前に、諒くんが婚姻届を出さなかったエピを話してたってあたりも、さすが、細かいところを拾ってくる脚本の妙に、惚れ惚れしちゃいました(^-^)
最後にまたあの宴会を、まさか、ザキハマ家とともに!のところを見れるなんて♪私もすごい嬉しかったです~(^.^)山崎一さんの、ミツオの父親キャラ!おもしろかった(^-^;~お疲れさまって、挨拶にまで、ツッコミ入れるの、ミツオとそっくり(^-^;いや、上手か(^^;~最終回だけじゃ、もったいない位楽しませてもらいました。
あの宴会の場で歌ったジュリーの唄、初めて聞きましたが、うっとり~♪いいシーン♪
二人の回想も、電車のホームのやりとりも、時々さしこまれるアイコさんの素敵な言葉も…大好き
なシーンだらけで(T_T)もう…すごくサビシイ(;_;)
Leeさまの、ツボコメントも、とても、楽しかったです…ああ、ほんとに淋しい(T-T)
きっと、またスペシャルがある事を期待します★ではではまた(^-^)/~
コメント切れてた(--;) (モチヲ)
2013-03-22 15:17:41
続きです(--;)…
最終回が、ミツオとユカにほぼ焦点が絞られてて、ややこしく、いい結末に向けて進んでいく様子を、ほんとに微笑ましく見てました(^-^)サクラ咲く結末に、大満足でした~♪
あと、私もあの宴会のシーン、二話の時はなんてウザイんだ(^-^;と思ってましたが、見方が変わると、何ともにぎやかで開放的で楽しげ♪ミツオの歌ったジュリーの唄、ほんとに素敵で、うっとり~(^.^)
あと、ミツオの父親キャラ、最強でしたね♪お疲れさまって挨拶にツッコミ入れてくるあたり、そっくり(^-^;いや上手か(^^;~
大好きなシーンだらけで(T_T)もう来週から見れないのが、ほんとに淋しい(T-T)Leeさまの、コメントも、とても、楽しかったです♪
きっと、スペシャルがある事を期待しながら…ではまた(^-^)/
あきんこ 様 (Lee)
2013-03-22 17:20:10
コメントありがとうございます♪

そういやあ私も 初回はイマイチこのドラマの世界に入り込めなかったんだった・・・(笑)。
も~う すっかりこのドラマにハマってしまって そんなことは忘れていたよ。

光生のお父様・・面白かったですね~。
ホント この父にしてこの子あり・・でした。

いくつになっても 長~い年月を夫婦で過ごしていても 喧嘩や意見の食い違いはありますもんねぇ。
それでも一緒に暮らしていくことで 家族の時間をより濃密なものにしていくということでしょうかねぇ。
モチヲ さま (Lee)
2013-03-22 17:27:34
コメントありがとうございます♪

そうなんですよねぇ・・・
このドラマって 台詞は膨大 エピソードは盛りだくさん 印象的なシーンもてんこ盛りなもんで
最初の方の出来事って ついつい忘れちゃう(笑)。
細かいトコロにまで感想を書いていきたいけれど そんなコトをしてたら かなりの長さとなってしまうし 
長~い感想は出来るだけ書きたくないし
こちらの感想も 最も印象に残ったトコロだけになってしまうという・・・。

ホント サクラ咲く結末でしたねぇ・・・。嬉しい結末でした。
宴会のシーンをまた見られたコトも嬉しかったです。
光生の父母という 最終回での強烈キャラ投入も面白かったし
結夏の実家のくだけた雰囲気も楽しめたし。

うんうん スペシャルは作れそうですよねぇ。 っていうか是非作ってほしい~っっ。
Unknown (はな)
2013-03-23 09:14:37
Leeさん、ブログ更新されてたんですね!最高の離婚見てから、Leeさんの感想読むのが楽しみでしたので、嬉しいです(*^_^*)

良い最終回でしたね。坂元さんの脚本なので、復縁のフラグはたくさんあっても、どうなるのかなって、ドキドキしながら見てました。…そしたら、電車のシーンですもんっ!キュンキュンですっ!描いてくれて良かった!
ずっと光生を見守り、変化や成長に喜んできたので、心から顔がほころんで、嬉しくなるようなシーンでしたw不器用な人の精一杯の愛情表現は、良いですね!
2人のケンカシーンですら、愛おしかったので、仲良しシーンは「良かったねぇ」とほっこり見てました。マジカルバナナのミニスカートォや、電柱からひょこって出てくる結夏、ただのイチャイチャを見ても、こんなにあったかい気持ちになれるのは、愛すべき主人公達になるように、役者さんが役に息を吹き込んで表現して下さった賜物だなって思います。

少し気になるのは、結夏が光生に対して、素直に思いを伝えるシーンが少なかったことかな?
細かな視線や、手紙などで、どれだけ光生が好きなのか分かりましたが、光生自身は全く知らない。曲がった形でしか、伝えられてない。せめて最後、光生が成長した分、結夏にも成長してほしかったな。

とにかく珠玉の言葉のオンパレードで、この脚本とこの主人公、役者さんにもう毎週会えなくなってしまうのか、と寂しいです。
脚本家のセンスと、それに答えられる役者、脇役、カメラワークに、音楽と、本当に良かったなぁー。途中、ん?とつじつま合わない所もあったけど、そんな事以上に、楽しい作品でしたーー!(*^_^*)
はな 様 (Lee)
2013-03-24 13:56:39
コメントありがとうございます♪ お返事が遅くなってごめんなさいっっ。
嬉しいお言葉もありがと~♪

そんなんですよねぇ。
復縁するのかなぁ・・などと予想はしつつも いや・・どうなるかは分からないぞ・・ と 思いながら見守っちゃいました。
でも 素敵な最終回でホントに良かったです。

そういやあ 結夏が想いをしっかり伝えるシーンは見られませんでしたねぇ。
気まずい4者会談で泣き出してしまったコトで とりあえず彼女の想いは見せた・・ということでしょうか。
最後まで不器用で チョッと素直じゃなくて 単純で チョイめんどくさい結夏でしたねぇ。

はなさんがラストに書かれているとおり 魅力タップリで 私の大好きなドラマとなりました。
大人が楽しめる 大人のためのドラマ・・ とても良かったです。

コメントを投稿

冬ドラマ(2013) 感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事