Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

<ドラマ>凪のお暇 第6話  *感想*

2019-08-25 | 夏ドラマ(2019)感想
慎二(高橋一生)が面白い。
面白すぎる〜っっ。
 
「オフィスラブ、サイコー♪」な間抜けっぷりも、、

「だって遠いんだもーん。国分寺。」なアホっぷりも、、
 
愚痴って泣いて愚痴って泣いて、、を暴露されて誤魔化すドスコイっぷりも、、
 
「彼女」「彼女です」「彼女ができました」という言葉を踏み消す様も、、
 
「同僚、、、」と円(唐田えりか)の気持ちを踏みにじる様も、、
 
白い恋人を食べながら泣いていたことを暴露されて、
「俺じゃないですっっ!!」と全力否定する様も、、
 
私のツボにいちいちハマってしまったわ。
慎二の魅力を堪能する回だったわ。
 
 
坂本さん(市川実日子)の件は、
頭の良い彼女が何故、、などと思っていたけれど、
そこまで追い込まれてしまった状況になってしまった彼女に切なくなったよ。
長引かなくてホント良かったわ。
 
 
凪(黒木華)と坂本さんに確かな友情が芽生える様や、
ママ(武田真治)や慎二の手痛い助言をしっかり受け止め、
少しだけ後ろを向けるようになった凪の姿は、
清々しい気持ちさせてもらったわ。


だけど、、
なんだかヘビーなもんが、凪の身に押し寄せているような、、、。
お母様ったら、、
お母様の迫力ったら、、
怖い〜っ。

コメント (2)