Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

監獄のお姫さま 第6話  *感想*

2017-11-22 | 秋ドラマ(2017)感想
* 「奇跡」 *       番組HP

小シャブが戻ってきた~。

早っ。

戻ってくるとは思わなかったわぁ。
勇介誘拐作戦時の協力シーンからは、
かなり立派に仕事をこなしている感じがあったからさ、
前回の小シャブの早々の出所には納得してたんだけどなぁ。

っつうか、
小シャブのシャバでの様子まで描いてくるとは思わなかったわ。
しかも、
またしても、使い勝手の良い吾郎(伊勢谷友介)が使われちゃってるし。

それにしても、
小シャブの社会適応能力、恐るべし。
あの能力を駆使しての、初回でのあの立ち位置だったワケなのねぇ。



出戻り小シャブに対する先生(満島ひかり)の対応が印象的。
先生、好きなんだよねぇ、私。
かなり好きなのよ。
だから、
熱く、激しく、小シャブにキレる先生に痺れたわ。

「これからは、時々、女出してくから。
 でないと、心が角刈りになっちゃうよ。」

この先生の言葉も好き。
心が角刈り、、嫌よねぇ。
先生が確実に、カヨ(小泉今日子)たちに心を許していっている感じも面白い。


小シャブが出戻ってくるコトで、
財テク(菅野美穂)、姉御(森下愛子)、女優(坂井真紀)らに、
“残念なお知らせ”が舞い込んでくるという流れも面白かったわ。

小シャブに絡めたモロモロを興味深く視聴したよ。
楽しげに、能天気に、暮らしているようにも思われるけれども、
所詮、彼女たちは女囚、、なんだよねぇ。



カヨと長谷川(塚本高史)と公ちゃん(神尾楓珠)の面会のクダリも好き。
カヨと長谷川の会話が嚙み合わない感じも、
公ちゃんへの想いが溢れ出ちゃって仕方のないカヨの様子も、
あの状況の、ホントどうしようもないワチャワチャ感も、
前回の失態をなんとか取り戻そうとした長谷川の講じた苦肉の策も、
モロモロが面白かったわ。



ラストの長谷川の告白も含めて、
登場人物たちの心情や状況が、
2017年に向かって、確実に変化していく様を見守るのが楽しい。


 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

監獄のお姫さま 第1話  *感想*
監獄のお姫さま 第2話  *感想*
監獄のお姫さま 第3話  *感想*
監獄のお姫さま 第4話  *感想*
監獄のお姫さま 第5話  *感想*
コメント (2)