Lee's Diary

ドラマが好き。
お気に入りのドラマの感想をつぶやいています。

監獄のお姫さま 第5話  *感想*

2017-11-15 | 秋ドラマ(2017)感想
* 「母性」 *       番組HP

母性、出まくってたねぇ。
女囚たちの溜まってた母性、ドバドバ、、だったねぇ。

カヨ(小泉今日子)たちお馴染みの面々がドバドバなだけでなく、
他の女囚たちまでもが母性を刺激されまくっている様子が、
大量に集まったケーキから窺えるのが面白かったわ。
効果絶大だったねぇ、、、チビ勇介。


「申し出」の板を使ってのモロモロの演出が好き。

勇介のオムツかぶれ、
オセロの駒に、江戸っ子ヨーグルトの蓋・・勇介の誤飲、
勇介のつかまり立ち、
ケーキの差し入れ、、
などなど、

雄介の育児を通じて溢れ出る女囚たちの母性が、
「申し出」の板で表現されているのは面白かったわ。



勇介をめぐるストーリーの中に、
先生(満島ひかり)の背景や、
馬場カヨと夫・武彦(赤堀雅秋)と息子のエピソードを、
しっかり盛り込んでくる充実感も好き。


刑務官という立場のふたばのエピソードはどのように見せるのかと思いきや、
なるほど、女囚たちに経験を語る体で描いてくるんだねぇ。
幼いふたばと、しーねえちゃん(菜葉菜)のエピソード、印象的だったわ。

そうそう、、
前回、サラッと描かれていた、
合コンをしているふたばの様子は、なかなかのもんがあると思っていたが、、、

なるほど、、
かなりのゲスなのか。
肉食なのか。
いきなりステーキなのか。
基本立ち食いなのか。
・・・・気になる。

そうそう、、
「“おばさん”ってワードでガーっと行くとき、先生はいかないんですね?」
コレ、やっと突っ込んでくれて、良かったわ。



カヨと武彦の面会が考えさせられるものとなっていたのも良かった。
「刑務所だぞ!」と激昂する武彦や、
「こっちも辛いよ、、なかなか。」という武彦の言葉は心に残る。

ホント嫌なヤツだと思っていたけど、
父親としては頑張っているのかねぇ。
シャバはシャバで大変だものねぇ。
父親としてイロイロ苦労しているらしい武彦の様子は興味深かったわ。



そして、そして、
ラストシーンのインパクト。
姫(夏帆)の母親が勇介を吾郎(伊勢谷友介)に渡してしまう流れは予想できたけれども、
(だって、母親は筒井真理子さんなんだもん。)
あの場に吾郎がいるとは思わなかったわ。
ぐぬぬ。
吾郎のヤツめ。
憎たらしいぞ~っ。



 チラっと共感していただけましたなら、ポチっとね♪ 
 <ドラマ感想>
にほんブログ村

監獄のお姫さま 第1話  *感想*
監獄のお姫さま 第2話  *感想*
監獄のお姫さま 第3話  *感想*
監獄のお姫さま 第4話  *感想*
コメント (2)