チョコわんこのキルト&ガーデン

愛犬チョコとパッチワーク、バラとガーデニング、日々のあれこれ

ウミネコ

2012-08-09 10:46:05 | 佐渡


 

佐渡汽船の出航の時、
たくさんのウミネコがついてきます。

狙いはかっぱえびせん。

手にかっぱえびせんを持って甲板から突き出してると
パクっとくわえて持っていくんです。

 


横目でキラッとねらいをつけて

 

一番下の子、ゲットしましたね~♪



ずっとカモメだと思っていたら、
ウミネコでした。

尾羽が黒く、黄色い嘴の先端が赤、黒と色が付いているので
見分けがつくそうです。


そういえばニャーニャー鳴いてるし。

 

 

以前は船が加速するとついてこれなくなってましたが、

今年ふと気づくと何羽かは新潟港から両津港まで、ずっとついてきていて、

パワーアップしていました!

確かになんだか体格がいいような気がする・・・。

行きの船で食べ、また帰りの船について食べ、ってしてたら

油分と塩分でメタボになってしまうのではないか

と、ウミネコの健康がちょっぴり心配になりました。

 

 

 

 

 今夜、この夏二度目の佐渡に出発です^^

 

 

 

コメント

ユーロスターでロンドンへ

2012-08-07 23:25:07 | 2012春パリ&ロンドン

 

だいぶ間が空いて季節も変わってしまいましたが、
春のヨーロッパ旅行の続きです


いよいよロンドンへ移動です
ところが・・・

この日、午前中に公園を散策したり、
シャンゼリゼで買い物したり・・・、

余裕で過ごしすぎちゃって

間一髪で、ユーロスターに乗り遅れるところでした

そもそもユーロスターでの移動を、
「列車の旅」くらいに気楽に思ってたのが失敗の元でした。


予約したユーロスターは14:30発。


ガイドブックに
「出発時刻の30分前に到着していないとキャンセル扱いになることがある」
とあったので、

40分前にパリ北駅についた時には
「やれやれ間に合った」と
ホッとしたのですが、

その後、パスポートみせたり、入国手続きの書類を書いたりしているうち、

実際に乗車口についたのは発車10分前。

30分前に着かなきゃいけなかったところは、
ここのことだったんです

 

 

チケットを見た係りの人に

「Sorry, この便にはもう乗れません」

と言われ、

「へ?」

「えっ?」

「ええ~~!」

と、真っ青になりました。

 

が、青ざめた私たち家族を気の毒そうに見回した係りの人が

「Don't worry, 聞いてみるから」
と、どこやらに電話をかけ、

30分後発の次の便に変更してくれて
「4人で一緒に座れるよ」とニッコリ(・∀・)

あ~旅先での親切は身にしみる~

ホ~

 

そうですよね~
違う国に行くのですから、
厳しいチェックがあって当然ですよね・・・。

ホームには免税店あるし・・・。

 

ん?免税店?


ほんの5分くらいのすきに娘とロクシタンの免税店に行き、
残ってたユーロでしっかり買い物してきました。
懲りないね~

 

 
2時間半くらいでロンドンのセントパンクラス駅に到着。
大きな五輪が掲げられてました!

ロンドンだー

 

 

ホテルにチェックインして早々におでかけ。

普段は17:30閉館の大英博物館が
木・金だけは20:30まで開いていて、
ラッキーなことに、この日は金曜日だったんです

 

ホテルから大英博物館は歩いてすぐで、
なんだか裏口のようなとこから入ってしまいました。


入館無料で、寄付金を募っています。

 

ロゼッタストーン・・・ピンボケな上、自分が写ってる・・・
ちゃんと撮れてたとしても読めるわけじゃないけど

 

 

ロゼッタストーンの裏側
意外にゴツゴツ
またもやピンボケ

 

 

 


ミイラをCTスキャンした画像もありました

 

あまりにもたくさんの展示物があるので、
動物キャラのものを集めてみました。
 

 

 

 

 

 

 


なんとスフィンクス村長が~!


すごい細かい細工

 

この大きな船は仕掛け時計です

 

ロンドンオリンピックの金メダルも展示されてました

今や毎日オリンピックでドキドキですね!

 

帰りは正面出口から出ましたよ~^^

 


  旅行記5日目の2 2012/3/30 fri  

 

コメント

大佐渡石名天然杉

2012-08-06 15:53:43 | 佐渡

 

石名天然杉の遊歩道を歩いてきました。

こんな原生林があるなんて知らなかった!と思ったら
去年公開されたばかりだったんですね。

駐車場から遊歩道につながる道の両側に
ずーっとヤマアジサイが咲いていて 
水色や濃いブルーの中に時折薄紫やピンクの花が混じって可愛いの

 


遊歩道にはいるなり大きな杉。

このあたりは年間通じて雲や霧が出て、積雪も多く風も強くて
厳しい環境に耐えるため特異な形状になったそうです。

樹齢は200年から400年だそう。

 


特徴的な5本の杉には名前が付けられてました。
一般公募だそうですが、これがまた絶妙で・・・


ホントにマンモスみたいだ~!

 

 


木だけだと大きさがわからないので、佐渡観光協会HPの写真を拝借してきました。
大きいでしょ~

 

 

 

 

 


1本の根元から7本くらいに分かれて伸びてます。

 

 

 

この木はすごかったです。
枝、というか根なのかな?
四方八方から伸びていてタコみたい・・・
私ってネーミングのセンスない~

名前の通り、本当に天女の羽衣みたいでした 

 

 
「ロードオブザリング」や「ナルニア国」にでてくる木の妖精みたいに
枝が腕になって今にも歩きだしそう^^

 

 

遊歩道はとても歩きやすくて気持ちよかった~

新潟大学演習林を歩く有料のトレッキングコースもあって
そちらには樹齢500年を超える巨木がたくさんあるそう。
いつかそっちも行ってみたいな♪

 

遊歩道沿いや、杉の間にも、ずっとヤマアジサイが咲いていました。

 

星を散りばめたみたい

 

Kちゃんがオリンピックの聖火ランナーみたいな木を発見しました。


他にも山野草がいくつも咲いていました。
パンフレットをみると6月ころ花が多いみたいですが、
8月のヤマアジサイも素晴らしかったな~♪

 

 

 

 

帰り道、海に映る夕陽が
いつもより細く長い気がして 車の中からパチリ

木のパワーたくさんもらっていい1日だったな~

 

 

 

 

 

コメント

佐渡の本間家定例能

2012-08-05 23:26:29 | 佐渡

 

東京で謡を習っているいとこのKちゃんが
去年に引き続き本間家定例能で舞うというので、
一緒に佐渡に行ってきました。


Kちゃんは声がよく通るしえんじの着物が松の緑に映えて
カッコよかった♪

 

やっぱり佐渡には能の文化が根付いているんですね!
今でも30ほどの能舞台があるんだそう。
これは日本にある能舞台の3分の1なんだって!
かくゆう私は能の”の”の字も知りませんが


定例会の幕明けは地元の中学生が演じ、
小さな子どもも舞を舞っているんです。

私の隣にいたオジサマは本を開いて一緒に歌っていたし、
なんの知識もなく、ただいとこの発表会を見る感じで来た私は
驚いてしまいました。


 

この日はものすごい猛暑で、
佐渡では経験したことないような暑さ!
こんな素晴らしい着物を着てどれだけ暑かったでしょう・・・

着物を汚さないよう、中にたくさんわたを詰めてるそうなんですよ~

 

後ろ姿も気になりますよね^^

 

 

舞台の向こうは涼しげな緑の木立なんですがぁ・・・
とにかく暑かった

 

 

 
この小さな口から、かがんで出入りしてました。

 

こんな風に。

 

 

夕方から「道成寺」が上演されましたが、
これは20年ぶりのことだそう。
これを見るために観客もどんどん増えてきました。


初めにこの鐘が運ばれて、天井から吊るされ、
舞っていた人がちょっとずつ鐘に近づいていきます。

この時の、鼓を持った人と舞う人の掛け合いが
長くてすごかった!


鐘の下にいくと、鐘が落ちて
中にすっぽり入ってしまったのです!


再び鐘が上がると、鬼になってでてきた~!

 

 

 あとからストーリーを聞いたところ、

道成寺の鐘供養に現れた白拍子が舞を舞い、
隙をみて鐘の中に飛び込むと、
鐘は音を立てて落ち、
祈祷によって持ち上がった鐘の中から蛇体に変化した姿で現れ、
僧侶の祈りによって消える

というおはなしだそう。

能の演目の多くは、
亡くなっても成仏できずにいる魂が浄化されてゆく物語だそうですが、
怨念を持ってるのが女性だけなんだとか・・・。

 

時折ひぐらしの「カナカナカナ・・・」という鳴き声が
合わさって、とっても情緒的で、
わからないなりにいいもの観られてラッキーでした



コメント