チョコの半分

残りを大切に食べたい♪相変わらず食欲をセーブする日々です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

シンガポールに行ってきました 19 最終日1

2010-02-25 08:02:49 | 旅行
最終日と言っても正味まだ三日目。

今日は夜中の便で日本に帰るまではまったくの自由行動。
ホテルは夕方の6時まで使える設定になっています。

朝、例のごとくゆっくり朝食をとった後、
身支度を整えて、オーチャード通り散策に出発しました。
ホテルの隣の高島屋へ行くと、
「高島屋カード、持ってますか?」と始終聞かれるのに笑った。
(持ってるけど…)

お土産にするようなものがないかしら?

地下で中国っぽいお菓子や、南国らしいドライフルーツを購入。
「高島屋 ニー・アン・シティ」は、
オーチャード通りを代表するショッピングゾーンとのこと。
半分はデパート形式、半分は専門店街で、
専門店には高級ジュエリーを扱うお店や、王道のブランドショップが入っています。
平日ですがお客さんもそこそこの入り。

次はそのまま道沿いに歩いて、伊勢丹にまいります、、、
って、ここは日本かいっ!!

オーチャード通りには、日本のデパートが2店も出店しているのです。
道沿いには昔ながらのシンガポールのショッピングビルや、
新しくオープンしたブランドショップがたくさん並んでいます。
人もたくさん歩いているし、活気があります。
年中気温が高いので、建物同志は地下通路でつながっていて、
外を歩かなくていいようになっています。
最初はわかりにくくてウロウロ、ラビリンス状態でした。

途中、おしゃれな場所でおしゃれなティータイム
最初にケーキを選んで、席に座って飲み物を頼みます。
味は日本のケーキとあまり変わらない。
(コーヒーとケーキで900円位?)
お店はご飯類も出すようだけど、お値段は高めです。

       

シンガポールは物価が高いといいますが、食料に関しては少し安めだと思います。
ただ街中のお店はほぼ日本の繁華街と同じぐらいなので、
高いように感じるかもしれません。

後はオーチャード通りをブラブラしながら、ローカルスーパーに行きました。
日本人御用達?という訳でもないでしょうが、○○水産の文字が、、

  
ケースの中には生魚を使用したお寿司や刺身が。
お値段は日本とさほど変わらず。
シンガポールの人もこういうものが好きなんでしょうか?

    
シンガポールらしい調味料はないか?とウロウロしたり、
食パンの包装紙がカラフルなので喜んだり、
主婦としては知らない土地のスーパーマーケットの中はワンダーランド。

色々購入したいのは山々だけど、調味料は重いのでたくさん買えないのが残念。
チリソースやスープの素、お茶などを買って一旦ホテルに戻ります。
あ~、、重っ。。

帰りの荷物をパッキングしたら、ホテルのフロントへ荷物を預け、
旅行社の迎えが来るまで2時間ほど、近所へ食事に行くつもりです。
台湾でも食べた「鼎泰豊(ディン・タイ・フォン)」のお店を見つけたので、
そこの小籠包(しょうろんぽう)食べたいっ!
お店ではコックさんがたくさん働いていて、お客さんもぎっしりでした。
コメント   この記事についてブログを書く
« シンガポールに行ってきまし... | トップ | 春・別れの日 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅行」カテゴリの最新記事