素朴な疑問

私だけが疑問に思っているのかな

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

文部科学省のある意味

2005-03-05 | Main
 中山成彬文部科学相は、松江市での対話集会で学校教育現場での国旗国歌の指導について「(教員に)内心の自由はあるが、どういう考えであっても国旗国歌に敬意を払うということを教えるのは、教師として当然のことだ」と述べ、指導を徹底すべきだとの考えを示し、
「国旗国歌に忠誠を尽くすというのを教えていないと、外国に行って恥をかき、ばかにされる。教えないと教え子がひどい目に遭うということを理解してほしい」と述べた。

という記事が朝日新聞などに掲載されていました。
この記事を読んで国旗国歌について文部科学省の大臣が発言することに疑問を感じました。
文部科学省が教育として徹底したいのは国旗国歌に忠誠を尽くすことなのでしょうか。
もしそうだとしたら文部科学省という省庁がある意味は本当にあるのでしょうか。

自国を愛する時は自国が好きになるときであり、それは押しつけられるものではなく、自然になるものだと思います。
自分の国をよく知り、誇れるものがあれば自然と自国を好きになれると思います。
子供たちが自分たちの国を好きになれるように、自分たちの国のことをよく知り、誇れるような国に大人たちがすれば、子供たちは強制しなくても、教えなくても好きになると思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 韓国から学ぶこと | トップ | 文部科学省のある意味 その2 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本当にそうですね (i-demo)
2005-03-05 23:29:27
こういう押しつけをする人たちというのは、やはり大日本帝国脳の持ち主なのかもしれませんね。

時代錯誤な人に税金を払う国民は本当に愛国心なしには生きていられないでしょうね。
コメント有り難うございます (choco-cro)
2005-03-05 23:52:31
i-demoさんコメント有り難うございます。

いつだったのか忘れましたが園遊会で天皇があまり国旗国歌を強要しないようにと発言したことがあったと思います。平山郁夫氏に対しての発言だったと思います。平成の天皇は違うなと感じました。政治家の方が古い考えの人が多いのですね。靖国神社に参拝することが好きな人も多いですから。

コメントを投稿

Main」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

君が代は校歌と同じ声量で (インターネット民主主義実験室)
 町田市教育委員会は、君が代を歌う声量を校歌と同じ声量にするよう指導をすることを各校に通達したそうです。ということは、現場では小声で歌う、または歌わない状態ということなのでしょう、つまり君が代斉唱を強制しているということのようです。  実際にどういう状況な
日本を馬鹿にする文部大臣 (ジャムシードの酒盃)
国旗国歌に忠誠を尽くすというのを 「中山氏は『国旗国歌に忠誠を尽くすというのを教えていないと、外国に行って恥をかき、ばかにされる。教えないと教え子がひどい目に遭うということを理解してほしい』と述べた。」 一国の大臣が不見識なことを言わないで欲しい。 人格を
日の丸と君が代 (はじめの一歩)
先日 共同通信社の記事によると 国旗国歌指導の徹底求める 対話集会で中山文科相  中山成彬文部科学相は5日午後、松江市での対話集会で学校教育現場での国旗国歌の指導について「(教員に)内心の自由はあるが、どういう考えであっても国旗国歌に敬意を払うという.
国旗と国歌と儀式 (新・庶民的感情)
国旗と国歌を巡って左翼が動き出す時期がきてますね。日本の公施設であれば儀式ごとに国旗を掲揚して国歌を斉唱するのは当然のことでしょうがね。その当然のことができていないから法律ができた。なんとも情けない・・・あんな法律、外国には見せられないでしょうね・・・