チョコちょこダックスのチョコちょこ生活

上目遣いのチョコタンスムースダックス・アポロの日常

ヘルニアと排泄介護

2010年09月09日 22時23分22秒 | ヘルニア
本日の一枚目の写真は、
今日の夕方の散歩で撮ったもので~す♪

現在ヘルニア治療中のアポロではありますが、
ホントにもう随分歩けるようになってきまして、
今では片足あげて電柱にカケションするまでの回復ぶりでございますぅ~♪

なんだかんだ言っても、今日も絶好調だったねぇぇぇ~!アポロ~☆

というわけで、

今日は昨日の記事「ヘルニアを発症した日」の続きとして、
ヘルニアになってからの排泄について書きたいと思います。

そうなんです。

普段苦もなく当たり前のようにしていたオシッコとウ○チ…。

これがヘルニアになると自力では出来なくなることを、
この時初めて気がついた私なのでした。

ヘルニアが発症して病院へ連れて行った日は、
本当にもう慌てていたもので、
夕方のオシッコをさせずに病院へ駆け込んでしまったのです。

病院へ着いてからは色々な検査をしましたので、
すべてが終わったのが、夜の8時…。

その日のオシッコは、朝の4時にさせて以来ずっとさせてなかったのでありました。
もう相当たまってる筈です。

獣医さんにも言われて、オシッコさせなくちゃ!ってことになり、
その場でオシッコをさせようと思ったのですが、
実はその時点でもうアポロは腰が立たなくなっていたのです…。

病院へ着いた5時の段階ではまだ自力で歩けてたのですが、
この3時間の間にみるみる下半身が麻痺していったようでした。

「ああ~っ、家を出る前にオシッコをさせておけばよかったぁ…」

と悔やんでみても遅いです。
とりあえずは、とにかくオシッコをさせなくてはいけません。

普段なら、トイレシーツを敷いてあげれば、
出先の建物の中でもオシッコをしてくれるアポロなのでありますが、
この時はオシッコをする、しないの前に、まず歩けないのです…。

普段は、

「オシッコ…、オシッコ…」

と促してあげると、何度かトイレシーツの上をくるくる回り、
そのあとにしゃがんでおしっこをする、というのがアポロのパターンです。

でも、そのくるくるが出来ないっ…!

ならば、外へ出したらしてくれるかな…、ということで、
小雨が降る中、アポロを連れて病院の外へ…。

ハンカチで下半身を吊ってあげて歩かせながら、

「マーキングしていいよ~、オシッコしておくれ~」

と祈りながら期待したのですが、これもダメでした。

後ろ足が完全に麻痺していて、甲がひっくり返ったまま引きづられてしまうのです…。
オシッコもしてくれる気配は無し。

諦めて病院へ戻り、獣医さんに膀胱を押してもらいましたが、
それでもオシッコが出る気配は無し。
(あまり強く押すと膀胱を破裂させてしまうこともあるので、これは注意が必要だそうです)

仕方がないのでこの日は、

「カテーテルでオシッコを抜きましょう」

ということになり獣医さんに抜いてもらいました。

そして明日以降、もし家で排泄が出来ない状態であれば、連絡をくださいとのことでした。


結局ヘルニアの治療に関しては、外科手術を施すということで決めたのですが、
経済的な事情で、民間の動物病院ではなく、大学病院で手術を受けることにしました。

ただ、大学病院の場合は、すぐに予約が取れないらしいのです…。

そんな段取りのこともあり、とりあえずこの日は飲み薬をもらって帰りました。

で、翌日、

おしっこをさせようとトイレへ連れて行きましたが、
やはり下半身が全然立たず…。

でもしっぽを持って支えてやると、なんとか立てるんです。

その状態でいつものように、

「オシッコ…、オシッコ…」

と促してあげると、
その立ったままの状態で、いつのまにかジョロジョロ~ってオシッコしてくれました~♪



ウ○チに関しては、外へ連れ出してタオルで下半身を吊ってあげたら、
いつものように地面をクンクン嗅いだ後、わりと普通に排泄完了♪



とりあえず排泄に関してはOKです♪

これが出来なければ、
毎日病院へ行ってオシッコを抜いてもらなわなくちゃいけないわけですから、
ホント助かった次第です。

排泄の心配が無くなった事を獣医さんに電話で連絡しましたら、大変喜んでくれました♪

ただ…、

「しっぽを掴むのはやめてください…(汗)

と、ご注意を受けました。

しっぽは脊髄と繋がっているので、病状を悪化させる危険性があるとの事です。

うっ…、反省…っ!

とりあえずその後も、
おしっこは朝と夜の1日2回、
ウ○チは夕方1回きちんとしてくれたので本当に良かったです♪

まあオシッコしてくれたといっても、トイレできちんとはしてくれませんでしたけど…(苦笑)。

トイレのですね、あの2センチ程の段差が昇れないんですヨ…。

いつもはトイレに乗っかったり降りたりを繰り返しながら、
何回目かに乗っかった時ようやくしゃがんでオシッコを出し始めるんですが、
今回まだ下半身がまともに動かなかった時は、もうそういうの全然関係なしでした(笑)。

「オシッコ…、オシッコ…」

って声をかけて促してあげるとですね、
本人、オシッコしなくちゃってことはわかってるみたいなんですネ、
でも、

トイレに昇る寸前に立ち止まって、気が付くとその場で立ったまま、
トイレの外でオシッコ出してるんですヨ(苦笑)。

そう…、「思い立ったが吉日」(笑)。

まあ要するに、しゃがめないんです。

でも私、思いました…。

しゃがめなくてもいいっ♪

トイレの外でもいいっ♪

おしっこを出してくれさえすればっ♪


…と。

で、そんなオシッコの仕方も実は数日間だけで、
やがてだんだんとしゃがめるようにもなってきました。

ありがたいですねぇ~♪排泄できるって☆

アポロもやがては体が老いていき、介護が必要になるかもしれません…。

今回のヘルニアはそんな時のための、心の準備なのかなぁ…なんて考えたりもします。

ワンコといえども、介護はやっぱり大変らしいですからねぇ。

ウチなんかまだミニチュアダックスですから、抱えるにしても楽ですが、
これが大型犬となると、本当に大変だという話をよく聞きますしねぇ…。

そんな意味では、本当にアポロには色々なことを学ばせてもらって有難い限りです。

こんな私でも、少しは成長出来てますかねぇ…(笑)。



明日の記事もまだまだヘルニアについて触れたいと思ってます。

今日も長くなってしまいました。
ここまで読んでくださった皆様ありがとうございました♪

ご参考までに、
アポロがヘルニアを発症した時の様子を書いた過去記事はこちらで~す。

ヘルニア治療中 2010.9.6

レントゲンを撮った日 2010.9.7

ヘルニアを発症した日 2010.9.8

ヘルニアと排泄介護 2010.9.9

ケージレスト 2010.9.10

ヘルニアとMRI検査 2010.9.13

ペットバギー購入 2010.10.19

●新しく「ヘルニア」のカテゴリーを作りました。
 今までのヘルニアの記事をまとめて読むことができます。→
 「ヘルニア」


■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□
只今ブログランキングに参加中~☆

にほんブログ村 犬ブログ スムースダックスフンドへ
にほんブログ村

一日一回ポチッと応援クリックしてくださると嬉しいです♪

◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆―――――――◆
ダックスの専門雑誌「Love Like Dachs!!vol.2」に漫画を執筆させてもらいました♪

詳細はこちら☆

漫画「ドッグカフェ ラブライクダックス!!」について紹介していま~す☆

『犬』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ヘルニアを発症した日 | トップ | ケージレスト »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (oguri-gurs)
2010-09-10 13:23:01
排泄の問題って大切ですよね。実家のダックは
お外でトイレの子だったので、日に5回は短い散歩に
連れ出してさせていたのすが、年をとって足どりが
おぼつかなくなってもお外でしかしなかったので
フラフラする体を見守りながら「出ろ~。出ろ~。」
と念じたものです
その割りにウンPは「そこにしたから」と
適当になってました
いいよ出てくれればどこでも何でもこーいって感じでした
Unknown (アポロパパ)
2010-09-10 23:27:20
>oguri-gursさん
出てくれれば…ってお気持ち、今ならよ~くわかりますぅ。
一日5回も本当にご苦労様でしたねー!
歳をとってからも、やはり色々なことを覚悟しておく必要がありそうですネ。
今はその練習と思って向き合っていきたいと思いま~す。

コメントを投稿

ヘルニア」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事