よったろーのせーさく日記3

よったろーのせーさく日記からの引き継ぎです。
ちょちょいのよったろーと申します。
改めましてよろしくお願いします。

お休みなさい。

2018-10-05 14:14:06 | 日記
それでは、今日はこれで失礼します。

お休みなさい。

また、明日。
コメント

この後の予定4

2018-10-05 14:13:39 | 日記
続きです。

思いついちゃうからどんどん【おるおさんの新宇宙世界】のアイディアを書いてしまうのですが、そろそろ、セーブしなくてはと思っています。

これやっている限り、本来進めようと思っている作業が全然進みませんからね。
コメント

この後の予定3

2018-10-05 14:13:12 | 日記
続きです。

第002話承も出来ちゃったら先に公開する事になると思いますけど、101話としてカウントする残り4話は、【ファーブラ・フィクタの後継作品】の第三弾クォード・レ・ウェラ、第四弾ファーブラ・プエリーリス、第五弾ラティオ・ステルラ、第六弾フィーリア・レーギス・ゲミヌスの各本編第001話で埋めようと思っていますので、いくら【おるおさんの新宇宙世界】を作っても意味がありません。

続きます。
コメント

この後の予定2

2018-10-05 14:12:41 | 日記
続きです。

まだ、メモ書きのつなぎ合わせで、最後の再チェック修正も含めて完成はしてないんですけどね。

でも完成させようと思ったらあっさり出来ちゃいそうなんでどうしようかと思っています。

メモ書きの方も第002話承の部分にまで達していて、第002話承も半分近くは出来ちゃってるんですよね。

まぁ、そんなメモ書きを繰り返していたから番組がろくに見れてなかったんですけどね。

続きます。
コメント

この後の予定1

2018-10-05 14:12:13 | 日記
この後の予定ですが、番組を見ます。

今日のブログの更新は【この後の予定】の次がラストになります。

あ、ちなみにメモ書きのつもりで書いていた【おるおさんの新宇宙世界】の第001話起が全部出来ちゃったんですよね。

これ、先行して作っているのにカウントしない事にしようと思っているので、先に発表しちゃおうかな?と思っています。

続きます。
コメント

ファーブラ・フィクタのその後010

2018-10-05 14:10:58 | 日記
続きです。

それは前回のアルフォンシーナ姫の魔女にも言えた事です。

アルフォンシーナ姫のエリアの魔女は現界での魔女のレベルを大きく超えた存在です。

それはレティシア姫のエリアの大魔王にも言える事です。

だから討伐→倒すのではなく、戦って生きて帰るという事をゴールとしたのです。

という所までが今回となります。
コメント

ファーブラ・フィクタのその後009

2018-10-05 14:10:32 | 日記
続きです。

大魔王と戦うと言うことにはしましたが、討伐をゴールとはしていません。

セレークトゥース・ワールドでの大魔王は現界での大魔王クラスとは強さのレベルの桁が違うからです。

普通にRPGでの最終目的気分で大魔王討伐に挑戦すれば、まず、生きて帰れる保証はないのです。

続きます。
コメント

ファーブラ・フィクタのその後008

2018-10-05 14:10:06 | 日記
続きです。

隠れていた所が廃棄されてシクシク泣くだけだからです。

それをゴールとするよりも様々な英雄達と一緒に大魔王討伐に出るべきでは無いかと考えました。

その方がエカテリーナは戦闘がしたいみたいなので、十分にその条件を満たす結末としては7名の大魔王と戦うというのが解りやすいゴールと言えるからです。

続きます。
コメント

ファーブラ・フィクタのその後007

2018-10-05 14:09:26 | 日記
続きです。

これらのキャストの中でどう関わって何処をゴールとするかで、吟侍達の行動も変わって来ます。

正直、一番の悪者は女王ジンベリなのですが、彼女の最期をゴールとするのは何だか尻つぼみ感があります。

続きます。
コメント

ファーブラ・フィクタのその後006

2018-10-05 14:09:01 | 日記
続きです。

他にもレティシア姫の両親であるランス王子(国王)と村娘(王妃)、大魔王討伐に出る様々な英雄なども居ますがあまり物語の重要な部分に関わるという役柄ではありません。

その他にはレティシア姫の相手役として、彫刻(ジュビアル)が居ます。

そんな感じの物語ですね。

それにそったキャラクターが動くという感じのエリアとなります。

続きます。
コメント

ファーブラ・フィクタのその後005

2018-10-05 14:08:32 | 日記
続きです。

ちょっとレティシア姫のエリアの物語の説明を書いてから時間が経ってしまったので軽く復習という形になりますが、レティシア姫のストーリーでは身体の七カ所が陶器に変わっていってしまう呪いにかかってしまうレティシア姫の他に敵役として、彼女の身体の七カ所が生け贄として差し出されることになっている大魔王7名とレティシア姫にその呪いをかけた意地の悪い女王ジンベリが居ます。

続きます。
コメント

ファーブラ・フィクタのその後004

2018-10-05 14:08:01 | 日記
続きです。

そんな途方もない宇宙世界を全て網羅する事など人の身では絶対に不可能です。

ここまでというゴールを決めて切り上げないといけません。

レティシア姫のエリアを回れば、吟侍達はQP(クアンスティータ・パスポート)で現界へと戻るというゴール設定を決めました。

続きます。
コメント

ファーブラ・フィクタのその後003

2018-10-05 14:07:33 | 日記
続きです。

クアンスティータに関わるという事はそういう大きな力を手にしたという事も意味しているのです。

それでもなお、吟侍達はセレークトゥース・ワールドでは下から数えた方が早い雑魚レベルであると言えるのです。

続きます。
コメント

ファーブラ・フィクタのその後002

2018-10-05 14:07:03 | 日記
続きです。

現界に戻る時の事はその時、改めてやるとして、レティシア姫のエリアでのゴールをどうするかという事の話の続きから進めていきましょう。

セレークトゥース・ワールドでの通常活動は現界においてはそのままでは一切、通用しないレベルにまで達しています。

続きます。
コメント

ファーブラ・フィクタのその後001

2018-10-05 14:06:35 | 日記
それでは、今回も【ファーブラ・フィクタのその後】について書きますが、レティシア姫のエリアでのゴール設定を決めている途中で、【ぴょこたん】によって、力の制御をしてもらって現界に戻る吟侍達の事を書いたりして終わってしまいました。

今回は話を元に戻します。

続きます。
コメント