よったろーのせーさく日記3

よったろーのせーさく日記からの引き継ぎです。
ちょちょいのよったろーと申します。
改めましてよろしくお願いします。

追伸7

2018-10-01 15:09:50 | 日記
続きです。

また、オルオティーナはクアンスティータの後見ですので、クエニーデの後見を用意する必要があるので、オルオティーナのアナグラムである【ティーオルオナ】というキャラクターをオルオティーナの娘として展開させようと思っていますが、まだ作っていません。

という話をちょこちょこ裏でメモを取りながら作りますがこの制作は表向き内緒にします。

というのを予告させていただきます。

それでは、改めましてお休みなさい。

また、明日。
コメント

追伸6

2018-10-01 15:09:18 | 日記
続きです。

内訳は13がクエニーデ、7がニズ・クォトヌァール、残り4つが稀生 踊詩(きにゅう ようし)が所有する事になります。

その【新宇宙世界】→【世界混宇宙連】を受け取るに当たって、オルオティーナに踊詩がプレゼンをするという話にする予定にしています。

オルオティーナは幼いクアンスティータの代わりに管理者をしていたので、そのオルオティーナの許可を得るための話になります。

続きます。
コメント

追伸5

2018-10-01 15:08:48 | 日記
続きです。

【新宇宙世界】だと紛らわしいので、【世界混宇宙連(せかいこんうちゅうれん)】という名称にして、宇宙世界の上の単位である【世界他外】の一部を宇宙世界用に切り取って【宇宙世界】の様にクアンスティータの後継者に引き継ぐという事になります。

ただし一から組み上げるので、それを生み出せる創造力を持った者が所有者となります。

その数はクアンスティータの宇宙世界と同じ24です。

続きます。
コメント

追伸4

2018-10-01 15:08:25 | 日記
続きです。

クアンスティータは【プハンタシア・クアンティタース】では芦柄 くあんとして引退していますが、クアンスティータの所有する宇宙世界はクアンスティータのものです。

クアンスティータの後継者を用意しますが、その後継者は新たな【宇宙世界】を統治してもらう事にします。

続きます。
コメント

追伸3

2018-10-01 15:07:54 | 日記
続きです。

なので、メモ書きみたいな形でちょこちょこ書きためて行って、後で1つの話として統一する形を取りますので、曖昧な形でのちょこっと制作となります。

タイトルは【おるおさんの新宇宙世界(しんうちゅうせかい)】と言うことになります。

クアンスティータの乳母にして摂政でもあるオルオティーナに焦点を当てた話で、【新宇宙世界】の構成がテーマとなります。

一応、起承転結の4話を目標としています。

続きます。
コメント

追伸2

2018-10-01 15:07:31 | 日記
続きです。

【ファーブラ・フィクタ】で言うところの【ジョージ・オールウェイズ氏の伝説】の立ち位置になるのですが、【プハンタシア・クアンティタース】にもそれに当たる話を作ろうと思っていますが、本作業の合間にちょこちょこ作っていくという事にしていますので、これまで通り、表向きは101話先行となるのは【ファーブラ・フィクタの後継作品】の第三弾クォード・レ・ウェラから第六弾のフィーリア・レーギス・ゲミヌスまでの4話を作って101話とさせていただきます。

続きます。
コメント

追伸1

2018-10-01 15:07:09 | 日記
追伸。

ちょっと今週の平日は制作出来そうも無いのでちょっとだけ更新します。

カミングアウトして97話先行して作っていたという事を告白しましたが、この後もちょこちょこ作ったりする可能性がありますので、その予告だけでも少し書いておきましょうかね?

続きます。
コメント

お休みなさい。

2018-10-01 14:34:54 | 日記
それでは、今日はこれで失礼します。

お休みなさい。

また、明日。
コメント

この後の予定

2018-10-01 14:34:29 | 日記
この後の予定ですが、番組を見ていきます。

今日のブログの更新は次がラストになります。
コメント

ファーブラ・フィクタのその後010

2018-10-01 14:33:40 | 日記
続きです。

ちなみに【変様何】とは【よそものですらない何か?】という意味が込められています。

また、【変様何】はそこから上全てを指すので、その区別の仕方などは次回作の【プハンタシア・クアンティタース】で語る事になるかも知れませんね。

まぁ、【ファーブラ・フィクタ】でほとんど出てこない存在の事は省かせていただこうと思います。

という所で今回は以上となります。
コメント

ファーブラ・フィクタのその後009

2018-10-01 14:33:09 | 日記
続きです。

前にも何度も書いていますが、【ファーブラ・フィクタ】の設定では【よそもの】の更に上に【変様何(へんようか)】と呼ばれる存在が居ますが、それは人智を遙かに超えた存在なので、人間のレベルで理解できるものではありません。

人間が認識出来るレベルで最も恐ろしい存在――それが【よそもの】なのです。

続きます。
コメント

ファーブラ・フィクタのその後008

2018-10-01 14:32:40 | 日記
続きです。

パクスクパはその出現により、全ての存在のバランスが崩壊し、フェーリアイアリーフェは全物質に対処のとりようのないダメージが付加されるという状態になります。

簡単に言えば、対処法の全く無いウイルスが人体に入って、即死する様なものですね。

それが宇宙全体になるという事になります。

続きます。
コメント

ファーブラ・フィクタのその後007

2018-10-01 14:31:57 | 日記
続きです。

パクスクパも、フェーリアイアリーフェも、現界においてはその出現=現界の消滅を意味します。

そこには普通の物語の様に強大なパワーを持つ存在が居て、恐怖をまき散らしたという様な光景はありません。

出現=終わりなのです。

そこにドラマチックな物語が入り込む余地はありません。

出たらそこでアウトなのです。

続きます。
コメント

ファーブラ・フィクタのその後006

2018-10-01 14:31:26 | 日記
続きです。

【タブーエラーライブラリー】ではその【よそもの】による罰を疑似体験出来る所です。

とは言っても、本物とはまるで比べものにならないくらい大したことはないものですけどね。

それでも、当時の吟侍達は心の底から震え上がるのは間違いないものでした。

続きます。

コメント

ファーブラ・フィクタのその後005

2018-10-01 14:31:02 | 日記
続きです。

本来であれば、第七本体の宇宙世界に居るはずの存在ですが、少しずつ他の本体の宇宙世界にも存在しているのです。

セレークトゥース・ワールドに居る【よそもの】は2名、ショップエリアを管轄するパクスクパとヒストリーエリアを管轄するフェーリアイアリーフェです。

続きます。
コメント