よったろーのせーさく日記3

よったろーのせーさく日記からの引き継ぎです。
ちょちょいのよったろーと申します。
改めましてよろしくお願いします。

お休みなさい。

2018-09-15 15:32:01 | 日記
それでは、今日はこれで失礼します。

お休みなさい。

また、明日。
コメント

この後の予定

2018-09-15 15:31:31 | 日記
この後の予定ですが、番組を見ます。

今日のブログの更新は次がラストになります。
コメント

続・ファーブラ・フィクタのその後011

2018-09-15 15:30:32 | 日記
続きです。

最後に第011話のシリーズですが、これはアクア編の第011話シリーズの話と連動させて、共に【クアンスティータ・ゼロ】編という事を予定しています。

クアンスティータに関する存在が全て消えるという状態の話ですね。

これが一応、アクア編とウェントス編の完結話になります。

その後、共通して、ファーブラ・フィクタ編となり、第001話のシリーズとして、第五本体クアンスティータ・リステミュウム編になります。

吟侍の最初の宿敵編となりますね。

ここからまた流れが変わる事になります。

という簡単な流れを書いた所で以上です。
コメント

続・ファーブラ・フィクタのその後010

2018-09-15 15:29:19 | 日記
続きです。

次は、第009話のシリーズになりますね。

これはクアンスティータに付属して存在する【総全殿堂(そうぜんでんどう)】編になりますね。

クアンスティータを主席として、決して覆ることのない上位24番目までの強者の事を指し、その中には吟侍もクアースリータも入って居ません。

それらが表舞台に出てくる話になりますね。

続きます。
コメント

続・ファーブラ・フィクタのその後009

2018-09-15 15:28:41 | 日記
続きです。

まずは、第007話シリーズですが、これは偽クアンスティータ編になりますね。

一応、20名対20名くらいで戦わせようと思っているんですよね。

何故、20名かというと、偽クアンスティータはタティー・クアスン編の主人公、タティーを除くと20名になるからです。

吟侍の方も20名用意して、戦うという事になりますけど、これはどのくらい続くかわかりませんね。

バトルが終了したら、終わりという感じですね。

続きます。
コメント

続・ファーブラ・フィクタのその後008

2018-09-15 15:28:04 | 日記
続きです。

他にもレクアーレ編でやろうとしている事は山ほどあるのですが、あんまり書きすぎると本番での楽しみが減りますのでこれくらいにしておきましょうかね?

それでは飛び石という形で第006話、第008話、第010話の簡単な説明をしたので、クアンスティータ達が眠っている間であす第007話、第009話、第011話の簡単な説明をして終わらせたいと思います。

続きます。
コメント

続・ファーブラ・フィクタのその後007

2018-09-15 15:27:09 | 日記
続きです。

まぁ、書く前からネタバレさせても仕方ないので、第006話についてはそれくらいにして、第008話のシリーズは第三本体レクアーレ編になります。

これはまたまた発明をしようと思っていますね。

【Cースポーツ】という、カードゲームなどの特性も含んだカードゲームではない新しい考えのゲームなどもネタとして放り込もうと考えています。

多分、これをシステム化させれば、新しいジャンルが生まれるんじゃないですかね?

その遊び方や作り方を小説で書くと思います。

僕は発明家を目指していたので、こういうのを考えるのは結構得意なんですよね。

これを発表した時、どういう科学変化があるのかちょっと楽しみですね。

続きます。
コメント

続・ファーブラ・フィクタのその後006

2018-09-15 15:26:26 | 日記
続きです。

というのが第010話ですね。

そうですね、第010話の事もちょっと書いたから、第008話と第006話の事もちょこっと書きますか。

では第006話のシリーズから書きましょう。

これはルーミス編になるのですが、解けない(はずの)パズル=閉じられた宇宙世界というテーマも考えています。

簡単に書けば、最初はパラレルワールド的な事も表現するのですが、例えば別世界の吟侍とかソナタとかが出てきて戦うなんて展開も考えています。

続きます。
コメント

続・ファーブラ・フィクタのその後005

2018-09-15 15:25:48 | 日記
続きです。

芸術がよくわからない人が見たらどこの幼稚園児が描いたのこれ?と疑う様なものを出すよりは誰が見てもこの絵は上手いと思える美術品だけをテーマにした方がわかりやすいと判断しています。

今までの話では想像を膨らませて表現する所ですが、この美術編とも言える第010話だけはテーマを絞って、絞った中で膨らませて考えて表現したいと思っています。

その辺りの事を説明するのがちょっと面倒だったので、I2さんには言いませんでしたけどね。

続きます。
コメント

続・ファーブラ・フィクタのその後004

2018-09-15 15:24:51 | 日記
続きです。

また、第010話のシリーズになる第四本体ミールクラーム編ですが、これは近いイメージの物語が思い浮かばなかったので、説明しませんでしたが、奇跡の~とつく感じで、美術系の話になる予定です。

ただし、素人から見たら単なる落書きにしか映らない様な微妙な美意識を求められる美術品ではなく、例えば写真の様に見える絵画とか女神像の彫刻とか素人が見ても美しいと思えるようなものだけで固めようと思っています。

その方がわかりやすいと思うんですよね。

続きます。
コメント

続・ファーブラ・フィクタのその後003

2018-09-15 15:23:58 | 日記
続きです。

同じ様に第二本体ルーミスの話になる第006話のシリーズもI2さんにはポケモン風だと説明していますが、僕はポケモンを作る様に作るつもりは全くありません。

モンスターっぽいものが出てくるからそう表現しただけです。

同様に第008話のシリーズもドラえもん風だとは言っていますが、ドラえもんの秘密道具を作るつもりで作るつもりは全くありません。

むしろ、伝統工芸や兵器などの方がイメージとして近いですね。

I2さんがイメージしやすい様に説明しただけですね。

続きます。
コメント

続・ファーブラ・フィクタのその後002

2018-09-15 15:23:23 | 日記
続きです。

I2さんに説明しておいた単純な言い方だとウェントス編は第004話のシリーズが、ディズニープリンセス風にしたセレークトゥース・ワールド編で、第005話のシリーズがロスト・ネット・ワールドという事にしています。

I2さんにはディズニープリンセス風にと説明していますが、実は僕はディズニー風に作ったとは全く思っていません。

ただ、【ファーブラ・フィクタのその後】で説明している事でおわかりになるかもしれませんが、物語にプリンセスが多く出るから近いイメージとしてそう言っただけです。

続きます。
コメント

続・ファーブラ・フィクタのその後001

2018-09-15 15:22:54 | 日記
それでは先ほどは【ファーブラ・フィクタ】のアクア編について書きましたので、【ファーブラ・フィクタ】のウェントス編でも何をやるかを書きましょうかね?

ウェントス編は現在、第005話のシリーズのイラストを一生懸命作っている所ですが、その後の展開も頭には入っています。

続きます。
コメント

さて……3

2018-09-15 15:22:18 | 日記
さて、もうちょっと延長しましょうかね?

ちょっと中途半端だったから、【ファーブラ・フィクタのその後】の続きの話として、どんなものを予定しているかでウェントス編の予定でもちょこっとだけ書き足しましょうかね?

それでは、【続・ファーブラ・フィクタのその後】と題して書きましょう。
コメント

ファーブラ・フィクタのその後010

2018-09-15 15:21:21 | 日記
続きです。

まだ、ウェントス編も第一本体のセレークトゥース編を書いただけですからね。

これからが、本番となっていきます。

まだまだ、ずっとたくさんの要素を盛り込んで作っていく予定です。

今言えるのはそれくらいですかね?

という所で今週は以上となります。
コメント