よったろーのせーさく日記3

よったろーのせーさく日記からの引き継ぎです。
ちょちょいのよったろーと申します。
改めましてよろしくお願いします。

お休みなさい。

2018-07-16 11:22:50 | 日記
それでは、今日はこれで失礼します。

お休みなさい。

また、明日。
コメント

この後の予定

2018-07-16 11:22:14 | 日記
この後の予定ですが、番組を見ていきます。

今日のブログの更新は次がラストになります。
コメント

以上です3

2018-07-16 11:21:44 | 日記
続きです。

アクア編の第006話のシリーズとウェントス編の第006話のシリーズ以降はその後からですね。

ウェントス編の第005話の後は完結させる話の量産を優先させようと思っていますので、ご了承ください。

という事で以上です。
コメント

以上です2

2018-07-16 11:21:14 | 日記
続きです。

第005話のシリーズが終了したら、第005-01話から第005-08話までのイラスト作成をまとめてやって、その後はまた、ウェントス編はお休みして、次はルーメン・テネブライ編、タティー・クアスン編、イグニス編、テララ編の4つの本編をそれぞれ完結話(10話予定)まで持って行くのと、【クエスト・ガイド~冒険案内人】と【新説 パンドラ】の二つの話も同じく完結話(それぞれ13話予定)まで持って行く作業をほぼ同時進行で行います。

続きます。
コメント

以上です1

2018-07-16 11:20:41 | 日記
以上が【ファーブラ・フィクタ】のウェントス編の第005-07話のキャラクター説明文になります。

いよいよ、ルーミスの声も登場して、次の第006話のシリーズ、ルーミス編へのカウントダウンが始まります。

ほぼ間違いなく次の第005-08話で第005話のシリーズは終了となります。

続きます。
コメント

020 クアンスティータ・ルーミスの声?

2018-07-16 11:19:42 | 日記
 まだ、誕生していないはずなのに聞こえて来た第二本体クアンスティータ・ルーミスの声。
 ルーミスは【矛盾の肯定】という代表的な力を持っており、それは矛盾する事柄を肯定する(実現化させる)事が出来る。
 そのため、誕生していないにもかかわらず、吟侍に声をかける事が出来た。
 ルーミスが予想以上の力を持って誕生する事になり、父である怪物ファーブラ・フィクタの事を【バカ親父】呼ばわりするなど、少々怒っている。
 一人称は【私】で、自我の様なものは確立されている。
 ルフォスの事を【ネズミさん】と呼んでいる。
コメント

019 ニナ・カエルレウス

2018-07-16 11:19:11 | 日記
 現界における最大の財閥、セカイウチュー家の令嬢リーセロット・セカイウチューを名乗って居るが正体は第二本体クアンスティータ・ルーミスを産み落とす第二のニナ、ニナ・カエルレウス。
 クアンスティータ誕生事件により、実家はロスト・ネット・ワールドに避難していたが、結婚式イコールルーミスの出産式は現界におけるセカイウチュー家発祥の地で執り行われる事になった。
コメント

018 怪物ファーブラ・フィクタ

2018-07-16 11:18:39 | 日記
 暗躍する神話の時代から生きる男。
 最強の化獣(ばけもの)クアンスティータの父でもあり、芦柄 吟侍(あしがら ぎんじ)の前世でもある。
 関係者全てに同時にダメージを与える力などを持っている。
 第二本体クアンスティータ・ルーミス誕生のために今回も暗躍している。
コメント

017 クアンスティータ・ソリイントゥス

2018-07-16 11:18:07 | 日記
 第二本体クアンスティータ・ルーミスの従属である第二側体。
 本体であるルーミスよりも先に誕生していた。
 (誕生というよりは突然、出現した状態)
 自分の事を【ボクチン】と呼ぶ、芸術と変わった者が大好きなクアンスティータ。
 ソリイントゥス・ワールドという宇宙世界を一つ所有している。
 その力は、登場シーンだけで、吟侍達が戦慄する程、大きい。
 側体でも他の存在を圧倒する程、強大な力を持っている。
 千角尾(せんかくび)や背花変(はいかへん)のように、クアンスティータである特徴を持っている。
 ソリイントゥス・ワールドで隔離教会(かくりきょうかい)という建物を持ってきてその中でこっそりと行動している。
 基本的には男でも女でもないおんこという性別だが、カノンから受けている影響が強いため、どちらかというと女性よりである。
 側体なので背中には五角形6片の背花変(はいかへん)を持って居て、それをちぎって吟侍と粘土遊びのような事をした。
コメント

016 ヴェレイ

2018-07-16 11:17:27 | 日記
 フェンディナと同じく複合多重生命体(ふくごうたじゅうせいめいたい)という複数の体を持つ存在という区分で、【七大ボス】に数えられる存在。
 眼鏡をかけた女性の姿をしている。
 実力が未知数なフェンディナの力を見学するために、ロスト・ネット・ワールドにやってきた。
 【ヴェレイ】と共にロスト・ネット・ワールドの大軍勢を一掃出来るほどの力を持っている。
 倒した相手を一瞬にして復活させる力も持っている。
 敵を連れてくる力を持っている。
 フェンディナに同盟を持ちかける。
 【七大ボス】では弱い方の五名に数えられている。
 分裂する多重人格者とも呼ばれる存在で、13の性格イコール体を持って居る。
 13の性格はそれぞれ、赤、青、黄色、桃色、緑、紫、橙、茶色、黒、白、金、銀、灰の13色の団子を作る事が出来る。
 その団子を餌として勢力を手懐けている。
 主人格の【ヴェレイ】が使える団子の色は赤。

コメント

015 バーンエディラ

2018-07-16 11:16:42 | 日記
 フェンディナと同じく複合多重生命体(ふくごうたじゅうせいめいたい)という複数の体を持つ存在という区分で、【七大ボス】に数えられる存在。
 青い肌に顔のついた赤い髪の女性の姿をしている。
 実力が未知数なフェンディナの力を見学するために、ロスト・ネット・ワールドにやってきた。
 【ヴェレイ】と共にロスト・ネット・ワールドの大軍勢を一掃出来るほどの力を持っている。
 【七大ボス】では弱い方の五名に数えられている。
 絶対に治らない病や霊のような存在を取り憑かせとり殺すという【絶望憑依(ぜつぼうひょうい)】という力を使う。
 この力の感染元でもある。
コメント

014 ラクン・シュアル

2018-07-16 11:16:09 | 日記
 フェンディナと同じく複合多重生命体(ふくごうたじゅうせいめいたい)という複数の体を持つ存在という区分で、【七大ボス】に数えられる存在。
 見た目は普通の少女だが、長い尻尾がついており、その尻尾の先には別の生物(珍獣?)がついている。
 実力が未知数なフェンディナの力を見学するために、ロスト・ネット・ワールドにやってきた。
 【デュジル】にひっついてロスト・ネット・ワールドにやってきた。
 その力は不明。
 【七大ボス】では弱い方の五名に数えられている。
 敵対する存在の生体情報をめちゃくちゃに変更させる事が出来るという力【生体情報(せいたいじょうほう)の改ざん】という能力を持っている。
コメント

013 デュジル

2018-07-16 11:15:39 | 日記
 フェンディナと同じく複合多重生命体(ふくごうたじゅうせいめいたい)という複数の体を持つ存在という区分で、【七大ボス】に数えられる存在。
 全く別の種族に見える4名が姿を現したが、それらは全て【デュジル】であり、第一層に数えられる。
 【デュジル】は第一層から第四層までの変身区分があり、その度に人数が異なる。
 実力が未知数なフェンディナの力を見学するために、ロスト・ネット・ワールドにやってきた。
 【デュジル】1-3は裏技に精通しており、それによって、ロスト・ネット・ワールドの穴場を見つけてやってきた。
 【七大ボス】では弱い方の五名に数えられている。
 【デュジル】1-1は体から胞子の様なものをまき散らしその胞子の様なものは敵の体へと張り付き、敵の体の一部から敵と敵対する存在を作り出し戦わせるという【敵対胞子(てきたいほうし)】という能力を持っている。
コメント

012 フェンディナ・ウェル・クァムドゥエス

2018-07-16 11:15:03 | 日記
 5名存在しているフェンディナ・マカフシギの【別自分】の一名。
 同じ、フェンディナを名乗りつつも、フェンディナ・マカフシギの三名の姉、(長女ロ・レリラル・マカフシギ、次女ジェンヌ・マカフシギ、三女ナシェル・マカフシギ)とは血のつながりは無い別のフェンディナ。
 フェンディナ・マカフシギにより別の宇宙から呼び出される事になる。
 【別自分】の中では最強の実力者でもある。
 無口で、普段は、「んっ……」しか言わない。
 誰かが作らないと出来ない物――それを一瞬にして出現させる力【加工出現(かこうしゅつげん)の力】や指を指した相手に理解を求める情報を与える力【指さし確認】等を使う。
 フェンディナ・マカフシギとは最も気が合う【別自分】でもある。
コメント

011 クアースリータ

2018-07-16 11:14:26 | 日記
 12番の化獣(ばけもの)。
 クアンスティータを恐れる存在が集まって出来たロスト・ネット・ワールドという宇宙世界を持つ。
 その最深奥(さいしんおう)には本当の意味で所有している宇宙世界クアースリータ・ワールドがあるとされている。
 何でも特別な状態にするという力を持つ。
 その力の強大さは、誕生時に、最強の化獣クアンスティータが誕生したと勘違いされる程のもの。
 (第一本体)クアンスティータ・セレークトゥースの双子の姉であり兄でもある存在。
 性別はおんこというものになる。
 生まれたばかりで知識を得るなど、頭の回転は恐ろしく速いが、性格はてきとう。
 時空重震(じくうちょうしん)という時空間で起きる地震を引き起こし、重震度(ちょうしんど)はそれまでの記録を大きく上回る9・7を記録する。
 これは、震源地に当たる震源流点(しんげんりゅうてん)近くでは存在が存在を維持できず、分解と再生を繰り返す状態になってしまうほど巨大なものになる。
 妹であり弟でもあるクアンスティータ・セレークトゥースが誕生したのを素直に喜んだ。
 性別はおんこだが、クアンスティータに対し、お姉さんぶっている。
 吟侍達をロスト・ネット・ワールドへと送り届けることになる。
コメント