よったろーのせーさく日記3

よったろーのせーさく日記からの引き継ぎです。
ちょちょいのよったろーと申します。
改めましてよろしくお願いします。

お休みなさい。

2018-05-20 08:50:44 | 日記
それでは、今日はこれで失礼します。

お休みなさい。

また、明日。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この後の予定

2018-05-20 08:50:12 | 日記
この後の予定ですが、まずは制作をしようと思います。

11時くらいまでですね。

ノートにちょこちょこっと落書きをしようと思っています。

その後は番組を見て行きます。

今日のブログの更新は次がラストになります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プハンタシア・クアンティタースの世界観013

2018-05-20 08:49:26 | 日記
続きです。

という様な感じで、説明しようと思っているのですが、そういう様な難しい【設定】を普通の人にも解る素材を使って説明する文章を考えるというのもメモったりしています。

それでもどうやっても説明しきれないというものは無数にあって、それをどうやって普通の人に理解してもらおうか?というのも僕の課題の一つではあるんですけどね。

ちょっと内容が難し過ぎましたかね?

以上です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プハンタシア・クアンティタースの世界観012

2018-05-20 08:48:52 | 日記
続きです。

以上の理由から【想像力】というのにも限界が存在し、その上の【何か】もあると思っています。

僕が言いたいのはその上の【何か】で見ないと見えない世界があるのではないか?という事ですね。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プハンタシア・クアンティタースの世界観011

2018-05-20 08:48:17 | 日記
続きです。

つまり、普通の人の【想像力】というのは限界があって、それを大きく逸脱したものは拒否反応を示します。

僕は何度もそういう反応を受けた事がありますので、これは確かですね。

普通の人は自分の【想像】の範囲を大きく超えたものを前にすると拒絶します。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プハンタシア・クアンティタースの世界観010

2018-05-20 08:47:22 | 日記
続きです。

【想像】出来るレベルの延長線上にあるものがほとんどです。

ぶっ飛び過ぎた【発明】というのはそれを理解出来る人間が居ないため、一般的には広まりません。

それを【時代を間違えて出て来た】などと言って受け入れられない事がほとんどです。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プハンタシア・クアンティタースの世界観009

2018-05-20 08:46:42 | 日記
続きです。

普通の人にとって【想像】出来る範囲というのは知っているものどうしの組み合わせでしかないというものです。

その範囲を超えたものを【発明】と呼びますが、なかなか、普通の人が【想像】出来るレベルを大きく超えた【発明】というのはそれほど多くはありません。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プハンタシア・クアンティタースの世界観008

2018-05-20 08:46:08 | 日記
続きです。

また、【想像力】自体についても考えて見ましょう。

【想像力】というのは基本的に想像する人間が知っている素材があってそれらを組み合わせて何らかの事柄を思いついて考えるものだと思います。

つまり、見た事も聞いた事も無いものは生み出せないとまでは言わないまでも【想像】しにくいという事です。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プハンタシア・クアンティタースの世界観007

2018-05-20 08:45:39 | 日記
続きです。

では【想像力】を超える何かを手にしたらどうですか?

恐らく、【神】以上の何かも考え出せるのでは無いでしょうかね?

僕は【神】とは人間の想像力、イマジネーションが生み出した産物だと思っています。

つまり、【想像力】を超える何かを手にしたらそれ以上の【存在】、あるいは【存在】ですらない【何か】を生み出せるのではないかと思っています。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プハンタシア・クアンティタースの世界観006

2018-05-20 08:45:09 | 日記
続きです。

基本的に人間以外の動物などには複雑な物事を考える【想像力】というものが無いとされています。

人間は【想像力】があるからこそ、自分より高度な存在、【神】というものを生み出しました。

続きです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プハンタシア・クアンティタースの世界観005

2018-05-20 08:44:30 | 日記
続きです。

そう書いても良く解らないと思いますので、例を挙げましょう。

じゃあ、人間の理解出来ない程高度な存在を説明するという事で考えて行きましょう。

それにはまず、人間と動物などの違いを考えます。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プハンタシア・クアンティタースの世界観004

2018-05-20 08:44:00 | 日記
続きです。

そのよく解らない世界観を普通の人にもなるべく理解出来る様にかみ砕いて説明する必要が出て来ます。

T君に話した時も難しい考え方だと言われましたが、普通の人でも解る物事を代入させて説明します。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プハンタシア・クアンティタースの世界観003

2018-05-20 08:43:30 | 日記
続きです。

今日朝、起きてから考えた事は既にいくつかあるのですが、設定とかだったら、いつもペラペラと書いているので、今回は設定とは少し違った普通の人に説明する言葉の設定の方を書きましょうかね?

【プハンタシア・クアンティタース】の世界観では普通の人では理解出来ない事柄が多く存在します。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プハンタシア・クアンティタースの世界観002

2018-05-20 08:42:58 | 日記
続きです。

それらが秘密の作業として積み重ねられて、いざ作品を作り始める時、一斉に動き出すという感じのスタイルを取ろうとしているので、本来であれば言うべき事ではありません。

ただ、イラストを描いたりしている間もそういう事をやっているんだよ~という事を説明させていただくために今日だけ特別に書かせていただこうと思っています。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プハンタシア・クアンティタースの世界観001

2018-05-20 08:42:27 | 日記
それでは本当にちょっと【プハンタシア・クアンティタース】の事を書かせていただいています。

僕はイラストの作業をすると予定している時も、何らかのメモを取っている事は多いです。

それらは物語の設定だったり、それを普通の人に説明する言葉だったり、まぁ色々です。

続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加