goo

 

 さて真打ち?

新時代的、CHO新刊<新しい1000年by女神BOOKS

蝶々女神クラブより、本日12月23日~一般リリースさせていただきます

 

 

はじめに~より

新しい1000年。 蝶々

 

私たちが生きている今、この現代は、飽和点まで達してしまったこれまでの1000年が終わり、まったく新しい1000年が始まる時。それは、まさに今、始まったばかり。

 

一人の女性として、この世界の大転換期に立ち会うものとして、あなたはどう、生きますか?

 

 

今、世界中で起きている様々なこと、今を生きる一人の女性として、虚しさだったり不安だったり、これでいいのか?

と思うこと・・・・などなど、

世界の仕組みのその源泉だったり、なぜそうなるのか、の根本的な理由や方程式が、

本書にはだいたい詰まっていると思います。

 

これを読まれて、生き方や様々を選択されるのはもちろんご自身ですが、とりあえず・・・・

<そうか!>とスッキリ目が覚めてもらえるかもしれません

 

女神クラブにて、先行リリースさせていただき、すでに多くの方々から熱いご感想をいただいていますので、

ぜひご紹介させてください。

 

 

 

<『新しい1000年☆』女神クラブ先行レビュー>

 

 

目覚ましビンタ(?)をビシバシ!と打ってもらえる感覚が

 

とてもスッキリ爽快です。嬉しいです!

 

変かもしれないけれど、ギャー!っていうよりも

 

ズバッと真の目覚めを示していただけるのがいつも快感なんです。

 

なるほど、蝶々さんが言っていた事はこういう事かと頷きました。

 

新しい世界の情報にドキドキ(特に六人の王様に)しつつも、とても興味深いです!

 

(東京都・O)

 

 

 

 

 

『新しい1000年☆』、届いてすぐ、どんな厳しい事書いてあるんだろうと

わくわくドキドキしながら、一気に読み終えました。

 

この1年嫌になるくらい自分と向き合い、すごく、しんどかったのですが

新しい千年を読み、今まで自分が選択してきた事、自分なりに頑張ってきた事(業やカルマの整理?)が、間違えてなかったんだと思え、

これからも、ひねくれず、自分のドリルやっていこうと勇気をもらえました。

(大阪府・K)

 

『新しい1000年☆』読み終わりました。

すごかったです! 濃濃濃厚でした‼

今年イベントが参加できなかった分かなり衝撃的内容でしたが、蝶々さんが女神クラブで言っていたあれらがジグソーパズルのピースで、この本読みながらピースがはめ込まれて絵が少しずつ断片的かもしれないけど見えていく感じでした。

私の夢で(笑)蝶々さんと直接お話しするっていうのがあるのですが、直接じゃないけど、今までの蝶々さんの本の中で一番お話ししているような気持ちになれる本でした。

いや、叱られている場面の方が多かったかもですが...(^-^;

本当にこの本書いて下さってありがとうございます!

読み終わりかけにRADWIMPSの「スパークル」が頭に流れました。

映画「君の名は。」で彗星が地上に落ちてくる直前のシーンで流れる曲です(暗い曲じゃないですよ!)。

私に彗星落ちてきたくらいの重量と衝撃だったと思います。大げさだと思われると思いますが本当ですよ(笑)

(香川県・S)

 

講演会での蝶々さんの生トークを思い出しながら、読みました。

「とってだし」ならではの読みにくい部分も、かえって何度も読み返すきっかけになっていいですね。

2018年は、この本を傍らに置いて、日々のくらしをしっかり案で行こうと思いました。

蝶々さん、いつもありがとうございます!

(東京都・K)

 

1000年本の良かったら次巻とか解説本読みたいです。本読んでて、(私なりの解釈でしかないけど)書いてあることがほぼ何かが分かる! って思っている自分に、あー私は女神かどうかは?だけど、やはり普通仕様ではなかったんだって思いました。本は何回も読み返したいです。読んで癒されました( ´∀`) 。

(兵庫県・U)

 

 

本ですが今のところ2回読みました。いや~濃いですね!濃厚!今までの中で1番の濃さだと思います。何回も繰り返し読まないと理解できなそうな、とりあえず紙に書き出してまとめたいみたいな(笑)

でも、大丈夫ですか? この内容を公に出してしまって・・・とも思いました。ただ、そうしないといろいろ間に合わない、時間が無い、未来が無いんだろうなということも、本を通してしっかりと伝わってきました。さらに、私自身もまだまだ見直すところがたくさんあると気付かされました。

(東京都・A)

 

『新しい1000年☆』、読みました。何度も。

メモを取ったり、自分を振り返ったりしながら、何度も。

(中略)

本を読んで「そういう意味だったのか!」と気付くことも多かったし、

講演会の内容がより一層深く入ってきています。

「わかった」と思っていたことが、実はわかっていなかったことに気付けたり。

もちろんショックも受けたり、心臓が痛むほどに刺さった内容もあります。

講演会を聞いていたときは「まだ変われる、まだ進めることがある!楽しい!」なんてやる気満々状態なだけだったのに!

イベントで直接聞けるから、伝わること。

本で読むから、伝わること。

2つ合わさると最強だなぁって改めて感じています。

 

それにショックを受けるということは、そこに課題が隠れているということ。

だから今、とても嬉しいです。

蝶ちゃんの言葉は誰かを傷つける言葉じゃないから、ショックを受けたって絶対に傷つかない。

深くて厳しくて優しい、そして20年後を照らす光のような本を、ありがとうございます。

この先、迷って自分の心すら見えなくなることがあっても、この本に戻ってきて自分を見つめ直せば、立て直せるんじゃないか、と思える(もちろん、自分の積み重ね次第ですけど)。

 

新しい1000年を読み終えて、これまで考えていたこと全てが繋がって、

一気に未来までの道が見えたような清々しさも感じています。

(北海道・A)

 

「世にも恐ろしい本でした。でも、これまで以上に、わかりやすく書かれてあって感謝しております。

まだまだ足りなかったな、まだまだベイベもいたな、と突き付けられる思いでした。

 

それでも、ところどころ本気で笑いました!

(東京都・K)

 

 

読む前は、怖かったです。何が書いてあるんだろう。子どもが生まれてからイベントに行っておらず、

CHOシスの友だちから聞いたりしていただけで、もう何もかも出遅れてしまっている、という気持ちでした。

(中略)

 

そして読んでからは、逆に心静かです。もうやるしかない。遅いとか早いとか言っていられない。

家族のためにも、やるしかないんだな、と。

最近、冷え取りを再開したり、食事づくりをがんばったりしています。スマホは必要最低限でしまってあります。

(中略)

蝶々さんの厳しく温かいメッセージを受け止めて、がんばっていこうと思います。

(H)

 

 

蝶々さん、1000年本を書くって、ひらきかた時代からわかってたんですか!? わたし蝶々さんのことひらきかた時代から追っかけてて、なんか一本筋が通ったような壮大な長い長い物語を観てるような気分です。

(S)

 

新しい1000年本を読み終えて、少し時間が経った今もまだ、静かで深い衝撃が身を包んでいます。

(東京都・A)

 

 

キレキレ具合にがーーーん(ショックなわけじゃなく、がーんとしか表現できない、魂に響く感じ)と絶句しました。

(東京都・K)

 

活字で読むと、ババくさい言い方ですが

ひっくり返りそうになります。。!

でも読んでて嫌ではなく、なんども読み返しています。

(大阪府・N)

 

『新しい1000年』読みました!!!

先週入手して、もう何度も何度も読んでます。

 

講演にいけてないので、「かめはめ派」の意味がわからなかったのですが、、、

 

かめはめ派でした笑

 

女神BOOKSならではの濃さで。。。

もう、すごい本でしたね笑

これ出しちゃうと、一般向けの書籍が薄く感じてしまうかも。。。

(新潟県・S)

 

『新しい1000年☆』、読めば読むほど脳やハートがシビれるくらい喜びもあり、緊張感もありつつすごい本だな、と。とても分かりやすく書いて下さり、出版ありがとうございます。

通勤タイムに読んだり、カバンに入れていつも持ち歩いてます。(神奈川県・S)

 

1000年本はもう読んでて息上がります!!(笑)

初めの方は魔のえぐさに涙が出ました。

なんやろう、怖くてではなくて、そういう風にしか生きれないことや、捧げられてしまった子ども達に対して...。

講演にも行ったけど、本になるとまた全然違いますね。

ずっしり凄い本です...しかと受けとめますね。

あの容量をまとめたり補足したり、大変だったかと思います。

でも蝶々さんの意気揚々と取り組んだ感じも文章からかい間見られて(笑)凄く面白かったです。

(神奈川県・M)

 

 

それにしても1000年本、衝撃的でした!

私は名古屋&京都でのセミナーには参加できなかったのですが、

こんな内容だったのね! と軽くショックを受けました。

 

一回目読み終わった時は、「ひぃ~、これから大変な世の中になる!」という様な

無駄な焦り、不安、恐怖感に包まれました。

 

私自身、新しい世界で生きてこの人生を終えたい・・・。けど、そのためには時として戦わないといけない場面も出てくる。

戦う対象は、やみ~系のエネルギーだったり、旧的常識にどっぷりとはまった世間とか?時には親や夫とも??

そう思うとなんか一瞬日和ってしまって。。。

 

そして今三回目読んで思うのは、待て待て~い。やっぱひよるのはナシ!ナンセンス!ってこと。

 

そもそもひよるだけで終わるのは、結局は今まで何もやってきていないという証拠だし、

スタートさせている人達はそれでも黙って粛々とそれを進めているだけだろうし。

そう、新しい未来の為に。

(北海道・M)

 

 

こちら、基本私が経てきた、銀座クラブから世俗・メディアの世界、そして世界めぐり

→この10年近くにわたる、全国各地の神社ベースでの(本書に詳しいですが)細胞入れ替え

と、毎年1000人以上の女性たちと会ってきた蝶々活動から学んだ情報をベースにしています。

 

多くの編集知人にも、「・・・うん、蝶々さん、これは一般無理」と言われたような内容で笑

 

今回は、一般書籍ではなく、女神BOOKSで出させていただきました。

 

自分としては、今だからこそ!ようやく!!ここまではまとめて仲間に届けられた

これから5年10年どんどこ起きてくることが、新しい1000年でだいぶ読み解きつつ、みんなもブレズにいけるのでは、

という気持ちで。スッキリ爽快です

 

女神クラブ本で、多くのご用意ができないため少々価格が高くなってしまっていますが・・

女神さんには必見の、ちょっと希少なバイブル風かな。

 

ご興味ある方、既存の情報だと何か芯のところがつながりきらない、

解けきれない・・・という方など、何かピンとくる方は、ぜひ!

 

また、私も蝶々といて表に出て活動していて、ヘンな人呼ばわりされたり(否定しませんが)

え。そんな細かいこと考えてないんだが・・・心身脳の閉じ込められがすごいなぁ・・

と思ってしまうことも多かった私ですが。

 

そのへんも、もしかしたら、この本読んだら、わかってもらえるかもしれないですね。

ほんと、それどころじゃないと思うんですよね、まやかしに気づいて自分を生き始めたら、誰しも。みんな。

この時代にいま、女性として生きている、ということは、それくらい厳しくもやりがいのある、

真に楽しいことだと思います

 

 

 

→新しい1000年、ご購入は、こちらから

 

https://chocho-u.com/megamibooks/2018/atarashii1000years

 

 

 

 

 

2017-12-23 12:47:57 ¦ Weblog ¦ コメント ( 0 ) ¦ Trackback ( 0 )
« 1216伊勢HAPPY... 2018もよろし... »