丸刈りらいおんのしっぽ。

見た映像の感想や聞いたものの感想などをつらつら綴ってます♪

ティッシュ12枚分泣いた『今夜、ロマンス劇場で』

2018年09月17日 | 映画&DVD~☆5☆~
ティッシュ1箱分・・・と言いたいけど
でもあまり期待してなかったぶん←ごめんなさい
かなり感動した自分に驚いた



いつか自分の作品を撮ることを夢見て助監督として毎日撮影所で激務をこなす健司(坂口健太郎)の楽しみは、馴染みの映画館で1人お気に入りのモノクロ映画に登場するお転婆なお姫様・美雪
(綾瀬はるか)を見る事だった





そんなある雨の夜、健司がいつものように映画を見ていると、突然憧れの美雪がスクリーンから
飛び出してきた・・・
モノクロ映画そのままの白黒で


色の無い世界にいた美雪にとってはどの色も珍しく見えて、美しく輝いていた



映画そのままのお転婆な美雪に振り舞わされながらも、健司のボロアパートで暮らし始める2人

スクリーンから抜け出てくるのが『晴天の霹靂』っぽい感じ

色の無い世界からモノクロで登場する綾瀬はるかさんも美しいけど、色を纏い衣裳部屋から拝借したいろんな衣装を着てる姿も本当に綺麗
綾瀬はるかさんの透き通るような美しさを見るだけでも価値ある







魅入ってしまうくらい、どの姿も美しかった

昭和35年の設定なので、ザ・昭和のスターって感じを演じてた北村一輝も超絶に面白かった!!
あれだけのイケメンなのに、振り切った感が凄くて登場するたびに笑わせてくれた



一緒に居るうちにどんどん惹かれあっていく2人



でも美雪(綾瀬はるか)には健司(坂口健太郎)に言ってない秘密があったんです・・・



別れを決めた美雪は・・・



映画の宣伝をしてた時に何となくラストこうなんだろうなぁ・・・って想ってたので最後見たとき本当に
えっ??
ってなった・・・
予想してたラストをちょっと飛び越えた感じ・・・

綾瀬はるかさんの透明感が無ければただのおかしな内容になってしまってただろうし、坂口健太郎さんの優しさ滲み出すガツガツしてない感じが無ければ最後が成立しないと思うので、この2人だからこそのこの作品の美しさが際立ったんだろうと思う

脇を固める方々も素晴らしく、個人的に昭和のこの時代がどんぴしゃに好きなので全ての風景から撮影所から懐かしい映画館のセットも本当に見てるだけで心が潤った

こういう愛もあるんだなぁ・・・

綾瀬はるかさん、本当に美しかった

今夜、ロマンス劇場で
宇山佳佑,上原寿一,菊地美世志
メーカー情報なし
コメント

『今夜、ロマンス劇場で』

2018年09月16日 | 映画&DVD~か行~
今夜、ロマンス劇場で(2018年)

<監督>
武内英樹
<キャスト>
綾瀬はるか
坂口健太郎
本田翼
北村一輝
柄本明
加藤剛


綾瀬はるかさんが超絶美しかった
こういう愛の形もあるんだなぁ・・・って
本当に美しいラブストーリーだった

個人的総評・・・

感想はこちら→
コメント

家族って何だろう?『チョコレートドーナツ』を見て思った

2018年09月15日 | 映画&DVD~☆4☆~
ゲイでダンサーのルディ(アラン・カミング)


ゲイである事を隠しながら弁護士として働くポール(ギャレット・ディラハント)


麻薬中毒の母に育児放棄されたダウン症のマルコ


3人の家族になっていく姿を1970年代のアメリカ社会での差別を背景に描いた作品



序盤はゲイゲイしさを強調した感じなんだけど、ルディのおじさん的な面持ちなのに何故かエロさと
母性を感じてしまうのは彼の表情が魅力的だからかな?




破天荒なルディと対照的で冷静沈着なポールは、ゲイであることがバレて弁護士事務所をクビに
なった事から、ルディと2人でマルコの親権を勝ち取るために過酷な裁判に臨む
何が過酷って、ゲイだというだけでいろんな詮索されまくりな問いに答えなければならないのだ・・・


たった30分の面会時間しか与えられず、それでもマルコはルディの作ったおとぎばなしを聞きたがる


家族ってどういう定義なん?ってのを考えた内容だった

男とセックスする度にマルコを廊下に追いやりほったらかしの薬中女は、母親というだけで簡単に親権を取り返せて、マルコを心から愛し、学校の宿題を一緒に考え、温かい食事と寝る前ににはお話を聞かせ、イベントにはプレゼントと笑顔に包まれた温かい時間を注いだルディとポールには、ゲイカップルというだけで、どんなにマルコが大切か語っても親権は下りない


ハロウィンに女装姿見せたら子供の教育に悪いってどんな判断やねん

もう胸糞悪い質疑応答にイライラした時、ポールの言ったセリフに泣いてもた

子供では判断できかねるから法律で守られてるのも事実だし、その子供の将来を考えての親権選びはとても慎重に審議しないと駄目なのも当然だと思う
でもポールの言うように養護施設から一生抜け出せない可能性のマルコはどうなるのか?
自分達だったら絶対に立派な大人に成長させてみせると言い切った姿は素晴らしかった


8ミリで撮ったような3人の家族風景がとても美しく、アランカミングさんの愛に溢れるキレイな表情が
最高だった

マルコと出会えた事でルディは夢を掴み、ポールは本当の自分の生き方ができたんじゃないかなぁ・・・


少し短めの作品で結末も悲しいけど、見て良かった

マルコ、家に帰りたかっただろうね


ポールの声を当てていた、てらそままさきさん!!最高に素敵でした
あのお声で審議での発言聞いたから余計泣けてきたのかも・・・

チョコレートドーナツ [DVD]
アラン・カミング,ギャレット・ディラハント,アイザック・レイヴァ,フランシス・フィッシャー,ジェイミー・アン・オールマン
ポニーキャニオン
コメント

『チョコレートドーナツ』

2018年09月14日 | 映画&DVD~た行~
チョコレートドーナツ(2014年)

<監督>
トラヴィス・ファイン
<キャスト>
アラン・カミング
ギャレット・ディラハント
アイザック・レイヴァ


アラン・カミングの色気と慈愛の表情が素晴らしかった
家族って何だろう・・・と考えさせられる
マルコとの1年を撮った映像はキレイだった

個人的総評・・・

感想はこちら→
コメント