丸刈りらいおんのしっぽ。

見た映像の感想や聞いたものの感想などをつらつら綴ってます♪

音楽が素晴らしかった『グレイテスト・ショーマン』

2018年06月28日 | 映画&DVD~☆7☆~
また洋画見ちゃった・・・

見終わった後、この映画の曲聞くだけで条件反射で涙出るようになった
何この感覚??
あっ昔見た『コーラスライン』もこんな気持ちになったわ



幼い頃からどん底の貧乏だったバーナムは文通していた良家の令嬢・チャリティと結婚する

このバーナムの幼少時代を音楽に合わせた映像が流れるんだけど、もうそこから駄目だわぁ・・・
泣ける泣ける

心優しい妻・チャリティと可愛い娘2人でつつましく暮らしていたある日、バーナムの勤めていた貿易会社が突然倒産
とにかく発想力が凄かったバーナムは銀行からお金を借りて世界中から珍しくて奇妙な物を集めた『バーナム博物館』をオープンさせるも全く客足は伸びず・・・

娘たちの言葉からヒントを得たバーナムは起死回生をはかり、髭のある女性・小人の男・背の高い男・巨漢の男・全身刺青の男・黒人のブランコ乗りの兄妹など世間から隠れるように生きている人を集めサーカスを始めた

どん底から始まった物語は成功へと進んでいき、その合間合間に歌が入って踊りが入ってミュージカル調に作られてる
ヒュージャックマンに興味なくても彼が好きになります
歌上手い!!!
曲も歌詞も踊りも全てが心に響きます、ずっしりと

どの登場人物もこの作品の中では、ひとたびスポットライトが当たれば自分の物語を最高の歌と踊りと表現力で語っていくのに引き込まれた

見世物だと揶揄されたサーカスも、親にすら疎まれ存在を隠され好奇の目にさらされ続けた彼らにとってはいつしか1つの家族になっていったんだよなぁ

成功して本当に心響くものに触れ、途中ちょっと大切な物を見失いかけるも最後はキレイに収まる
ありがちでありきたり
それでもこの映像と音楽に心揺さぶられた

私が洋画離れしたのはいつだったか・・・
もう地球滅亡かパンデミックかイケメン揃えての中身ない物語が横行してた時に飽き飽きして遠のいてしまったけど、久し振りに昔映画館で見た時の感動を思い出させてくれた作品だった
やっぱりハリウッドすげぇ

バーナムのようにピンチを逆手にとってどんどん進んでいく人生を一緒に歩き、歌と音楽に心震え、登場人物それぞれの目線から世界を見るとモヤモヤした気持ちが涙と一緒に一気に流れ落ちてくれた

心優しい人、手厳しい敵から見方になってくれた人、最後まで寄り添ってくれた仲間
全てが最高のショーでした

もし環境が許すなら是非大画面で大音響で見て頂きたいです

グレイテスト・ショーマン (吹替版)
ヒュー・ジャックマン
メーカー情報なし
コメント

『グレイテスト・ショーマン』

2018年06月28日 | 映画&DVD~か行~
グレイテスト・ショーマン(2018年)

<監督>
マイケル・グレイシー
<キャスト>
ヒュー・ジャックマン(山路和弘)
ザック・エフロン(木村昴)
ミシェル・ウィリアムズ(中村千絵)
レベッカ・ファーガソン(北西純子)
ゼンデイヤ(真壁かずみ)


私は吹き替え版で見たので声優の方々も載せました
今回、山路和弘さんのお声をガッツリ聴きましたが個人的に凄く渋くて優しくてかっこよくて軽快で
まさにバーナムそのものって感じで素晴らしかった
あと、相棒になるフィリップ役のお声もとても素敵だけど木村昴さんを存じ上げなかったら
何とジャイアンの声されてる方だったんですね!!
昔は凄く苦手だったけど(ごめんなさい・・・)素晴らしいフィリップでした、
というか洋画にぴったりなお声なのでこれからもどんどん沢山吹き替えして欲しいです!
人気声優というだけで何でこの人がこの役??っていうミスマッチなごり押しは凹むので、
どうか本当にその役に合う方を出して頂きたいです・・・


やっぱりミュージカルはハリウッドだ
音楽聴いただけでもう泣いちゃう
理解ある最高の妻に拍手
合言葉は『This is Me』
これこそが見た人を幸せにする映画だ

個人的総評・・・

感想はこちら→
コメント

CGが素晴らしかった『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

2018年06月26日 | 映画&DVD~☆5☆~
洋画はほとんど見ません・・・
それは幼少期に凄い本数を見せてもらってたから

でもハリーポッターシリーズは全作見てます!
なので今年11月に新作公開という事で遅ればせながら見ました



時代設定は1926年
魔法生物学者のニュートは、アリゾナに向かう経由地のニューヨークで人間の男・ジェイコブの持っていたトランクと魔法動物の入った自分のトランクが入れ替わってしまい・・・

あらすじは他で見てもらうとして、やっぱり何が引き込まれるかって
CGの技術が日本とは雲泥の差だった
ニューヨークの街並みもそりゃレトロで美しく、この主人公・ニュートが持ってる鞄の中は別の空間になっていて、中では大草原で魔法動物が飼われてるんだけど、もう幻想的で泣けるほどキレイ

『風の谷のナウシカ』で、ナウシカが胞子を育てている地下の実験室みたいな場所があるんだけど、ニュートの薬を調合したりする部屋はまさにそんな雰囲気

幻想的なんだけど、どこか動物園に居そうな魔法動物たちはどの子も個性豊かで、ニュートと動物の関わりに涙腺緩みます

そしてティナと一緒に暮らす妹のクイニーがこれまためちゃくちゃキュートなお嬢さんなのだ
ティナがヒロインなんだけど、もう完全に私の目はクイニーばっかり追ってたよ
ニュートとティナ・人間のジェイコブとクイニーというカプリングなんだけど、最後のジェイコブとのシーンはかなり大泣きした・・・
別に記憶消したって事にしとけば良いじゃん!!という汚れた大人の感想が出ちゃったよ・・・
お姉ちゃんちょっと地味で妹はキュートなブロンド美人、例えるなら『ハウルの動く城』の姉妹関係みたいな感じ

お話は、ああハリーポッターの世界だなぁ・・・って感じだけど、作りが本当に丁寧でニューヨークの街を破壊する凄まじさや魔法動物の可愛らしさとリアル感、人間ドラマにも感動でやっぱりこの世界観は大好きだ

最後の最後でジョニーデップ出てきて
えっ??これだけ??
って思ってたらやっぱり続編きたよ~
そりゃちょい役すぎるやろ・・・

次作はダンブルドアが若かったので、さらに楽しみになった

こういう街並みや背景が美しく、スピード感溢れる作品は映画館で見たほうが絶対良い!!
※何回言うねん・・・

なので黒い魔法使いの誕生は映画館で見ます


ジェイコブがめちゃ良い人やった!!
クイニー可愛らしかった!!
動物愛に溢れる作品やった!!
コメント

『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』

2018年06月25日 | 映画&DVD~は行~
ファンタスティックビーストと魔法使いの旅(2016年)

<キャスト>
エディ・レッドメイン(宮野真守)
キャサリン・ウォーターストン(伊藤静)
ダン・フォグラー(間宮康弘)
アリソン・スドル(遠藤綾)
コリン・ファレル(津田健次郎)


私は吹き替え版で見たので声優の方々も載せました
宮野さんの声が最初松坂桃李さんに聞こえた・・・
そしてクイニー役の遠藤綾さんの声が大好きだった水谷優子さんかと思うほど似ててびっくりしました、とてもキュートなお声でした



夢のある素晴らしい世界観
CGの表現力がやっぱり凄い
ニュートのトランクの中に住みたい
ジェイコブとクイニーに幸あれ

個人的総評・・・

感想はこちら→
コメント

小島聖さんが超絶にキュートだった『完全なる飼育』

2018年06月15日 | 映画&DVD~☆5☆~
勝手に日本っぽいエロスだなぁ・・・と昔この作品見た時に思った
日活ロマンポルノとかそういう色に近いみたいな
※でも日活ロマンポルノは見た事ないんだけどね



20年近く前の作品なので見たのもたぶんその辺りだったと思う
そんな前なのに、この作品の要所要所を鮮明に覚えていて急に感想を書きたくなりました

高校生を誘拐して自分のアパートに監禁
言葉で書くと恐ろしい感じだけど、竹中直人(誘拐犯)と小島聖(高校生)は傍目には同棲生活のような暮らしぶりに見え、小島聖に翻弄される竹中直人の掛け合いのような台詞もコミカルな印象だった

顔は幼さも残る小島聖さんのあまりにグラマーな裸体は当時の私には衝撃的だったし(あの細身で巨乳って凄いわ!!)とにかく
SEXシーンがエロい!!
というのがめちゃくちゃ記憶に残ってる
※今見たらあれ??こんなもんだった??ってなるのかな・・・

竹中直人さんの狂気の目・愛しむ表情・そして最後の無音の言葉
昔っから驚異的に表現が素晴らしい俳優さんだったんだなぁっと思った

そして今や超絶カッコイイ←いや何年も前からカッコイイんだけど北村一輝さんが変態ちっくな隣人で出てます(たぶん隣人だと思う、壁に耳を当てて2人のSEXを聴くシーンがめちゃくちゃ印象に残ってるから)

ずっと洋画一辺倒だった私が
邦画って意外に面白いんじゃね??
って思い始めたのもこの作品辺りだったのかな?
記憶が曖昧だけど・・・

今の小島聖さんも美しいけど、やっぱりこの頃の若さ溢れる美しさは別格
全てが可愛いし本当に裸が美しいのだ
一番綺麗な時をこの作品に残してくれてありがとうって気持ちになります

急に思い出して無性に見たくなった作品でした

完全なる飼育 [DVD]
松田美智子
ハピネット・ピクチャーズ
コメント

『完全なる飼育』

2018年06月15日 | 映画&DVD~か行~
完全なる飼育(1999年)

<監督>
和田勉
<キャスト>
竹中直人
小島聖
渡辺えり
北村一輝
塚本晋也


小島聖さんのダイナマイトボディーに釘付け
これぞジャパニーズエロだ
監督がまさかの和田勉さんです

個人的総評・・・

感想はこちら→
コメント

日付をメモしながら見てください!!『イニシエーション・ラブ』

2018年06月09日 | 映画&DVD~☆5☆~
全く期待せずに見たら
面白くて見事に騙されたよ!!
あっ堤幸彦監督なんだ・・・
そりゃ面白いわ



前田敦子さんが本当に苦手だったけど 今回の役はとても合っていて嵌り役だった
もうめちゃくちゃ可愛いし こんな可愛い子がたっくんで良いのか??って突っ込み入れまくりながらの序盤
で、痩せたら松田翔太になるんかぇ~っ て思った時点で騙されてたんだよね
中盤はありがちな遠距離恋愛カップルのすれ違いを描いてるんだけどダレることない話運びに前田敦子さんが本当に可哀想になってきて目が離せなかった・・・

こんなクソ男、とっとと別れちゃいなよ!YOU!
と心底ムカついたし、暴力振るうヤツと嘘つきは死ななきゃ治らない・・・と自分の中の格言を思い出してた

80年代の流行歌と部屋のインテリアと懐かしいプルトップの缶ビール
懐かしい時代背景も楽しめたし、描写がテンポ良かったのでこのまま普通の恋愛映画として終わっても問題ないくらい良かったけど、さすが堤監督
もう宣伝どおりに最後
ええっ~どうなってんの??
って声に出ちゃったよ

今は何年の何月何日かをメモメモしながら見たらトリックがわかったのかも知れない

世間の評価は芳しくないみたいだけど、私はこの作品好きだなぁ・・・
前田敦子さんが一気に好きになった作品でもありました
是非騙されてください

イニシエーション・ラブ
井上テテ,奥田誠治
メーカー情報なし
コメント

『イニシエーション・ラブ』

2018年06月09日 | 映画&DVD~あ行~
イニシエーション・ラブ(2015年)

<監督>
堤幸彦
<キャスト>
松田翔太
前田敦子
木村文乃 
三浦貴大
前野朋哉


前田敦子さんが超絶可愛く彼女が好きになった作品
本当に最後騙された~
80年代の時代背景が懐かしくて良いねぇ~
さすが!!堤監督!!お見事

個人的総評・・・

感想はこちら→
コメント

蒼井優さんの鳥まねが凄かった『オーバー・フェンス』

2018年06月07日 | 映画&DVD~☆3☆~
オダギリ・ジョーさんが作業着着てるし、タイトルがオーバーフェンスなので勝手に刑務所設定だと思ったら違ってたよ・・・



雰囲気映画?
特に何が起こるでもなく、ただ淡々と毎日職業訓練校に通うバツイチ男と、鳥の求愛行動を真似るトリッキーな女のお話

職業訓練校という狭い世界で、クズ扱いされるヤツ、クズを徹底的にいじめ抜くクズ、ヤクザから足を洗って家族のために頑張る男、かなり年配のおじさんなどとの日常の中でオダギリジョー扮する白岩は、キャバ嬢の聡←さとしって名前の女性という設定と出会い急激に惹かれていく

ってなってるけど、聡(蒼井優)の情緒不安定さは凄まじくて、もう普通に見てて私が男だったらこんな女マジ勘弁ってくらいのキレっぷりに、改めて蒼井優さんの演技力に圧巻

オダギリジョーさんの最初無気力に生きていく姿は物悲しかったけど、聡と関わるうちにちょっと血の気が通い出し、2人で鳥の求愛ダンス?を踊るシーンはとてもセクシーで美しかった

見る年齢によっては何が言いたいのかさっぱりわからないかも知れないし、職業訓練所の仲間視点になってこの先どんな人生を歩むんだろうと唐突な不安に襲われたり、本気で怖い世界を見てきた人のほうが周りに優しいんだなぁ・・・とか(北村有起哉さんの役がめちゃ良かったいろいろ感じることは違うと思う

オダギリジョーさんが最高にセクシーで蒼井優さんはやっぱり凄い女優さんだなぁ・・・と思い知った作品でした

オーバー・フェンス 通常版 [DVD]
オダギリジョー,蒼井 優,松田翔太,北村有起哉,満島真之介
TCエンタテインメント
コメント

『オーバー・フェンス』

2018年06月07日 | 映画&DVD~あ行~
オーバー・フェンス(2016年)

<監督>
山下敦弘
<キャスト>
オダギリジョー
蒼井優
松田翔太
北村有起哉
満島真之介


蒼井優さんのぶっ飛びまくってる怪演が凄かった
オダギリジョーさんのどこか冷めたような哀愁に色気があった
北村有起哉さんが凄く良い怖い人をやっていて好きになった

個人的総評・・・

感想はこちら→
コメント