丸刈りらいおんのしっぽ。

見た映像の感想や聞いたものの感想などをつらつら綴ってます♪

動物と一緒に暮らしてる人は泣いちゃうかも・・・

2017年11月29日 | 映画&DVD~☆4☆~
『猫なんかよんでもこない 』を見た。



兄が拾ってきた仔猫2匹 チンとクロ

猫なんて全く興味がなかったボクシング一色の生活をしていた弟(風間俊介)は、一緒に暮らしていた兄の突然の引越しで、チンとクロを押し付けられ2匹の世話をする事になる

毎日どんどん成長する2匹との暮らしの描写が、猫と生活してる人には頷けたり、後半は泣いてしまうんじゃないかなぁ…

うちはワンコとの生活なので家の窓を開けっ放しにしておくとか猫エイズの事はわからないけど、風間俊介さんが動物病院の帰りに大泣きする所は、先代ワンコの余命宣告受けた時の自分と重なってしまい号泣・・・

動物との生活は手間もお金もかかるけど、何とも表現しがたい温かい時間を過ごさせてくれる

その分別れの時の寂しさと言ったら…体の一部を持っていかれたかと思うくらい辛いけど、それでも命&生活が何とかなるうちは1匹でも多くのコと関わりたいと、家族になりたいと切望するのです

猫なんかよんでもこない。
杉作
実業之日本社


猫なんかよんでもこない。 [DVD]
風間俊介,つるの剛士,松岡茉優,内田淳子,矢柴俊博
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
コメント

『猫なんかよんでもこない。』

2017年11月29日 | 映画&DVD~な行~
猫なんかよんでもこない。(2016年)

<キャスト>
風間俊介
つるの剛士
市川実和子
松岡茉優

猫のかわいさ度
まったり感
泣いてしまう度
松岡茉優いらない度

個人的総評・・・

感想はこちら→
コメント

お久し振りの3号!元気ですよ♪

2017年11月28日 | ★3号話 ★
みなさん8ヶ月ぶり?ですね
お元気ですか?



僕は毎日コタツムリです・・・


こんな寒い時期に丸刈りなんて・・・
うちのお母ちゃんはどうかしてます・・・


11月中旬に丸刈りにしたら
※でも夏カットよりかは毛足長めなんだよ・・・
日中はずっとコタツに入りっぱなしになってもた・・・

この大きな座布団は2号が最後まで使ってた物で、もう中の綿は寄ってるし何度カバー洗っても薄汚いんだけど、私も3号も何故かこの座布団で昼寝したりパソコンする時もずーっとこの上で居てます、なんか落ち着くんだよね

あれから3号は元気だけど、何か同じ種類の相手が居ないからかちょっと物思いにふけったり、トイレシートでおしっこする回数が激減したり←2号が居た時は縄張り争いでもしてたのかな?じゃんじゃんしてたんだけどね・・・でも大嫌いだったお散歩は大好きになりました

同じ種類の家族が欲しいね・・・
コメント

『革命のファンファーレ』 西野亮廣

2017年11月27日 | 読んだ本・漫画
西野亮廣さんの『革命のファンファーレ』を読んだ!

革命のファンファーレ 現代のお金と広告
西野 亮廣
幻冬舎

以前読んだ堀江さんの『人生はカネじゃない!』で語ってた内容と似ていて、お2人のお金に対する考え方は近いものがあるんだなぁ・・・と思った

とにかく読みやすい!!

本読むのが好きな人は何でも読めるだろうけど、私は全く読めない本も結構あって・・・
駄目なのはどうやってもどんなに集中しても2ページも読めない・・・

そんな私が一気に読めたほど興味深くて面白くて考えさせられて勇気付けてもらった内容だった

自分の糧になったなぁ・・・と思った本は全てノートにまとめるので、今回もまとめてみた

汚い字ですみませんが・・・
ちょこっと内容を載せます
※単に文章でまとめるのが苦手だから・・・ってのもあります

お金とは何か?から始まり

『えんとつ町のプペル』をネットで無料公開した経緯とその結果の話



そして最後は丸写しだけど、この言葉はかなり響いた


他にも『しるし書店』『おとぎ出版』という面白い取り組みの話も本当に目から鱗ってこの事だわ・・・って思えるほどアイデアが凄かった

この人を好きでも嫌いでもまずは読んでほしい1冊でした!
ただ恐ろしい回数『えんとつ町のプペル』って単語が出てくるけどね
コメント

『人生はカネじゃない!』 

2017年11月22日 | 読んだ本・漫画
お金に困り果ててた時に初めてドラマで『闇金ウシジマくん 』を見た

正直な感想は、私ここまでは落ちてないっていう根拠のない安心感と、もしかしたら首の皮1枚であっち側に行ってしまうかも…という言いようのない不安だった・・・

その『闇金ウシジマくん』の漫画のワンシーンを随所に挟みながら堀江さん流の考えを語っている本『人生はカネじゃない!』を読んだ

ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!
堀江 貴文
小学館

堀江貴文さんが好きでも嫌いでもないけど、心に突き刺さる言葉が多かった

カネとはあくまでも手段であって目的であってはならない!

カネとは信用だ!

1万円の紙幣は紙切れに過ぎず、その紙切れに1万円の価値はない!
あくまで1万円の消費活動を可能にする信用が不可されているだけの事!

結局動き出さないのはカネの問題ではないのだ!

不満があっても変えようとしないのは現状を維持するほうが楽だから、そういう自分の姿に目を逸らし自分の頭でモノを考えてるつもりが思考停止に陥ってるのだ!

なぜ自分は不幸なのか?人生の意味とは?など、こんな役に立たない抽象的な問いばかり頭をぐるぐる巡ってる、それ自体何も生み出さないのに…広い世界へ動き出せば問題は解決する!


まさに今お金が無いという理由で動き出せない私には響く言葉が多かった

いろいろ考えるより行動しろよ!って思えたし、甘いかも知れへんけど、お金は何とかなるんじゃないかとも思えた

1時間900円で自分の時間を売って、ゴミみたいに扱わられてる今の仕事に、これでほんまにいいの?と考えるきっかけになった一冊だった

これを読んだのはちょっと前で、その後本当に仕事辞めた

働いてた頃は完全に思考停止に陥ってたけど、今はお金が入ってこない不安よりも自分で考えて動ける時間がある事のほうが嬉しくて仕方ない

いつか後悔するのかも知れないけど、その時はその時で考えたらいいさ・・・
コメント

じじいが大御所だらけの『後妻業の女』

2017年11月21日 | 映画&DVD~☆3☆~
大竹しのぶ演じる小夜子は、結婚相談所のパーティで資産ある老人たちを虜にしては財産を根こそぎ奪い取るという後妻業とも呼ばれる詐欺を、結婚相談所の所長・柏木(豊川悦司 )と結託して繰り返していた



9番目の夫・中瀬の死亡により以前から小夜子を疑っていた中瀬の次女・朋美(尾野真千子 )は同級生の弁護士に頼んで小夜子の身辺を洗い出す事に…

じじぃ率かなり高めで、六平直政さん森本レオさん伊武雅刀さんなどがちょこっと出ては小夜子の餌食になっていくというなんとも豪華な作りです

大竹しのぶさんは、かなり若い設定から最後の60代の小夜子まで演じてるんだけど、若くても違和感ないし、60代の振る舞いも男の前では可愛らしく、本性を表した時の下品さも素晴らしく使い分けていて凄かった

永瀬正敏さんが痩せた大森南朋さんに見えて仕方なかったのと、ずっと大根だと思ってた長谷川京子さんが今回は本当に役に合ってたのかとても良かったのと、樋井明日香さんの体当たりの絡みがまさか脱ぐとは~ってびっくりしたのと、水川あさみさんのホステス役が意外に良かった事が私の印象に残った感想です

豊川悦司さんがカッコいいと小汚さの絶妙な中間に居てて良かった

尾野真千子さん大竹しのぶさんの焼肉屋でのケンカが本気っぽくて、本気でしばき合いするとそんなに早くは殴れない所とかもリアルで良かった

終わりかけまでダレる事なく凄くテンポも良かったけど、永瀬正敏さん演じる調査員は本当に悪だったのか謎だし、柏木と小夜子は捕まらなかったし、他の事件も宙ぶらりんで、終わり方がイマイチだったのが残念…

後妻業 (文春文庫)
黒川 博行
文藝春秋


後妻業の女 DVD通常版
大竹しのぶ,豊川悦司,尾野真千子,長谷川京子,水川あさみ
東宝
コメント

『後妻業の女』

2017年11月20日 | 映画&DVD~か行~
後妻業の女(2016年)

<監督>
鶴橋康夫
<キャスト>
大竹しのぶ
豊川 悦司
尾野真千子
笑福亭鶴瓶
津川雅彦
永瀬正敏

大竹しのぶさんの神演技に拍手
大御所の俳優さんたちがザクザク出てます
乳丸出しエロシーンあるので注意です
終盤までは本当に面白かったのに最後残念すぎる

個人的総評・・・

感想はこちら→
コメント

笑えるのに悲しい・・・悲しいけど笑える・・・『パーマネント野ばら』

2017年11月20日 | 映画&DVD~☆5☆~

子供を連れて実家に出戻ったなおこ(菅野美穂)は、母(夏木マリ)が営む、町にたった1つだけの美容室『パーマネント野ばら』を手伝いながら野ばら集まる明け透けな会話に興じるおばちゃんたち、仲良しの友達・ともちゃん(池脇千鶴)みっちゃん(小池栄子)と穏やかな時間を過ごしていた

その一方で、高校教師カシマ(江口洋介)と付き合ってるんだけど、この恋には大きな秘密があって…



最初は田舎ならではの開けっぴろげな会話炸裂のパーマネント野ばらに集まるおばちゃん達の話や、男見る目なさ過ぎな同級生のみっちゃん・ともちゃんの話に笑いそんな人たちを穏やかな表情で見つめ、話し相手になり、客観的に見ている主人公・なおこが1番しっかりしてると思ってたから、ラストに近づくにつれてびっくりな展開に・・・
最初の穏やかで笑いのある港町の風景は何ってくらい最後にやられた
菅野美穂さんの、現実と思い出の間で揺れてる表情は本当に儚くて、引き込まれた~

そして
小池栄子さん、この人本当に素敵な女優さんだなぁ〜

登場した時はあるあるなスナックのママさんの朝!って感じから、旦那の浮気相手を車で跳ねようと躍起になる鬼の形相に変わり、そこから一転、旦那に諦めの眼差しで縁切る目つきの変わりっぷりに脱帽

終盤、なおこを見つめる表情は母のように包み込む穏やかさが滲み出ていて最高に素晴らしかった

脇を固めるおばちゃん軍団がかなり笑わせてくれ、夏木マリさんのパンチパーマも最高で、厳しいオカンなんやけど、娘なおこの事を見えない所で心配してる素振りが垣間見える辺りが良く、物語の伏線も最後に一気に繋がる辺りはぞわぞわした

笑えて泣けて自分の人生も考えさせられ、港町の綺麗な景色と人の優しさを感じられる、映画として最高の作品でした

パーマネント野ばら [DVD]
菅野美穂
デイライト


パーマネント野ばら(新潮文庫)
西原理恵子
新潮社
コメント

『土竜の唄~香港狂騒曲~』

2017年11月20日 | 映画&DVD~ま行~
土竜の唄~香港狂騒曲~(2016年)

<キャスト>
生田斗真
瑛太
堤真一
上地雄輔
古田新太
仲里依紗
菜々緒
本田翼
吹超満
遠藤憲一
皆川猿時

1作目のほうが良かった感
盛り上がりに欠ける感
全てが残念度
生田斗真&堤真一サイコー
瑛太無駄遣い度

個人的総評・・・

感想はこちら→
コメント

ジヌとは銭の事だそうです・・・

2017年11月20日 | 映画&DVD~☆4☆~
銀行の融資課で働いていた高見(松田龍平)は、お金で自殺する人を目の当たりにした事で神経を病んでしまいお金に触ると失神してしまうアレルギーになってしまう…

かむろば村という限界集落寸前の田舎のボロ家を買い、高見は1円も使わない生活を始めるんだけど・・・



口も態度も悪いけどいつも村民のために動く村長・与三郎や(阿部サダヲ)その妻・亜希子(松たか子)に助けられ、かむろぼ村の神様(西田敏行)の存在や村民達に少しずつ馴染みかけた頃、信頼の厚い村長・与三郎の過去を掘り起こす出来事が起こり…

松田龍平さん大好きなので見た

小さな笑いが所々ありつつ、ちょっぴりエロ要素もあって、神様というファンタジー要素もちゃちくならずに散りばめられていてなかなか楽しめた

とにかく阿部サダヲさんが最高にインパクトのある村長の顔から、過去を背負う辛い顔、自分を捨てて村民達やお金を使わずに生活する高見を何かと世話する姿が素晴らしく、それを包み込む妻の松たか子さんの大きさと温かさに感動

荒川良々さん阿部サダヲさんの笑える掛け合いや、神様・西田敏行さんの存在感、脇を固める役者さん達も個性派揃い

超感動作ではないけど、見て良かった作品だった

少しお色気シーンが入るので(二階堂ふみちゃんの濃厚キスや松たか子さんの人妻エロスが・・・)私はやっぱり1人で鑑賞
うちの家族はこういうシーン入ると散り散りにリビングから離れるのだ昔から

ジヌよさらば ~かむろば村へ~ [DVD]
松田龍平,阿部サダヲ,松たか子,二階堂ふみ,西田敏行
Happinet(SB)(D)
コメント