丸刈りらいおんのしっぽ。

見た映像の感想や聞いたものの感想などをつらつら綴ってます♪

何コレ?喜劇じゃなかったの??『焼肉ドラゴン』

2018年12月15日 | 映画&DVD~☆7☆~
下町の家族をコミカルに描いた内容かと勝手に思って見たら
感動し過ぎて大泣きした・・・



高度経済成長真っ只中の大阪で暮らす在日韓国人家族のお話

父・龍吉(キム・サンホ)と、その娘・静花(真木よう子) 梨花(井上真央)
母・英順(イ・ジョンウン)とその娘・美花(桜庭ななみ) 
連れ子があっての再婚で、その後に2人の間に生まれた息子・時生 (大江晋平)

戦争で片腕を失った父は焼肉屋を営み、長女・静花は過去の骨折が原因で片足を引きずりながらも店を手伝い、次女・梨花は姉をずっと好きだった姉の幼馴染・哲男(大泉洋)と結婚するも上手くいかず、三女の美花は妻子ある長谷川(大谷亮平)と不倫中、そして長男・時生は学校でいじめられるようになってから言葉を話せなくなった

明日のジョーに出てくるドヤ街のような所でホルモン屋をやってる普段は寡黙で働き者の父なんだけど、要所要所で話す言葉が本当に突き刺さるのだ・・・
3人の娘たちを優しいまなざしで静かに見つめ、長男にはちょっと厳しく、でもそれはこの国で在日として生きていく辛さをわかってるからこその愛情なんだけど、普段穏やかなだけに、この父の言葉は本当に響くのだ

そして母は度々キレて
「韓国に帰る!!」
と飛び出してはまた戻ってくるというのを繰り返してるんだけど、血の繋がらない長女を慰めるシーンやお父さんを慰めるシーン、家族が本当に悲しんでる時はめちゃくちゃ慈悲溢れる行動をとるところが本当に私の憧れるお母さん像なのだ

今回主役は真木よう子さんになってるけど
※私今まであまり彼女を上手いなぁ・・・って思った事なかったんだけど今回めちゃくちゃ上手かった泣いてしもたわ・・・
このお父さん役のキム・サンホさんが本当に素晴らしかった
あの優しい穏やかな表情と最後の叫びはもう鼻水詰まらせるほど大泣きした
そしてそのお父さんをしっかり支えるお母さん役のイ・ジョンウンさんもめちゃくちゃ素晴らしかった
このお2人なくしては、この作品は成り立たないよ

娘役の井上真央さんは相変わらず上手で、今まであまり気にとめなかった桜庭ななみさんもめちゃくちゃ良かった

この時代背景が個人的に一番グッとくるからベタ褒めになってしまうけど、家族って何だろう??って思った時に見てほしい
これ見たからって自分の家族は変わらないんだろうけど、家族の原点はこのお父さんとお母さんの表現に答えがあると思うから、ちょっとでも救いになるといいなぁ・・・

本当に素晴らしい作品でした
ありがとう
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 『焼肉ドラゴン』 | トップ | 『モリのいる場所』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画&DVD~☆7☆~」カテゴリの最新記事