丸刈りらいおんのしっぽ。

見た映像の感想や聞いたものの感想などをつらつら綴ってます♪

凹んだ時は木皿ワールドへ!

2017年10月24日 | ドラマ
気持ちが駄目な時は三角座りで(体育座りって言うのかな?)『昨夜のカレー、明日のパン』のDVDを延々見てる



亡くなった旦那(星野源)の義父(鹿賀丈史)と古い家に暮らす徹子(仲里依紗)の生活を描いてるんだけど、どの話もとにかく良いのだ

毎朝2人で朝ごはんを食べる風景や、お隣の引きこもりの娘さん、会社の同僚、日々流れていく日常の中で徹子の亡くなった旦那の過去話を交えながら、家族の繋がりや人間って何で生きていくんだろう?っていう事をじんわり綴ったお話

私は家族というものの在り方が全くわからず育ったから、何か答えがつかめそうな・・・でも答えなんて無いのかも・・・というちょっとした期待を持ちながら見てしまう・・・

古い家の佇まいや毎回必ず登場する美味しそうなご飯たちも最高に素敵なんだけど、やっぱり木皿泉さんの作られた言葉のひと言ひと言に毎回泣かされます

どうにもならない時、是非この木皿ワールドに入り込んでみてはどうでしょうか?
あたたかい気持ちになれたり、何かの答えが転がってるかも知れません

私が凹んだ時に見るDVDのご紹介でした

この原作本もとても読みやすかった

昨夜のカレー、明日のパン (河出文庫)
木皿 泉
河出書房新社

『ドラマ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 『白雪姫殺人事件』 | トップ | 『探偵はBARにいる』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ドラマ」カテゴリの最新記事