丸刈りらいおんのしっぽ。

見た映像の感想や聞いたものの感想などをつらつら綴ってます♪

『彼らが本気で編むときは、』

2017年10月20日 | 映画&DVD~か行~
彼らが本気で編むときは、(2017年)

<監督>
荻上直子
<キャスト>
生田斗真
桐谷健太
柿原りんか
田中美佐子
門脇麦
りりィ

リンコの優しさが画面いっぱいに広がってる
リンコを見守るマキオとリンコの母がこれまた素敵だった
こういう家族になれたら本当に良いだろうなぁ~

個人的総評・・・

感想はこちら→
コメント

『土竜の唄~潜入捜査官REIJI~』

2017年10月20日 | 映画&DVD~ま行~
土竜の唄~潜入捜査官REIJI~(2014年)

<監督>
三池崇史
<キャスト>
生田斗真
仲里依紗
山田孝之
堤真一
吹超満
遠藤憲一
皆川猿時

笑える度
アクション満載度
お色気
元気になれる度

個人的総評・・・

感想はこちら→
※~生田斗真さん集めました♪~に載せてます!
コメント

『予告犯』

2017年10月20日 | 映画&DVD~や行~
予告犯(2015年)

<監督>
中村義洋
<キャスト>
生田斗真
戸田恵梨香
鈴木亮平
濱田岳
荒川良々

イジメってホント嫌だ!!
どん底の中にあるキラキラした世界
仲間って良いなぁ
最後大泣き

個人的総評・・・

感想はこちら→
コメント

『脳男』

2017年10月20日 | 映画&DVD~な行~
脳男(2013年)

<監督>
瀧本智行
<キャスト>
生田斗真
松雪泰子
二階堂ふみ
太田莉菜
江口洋介

生田斗真の美しすぎる度
松雪泰子の美しすぎる度
猟奇的&狂気的度
※結構殺し方がグロいです、苦手な人は注意!
引き込まれ度
女性同士の絡み度
※二階堂ふみちゃんと太田莉菜ちゃんの絡みがエロかった


個人的総評・・・


感想はこちら→

コメント

生田斗真さん集めました♪

2017年10月20日 | 映画&DVD~まとめ~
以前は全く興味なかったのに、1作品見るごとにビジュアルの美しさ+表現力に引き込まれていった
生田斗真さん

『脳男』 


最初はこういう猟奇的なのは苦手やわ〜って思ったけど、最後までダレる事ないテンポの良さとアクションのカッコ良さ・生田斗真さんの雰囲気と肉体美・松雪泰子さんの凛とした中にある優しさと美しさ・二階堂ふみさんと太田莉菜さんの美しい絡みに魅せられ、あと爆破シーンも凄くて、何で映画館で
見なかったんだろう←毎回この後悔・・・という内容でした

まさか殺されへんやろ〜って思ってたら簡単に撃たれたり爆発したりと予想外だらけで、終始
「ええーっ??」
ってなりながら見てた

生田斗真さんの作品は特に演技がどうとかわからないけど独特の雰囲気があって、今回の殺人
マシーンのように育てられた中にある感情の見え隠れが伝わって素晴らしかった
鍛え抜いた体も美しかった

決してハッピーにはなれないけど、見て良かったと思える作品でした
※ただかなりグロいシーンも多いので苦手な方は注意です

『予告犯』 


派遣から正社員を目指してIT会社で頑張ってた奥田(生田斗真)は、社長の逆鱗に触れ社内イジメで体調を崩しハローワーク通いの生活に一変するも、仕事が見つからず…
日雇い労働先で知り合った4人と交流が深まった矢先、事件が起こる

新聞紙を頭から被り、ネットカフェから次々と制裁を加える予告をする『シンブンシ』になった奥田の
本当の狙いとは?

派遣の問題、職場での陰湿なイジメ問題、日雇い労働の現実…こういう問題は本当にあるんだと思う
イジメ問題以外は見た事ないけど…

ネットを使って本当に彼が成し遂げたかった事って端から見ればまさしく
『こんな事のために❓』
って思うけど、それだけ彼にとって日雇いで知りあった仲間の存在が大切でキラキラしていたのかも
知れない

生田斗真さんの諦めた視線と、仲間の中でやっと居場所を見つけた表情が素晴らしく素敵でした

仲間の鈴木亮平さんは今回これまた鍛えあげた体で登場
美しいし関西弁も素敵だった

大好きな荒川良々さんは飄々としてるのにシャベル振り下ろす形相は凄まじく怖かった

濱田岳さんは、まさにハマリ役

そして大好きな戸田恵梨香さん
ただの冷酷なエリート警察官ではなく、自分の目で確かめて本質を見抜き、血の通った役柄に
心揺すぶられた

見始めは人間腐ってんな〜と思い、中盤過去の話で人間の怖さを感じ、最後は大泣きで人間はここまで人間を思いやれる気持ちがあるんだなぁ〜っと感動した作品でした
見て良かった!!
ありがとう

『彼らが本気で編むときは 』


生田斗真さん見たさに見たら、思いのほか子役の柿原りんかちゃんが上手で泣いてしまった・・・

母と2人暮らしのトモ(柿原りんか)は、母が男を追いかけ家を出て行ってしまった事から(これで2度目らしい・・・)再び叔父のマキオ(桐谷健太)のもとへ

以前は1人者だったマキオは今、とても大切な人と暮らしているという

マキオの家で初めて見た恋人のリンコ(生田斗真)に驚きを隠せないトモだったが、母から愛情を貰えず育ったトモに、リンコは手作りの美味しいご飯や可愛いキャラ弁を作ってくれて、髪の毛を綺麗に結んでくれて、抱きしめて眠ってくれた

愛を知らなかったトモは、リンコの優しさに包まれ心を開きとても強くなっていくんだけど・・・

生田斗真さんが体はやっぱり男性なのでがっちりなんだけど、言葉や視線・所作が本当に美しくて
トモが可愛くて仕方ないっていう空気に満ち溢れてます
最初は戸惑ったトモも、リンコの愛情に包まれ、優しいリンコの苦悩を知り、最後はリンコのために本当の意味での強さを理解していく

そんな2人を、口調はちょっとぼへ~っとしてるんだけどマキオはしっかり守ろうとする、そんな3人が本当に家族になれたら良いのになぁ・・・って思わせてくれます

周りには敵も多いけど、リンコを子供の時から絶対否定しないでリンコの気持ちを第一に考えてくれた母の存在もめちゃくちゃ大きかった!!
このお母さんが本当に素晴らしくてリンコはどれほど心強かったことか

題材としては重いのかも知れないけど、温かな生活のなかに「チンコ・チンコ」と連呼する場面や、どうやって手術するのかという内容も含まれていて、笑えて泣けて周りの差別に本気で怒り、気付くと一緒に時間の流れを感じれた作品でした

『土竜の唄』 


面白かった〜
カッコイイ生田斗真さんしか知らなかったから、こういうコミカルな役も本当に上手いなぁ〜ってびっくりした

堤真一さんの滲み出る漢気に惚れ、仲里依紗さんのエロ可愛さにうっとりし山田孝之さんの闇を抱えた表情に怖さを感じ、それとは対照的な遠藤憲一さん・吹越満さん・皆川猿時さんたちの面白さが絶妙なバランスだった

とにかく笑えて、ちょっと感動もあってテンポも最高に素晴らしい作品だった
お色気も若干あるけど、まぁ乳は出てないのでセーフかな??

元気になりたい時に見て欲しい作品です

1作目が面白かったので2作目の『 香港狂騒曲 』も期待して見たら



全然面白くなかった…
何でこんなにつまんないの???
美女じゃないのに美女オークションとか意味わからん…
仲里依紗さんの出番少ないし、でも上地雄輔さんの出番は多かったから良かったけど、1作目よりかなり落ちたなぁ・・・と個人的に思った
なので2作目はくらいかな?
上地雄輔さんは本当に良い役者さんになったなぁ・・・

以上、生田斗真さんの5個の作品+2個の作品のご紹介でした
コメント