千代田グルメ遺産

首都東京の中心部「千代田区」内にある名店の蕎麦や寿司など、未来の世代に引き継ぐべき貴重な食物遺産を紹介しています。

福田家(紀尾井町)の「正月特別会席料理」

2013年01月19日 | 和食
【平成25年1月某日 調査・登録】
 こちらの店「福田家」は、ミシュランの星2つ★★に輝く日本料理の名店です。稀代の芸術家であり食の達人であった北大路魯山人との縁が深く、魯山人の「美」と「味」の調和を大切にした心こもったおもてなしが評判です。都心とは思えない紀尾井町の深い緑と静けさに包まれながらいただく会席料理は料亭芸術の真髄を感じさせます。




 こちらの部屋「田舎家」は、約800年前の民家を移築して作られたそうです。中には多様な魯山人の器が展示されています。




 さて、今日料理をいただくのはこちらの「葵の間」です。


 「正月特別会席料理」の献立です。


 さっそくいただきましょう。まずは「祝儀肴」です。いずれも見て美し食して美味の逸品です。金柑に入った「このわた」はとても珍味です。



 次は「御座附」です。「蛤潮仕立」は何ともうまく表現できない絶妙な美味しさです。味が上品でいながらとても奥行きがあります。


 次は「御造り」です。ひらめ・さより・めじ鮪です。



 次は「口代り」です。最中の皮でできた遊びこころ満載の一品です。紅はさわらの西京松笠焼、白は梅花押し百合根です。



 次は「合肴」です。いずれも美味ですが特に小判平貝牛ロース巻塩焼が絶品です


 次は「多喜合」です。こちらもとても上品で奥行きのある味わいです。フォアグラの治部煮が風変わりです。



 次は「御飯」「止椀」です。御飯は紅梅碗豆ご飯、止碗は赤出し仕立のなめこ・豆腐・三ツ葉です。



 最後は「水菓子」と「甘味」です。



 優れたホスピタリティと美味しい料理、そして魯山人の芸術鑑賞で至福のひとときを味わうことができました

★福田家
  所在:東京都千代田区紀尾井町1番13号
  電話:03-3263-9894
  品代:正月特別会席料理(その他の見学等を含み)39,800円

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 柏水堂(神田神保町)の「エ... | トップ | 万世牧場(神田須田町)の「... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
撮り方がうまい~ (クイーンラブ)
2013-01-19 16:54:27
家で今、主人と一緒に見ています。いつも主人が「撮り方がうまいんだよね~」と申しております。艶があってとても美味しそうですね。「美味しそうですね」の表現だけでは、物足りないとは、思いますが・・・
クイーンラブさん コメントを有り難うございました (千代田グルメ遺産)
2013-01-19 21:06:07
カメラが良いだけです。美味しい料理には艶がありますよね~。日本料理って本当に芸術作品だな~って思います

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

和食」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事