千代田グルメ遺産

首都東京の中心部「千代田区」内にある名店の蕎麦や寿司など、未来の世代に引き継ぐべき貴重な食物遺産を紹介しています。

めん徳二代目つじ田(神田小川町)の「二代目つけめん」「和印度らーめん」

2005年12月23日 | ラーメン
【12月23日調査・登録】
 この店の一号店は平河町にあります。


 「二代目つけめん」は、チャーシュー・のり・めんま・味玉子が入った豚骨+魚介のピリ辛濃厚スープでいただきます。玉子は弾力があり、箸で割ると、中からとろけるような黄身が出てきます。麺に載る「すだち」をスープに絞ると豊かな香りが漂い味わいを一層増します。さらに、テーブルの京都「黒七味」を振り掛けるとコクが増します。


 神田御茶ノ水店限定の「和印度らーめん」は、京都「桝」の福神漬けを使用するカレー風味のラーメンです。


★めん徳二代目つじ田神田御茶ノ水店
  所在:千代田区神田小川町1-4
  電話:03(5256)3200
  品代:二代目らーめん980円、和印度らーめん850円

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« エチオピア(神田小川町)の... | トップ | ミクニズカフェ マルノウチ(... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (nonch)
2005-12-23 20:37:31
カレーはいかがでしたか?

私は一度でいいかな・・・という感想でしたな。

つけ麺&ラーメンはいつ食べても美味いですよね。

高いけど
コメントを有り難うございました (千代田グルメ遺産)
2005-12-23 23:26:32
 「和印度らーめん」は意見が分かれるところですね。物珍しい取り組み自体は評価されているのかもしれません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ラーメン」カテゴリの最新記事