千代田グルメ遺産

首都東京の中心部「千代田区」内にある名店の蕎麦や寿司など、未来の世代に引き継ぐべき貴重な食物遺産を紹介しています。

鉄板二百°C(神田佐久間町)の「おろしハンバーグステーキ」「鶏もも肉のてりマヨ」等

2019年06月01日 | その他
【令和元年6月某日 調査・登録】
 こちらの店「鉄板二百°C」は、鮮魚・活貝の「磯丸水産」や鶏料理の「鳥良商店」等を傘下に持つSFPホールディングス(株)が商う鉄板焼の専門店で、本格鉄板料理店の高級感と下町のお好み焼き屋さんの気軽さを併せ持つアットホームなお店です。200℃の大鉄板で豪快に焼き上げる新鮮な魚介類や肉、野菜が美味です。




 こちらは、ランチ人気ナンバーワンの「おろしハンバーグステーキ」です。さっぱりおろしポン酢との相性が抜群で美味です


 ご飯・お味噌汁・サラダが付きます。


 こちらは「なみなみスパークリング(赤)」です。


 こちらは「鶏もも肉のてりマヨ」です。これも美味です! こちらにもご飯・お味噌汁・サラダが付きます。


 ごちそうさまでした。とても美味しい鉄板焼でした。

★鉄板二百°C 秋葉原店
 所在:千代田区神田佐久間町1-13チョムチョム秋葉原ビル5階
 電話:03-5209-7751
 品代:ランチおろしハンバーグステーキ990円、なみなみスパークリング540円、ランチ鶏もも肉のてりマヨ990円

コメント   この記事についてブログを書く
« 珉珉(富士見)の「たたきき... | トップ | 川府(神田神保町)の「フカ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事