RX-42

UC2013:厄年を迎えたガンダム&ゲーム好き2児のパパの物語です。

ロボコップの続き

2014年03月16日 | 日記

私が映画ロボコップが好きな理由は...

1.編集がうまい(確かそういった賞をとっているはずです..)

2.ロボコップスーツやサイボーグ動きの完成度が高い(デザイン原案は宇宙刑事ギャバンだそうですが...)

3.脚本とかぶるかもしれませんが、ヤマハの人口心臓とかブラックユーモアが効いていて物語の未来の時代設定がおもしろい。

ちなみにクラレンスがボブの部屋に来て録画したDVDを再生するシーンがあるのですが、あの頃は現実でまだ音楽CDが発売されたばかりで

映像ディスクはVHDやレーザーディスクのレコードサイズが主流でした。しかも録画できないディスクだったので録画といえばVHS。

そんな時代にああいったシーンをさりげなく見せるのがこの映画のすごさだと思います。

そして何と言っても特筆すべきは階段を降りれない愛すべき敵メカ「ED209」君でしょう。

CGでなく模型のストップモーションですが、今観てもやっぱりすごい。

手がけたのはフィル・ティペット。

彼の職人技で有名なストップモーションのメカと言えばスターウォーズ2のスノーウォーカーがあります。

もちろんED209のデザインもかっこいいですね!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ロボコップ | トップ | ロボコップ2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事