馳走いなせや奮闘中!

京都柳馬場三条上ルの町屋料理屋「馳走いなせや」
オーナー(通称大将)の酒と食の奮戦記。

第30回 吟醸酒を楽しむ会 そして翌日……。

2018年06月25日 | Weblog

第30回って事は、30年間続いているということだ!


30年ですよ!30年‼️


ちなみに、このパンフレットデザインは30年間同じ。。。




私は、第2回目から参加して(一回欠席)28回の参加となり。いわば、古参のじじいとなった。。。

残念ながら、初参加の写真もないけど
当時は、飲食店を始めて間もない「ど素人」
出品されてる日本酒もほとんど理解出来ず、ゲストで来られた酒蔵の方に一から教えられる始末だ。(邪魔くさい参加者やったんやろな…)


今でこそ、私もそれなりに知って頂いておりますが(知らんかったら、すんません)
当時はまだ、吟醸酒なんて言葉も一般にはまだご存知ない時代。



10年ひと昔なら30年は三昔やな❗️



あぁ〜〜!恐ろし〜〜〜‼️



そんな「吟醸酒を楽しむ会」

いちいち説明はなしで、当日の写真をアップしよう⤴️








(一部写真は、無断借用させてもらった)


さすがに30年続いたイベントということもあり
既に亡くなられた方とか、お年を召され参加出来ない方も多い。実際には、これだけ多くのお酒も当時ほどは飲まれないはずや。

そ〜いや〜〜❗️私が参加しだした頃は、この後二次会どころじゃなく明け方まで飲んでいた記憶がある。

タフを通り越して「日本酒に対する思いは、飲まなあかんにゃ〜〜」みたいな…。
いわゆる、根性論全盛期だ。



もう今は、絶対無理やけど。


そんな二次会は、姉妹店「んまい」で





最近、セルフィの写真多いな🤳

なんか誰かに撮ってもらうより、自分で撮る方が「自然体っぽい」気がする。




ただの自己満やけどな。


お馴染みの酒蔵さんも久しぶりの酒蔵さんも会えて大満足❣️

特に最近は、いろんな日本酒イベントに行っているけど
これだけしっかり蔵元さんや杜氏さんと話しが出来るイベントは、ほんまに少なく
ほとんどが、お酒を注いでもらったら終わり…。
みたいな感じやな。


そんな二次会も終了して、午前2時ぐらいに就寝したのだが。。。




翌日の朝 7:58

ガタン!と、横にベッドが揺れたと同時に携帯電話が「ヴォーヴォー」「地震です地震です!」と






(ちょっと待て〜!揺れてから鳴っても意味ないやろう❗️)





横揺れからの縦揺れで、激しく目覚めた。



大阪北部で発生した「大阪震災」だ。

震源地で震度6弱
京都南部では震度5程度


感覚的には、あの「阪神大震災」の時の揺れが短いイメージ。
(震源地が近いと、揺れは短いらしい)

部屋の棚の上に置いてあったいくつかの額も、落ちた。

何人かの知り合いからも、電話やらメールが届いた。(ほんまに有難い)

馳走いなせやも気になるが、今日は月曜日で定休日だ。連絡とれないやん。私は、鍵を持ってないので休みの社員にメールして状況確認してもらう。


大きな被害じゃなくて良かった。

その後もテレビでは、続々と地震のニュースが飛び交う中
昨日の「吟醸酒を楽しむ会」主催のマルマン酒店
堀井氏がFBをアップ。

城陽は、京都でもかなり南部に位置する。


あ〜〜❗️これは結構酷いなぁ。


そして、茨木市に住む知り合いは
緊急停車した阪急電車から、3時間近くかかり徒歩で帰宅。店では、棚も倒れ「ガス」や「水道」も使用できないと。。。
(つい先日復旧したらしい)

飲食店なので、どちらも無ければ営業すら出来ない。



自然の力とは言え、当たり前の事が当たり前でなくなるのは厳しい。

何とか一日も早く、皆さまに平穏な生活が戻りますように。。。

そして今後、大きな災害が新たに起こりませんよう祈ってやまないです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 姉妹店「んまい」17周年! | トップ | 本日(7月1日)より祇園祭り... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事