馳走いなせや奮闘中!

京都柳馬場三条上ルの町屋料理屋「馳走いなせや」
オーナー(通称大将)の酒と食の奮戦記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

馳走いなせや「おかげ様で10周年」

2018年03月01日 | Weblog



ついにと言うか……



やっとと言うか……




来たる3月3日の午後3時に、馳走いなせやも「満10歳」になる。

本日3月1日より、感謝の意味もあり
10周年記念イベントを開催することになった。



早いもんやな〜〜。10年……

と言うのが、今一番正直な感想。


「あんな苦しい時期もあったなぁ」「この時、めっちゃ楽しかったなぁ」「何でこんな悲しい思いせなあかんねん」とか、過去を振り返る節目の年になった。


只今58歳の私が、48歳の時に始めた「馳走いなせや」


もしも、今の自分の価値観で造っていてもそれほど大差がないと考えているが。。。


インスタ的にハッシュタグをつければ
# 京町家
# 地産地消
# 居酒屋
# 生産者ありき
# 特別な日本酒
# 蔵で搾ったそのまま
# 鶏料理店


みたいな感じやけど。


ただ、10年の節目を迎え
今後の展開としては!



地鶏料理を主に扱う居酒屋としてスタートして来たけど、お客様のニーズの変化や馳走いなせやの次の10年を見据えた時に



「居酒屋卒業」



を実行に移すことにした。
(まぁ、急に思い立った訳じゃなく)


今までも数多くのメディアに取り上げて頂き「高級居酒屋」なる称号⁉️ でテレビや雑誌に登場して来たが、スタッフのレベルもしっかり上がり
少し軸足を「料理屋」として「もっといい素材」や「技術」を提供したいと考えている。





「え〜〜〜〜❗️
それって、値上げする為の口実違うん‼️」





と、言われるなかれ。
(もちろん、多少の値上げは「家賃」「人件費」「材料費」等を考慮した分は致しかたないので…)ほんまにすんません。。。





次の10年は
# 京町家
# 京都素材
# 和食
# 特別な日本酒
# おもてなしの心
# 100年続ける
# 自分はもう死んでる…(笑)



と、言った所だ。
# 生産者ありきと# 蔵で搾ったそのままを削除したのは、10年間しっかり実行したので御理解頂けていると解釈。

# 京町家・# 特別な日本酒を残したのは、これから馳走いなせやデビューされるお客様にわかり易くする為。



ステージを「高級居酒屋」から「和食の店」にするのは、料理人を育てていく環境作りもある。
(高級和食じゃない)


特に昨今の人手不足。老舗の和食店ですら、人が集まらないのだが。。。
真剣に技術を習得したいと言う若者は、まだ多い。


長い目で見て「人を育てる」をテーマに



居酒屋的な(いや…決して居酒屋否定してるわけじゃなく)短期的な雇用や教育だと、人も料理も不安定。
まぁ、短期的に雇用したつもりじゃなくっても早く独立するのが居酒屋の宿命やな。

3年・5年・10年かけて、じっくりと「人を育てる」にはしっかりとした環境やステージが必要だと思います。

当然、求人も料理店として。
「日本酒に精通した料理屋」を目指す。




京都素材と言っても「かつを」と「昆布」は、どないもならないけど。。。











コメント   この記事についてブログを書く
« 竹鶴酒造 ② | トップ | 10周年「初日」 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事