馳走いなせや奮闘中!

京都柳馬場三条上ルの町屋料理屋「馳走いなせや」
オーナー(通称大将)の酒と食の奮戦記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【茶屋町marry】近況

2019年02月13日 | Weblog

考えるな感じろ‼️


今は亡き「ブルース・リー」の名言だ。




いつも通り

【考える】をGoogle先生に尋ねて見れば


と、言う意味。



そして、

【感じる】は

と、なる!

似ているようで、全く違う意味の言葉(ほんま日本語は難しい)

私的に解釈すれば【考える】は、知識や経験





だけ…。





【感じる】は、五感を使って感覚を研ぎ澄ませる。




だ。。。




俗にアンテナを張るは【感じる】

今までこうやったが【考える】



と、分類する。


そうすると、これからの時代に生き抜く事を想定するならば
【感じる】が正しい❗️


【感じる】感性のない人には、全くもって申し訳ないけど生きていけない世の中。


例えば、飲食店で言えば
「どこどこの店が凄く流行っている」のは、何故❓
「何で、あの店には女性客が多いの❓」
「あの立地で何故あんなにお客さんが来るの❓」

これもアンテナを張る人である。


何の為にアンテナを張るのか❓




自分の為にやろ⁉️
(生きていく為の知恵だ)




いつかは「独立」

考える人には、過去の経験が全て。

感じる人は、これからの事や現状を理解する能力がある。



いわゆる「現状分析力」と「未来予想図」だ。
(ドリカムみたいにね❣️)



過去の経験に頼る人は、過去だけ見続ければいい(およそ未来はないな)




いつものように、前振りが長い場合は大概、酔った時に書き込んでいる…。






ついに3月28日(木)
大安吉日に【茶屋町marry】のオープンが決定‼️

この場所は、私が「ビビっときた」
(聖子ちゃん、パクってごめんね🙏)



場所は、阪急茶屋町駅から徒歩で2分の「旧 古書の街」跡だ‼️
(以下の写真は、イメージ含みます…)



入り口は、左右2ヶ所あり


右手から入ると「和」のイメージ




そして左手から入ると「洋」のイメージだ。

本日(2月14日)バレンタイン
工事の現場に行って来た。













もちろん日本酒を最優先に考える店やけど、まず間口を広げていく。
(絞るのは、後でいい)


日本酒ファンだけじゃなく、そうじゃない人を育てて日本酒ファンにする計画だ。




入り口を狭める日本酒の店は、やらない。




そう、日本酒を広げる店をスタートする。


今しばらく「雄町」下さいませ。






コメント   この記事についてブログを書く
« 平井牛と日本酒を楽しむ会 | トップ | 「元祖いなせや」と「いなせ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事