馳走いなせや奮闘中!

京都柳馬場三条上ルの町屋料理屋「馳走いなせや」
オーナー(通称大将)の酒と食の奮戦記。

佐々木酒造の会(二部制)

2019年03月11日 | Weblog

これは「サンドブラスト」(やったと思う…。間違えてたらすんません)と言う技法で、カッティングシートを使って直接グラスを削る作業を施して頂いた【茶屋町marry】のショットグラスだ。


ガラスの削る部分だけを極細のカッターでカットして、それ以外の部分を超微粒子の砂で削る根気のいる作業だ。


赤も可愛いな。

昔からの付き合いがある「長谷川渚」(通称なぎちゃん)に120個ものオーダーをしたけど、間に合うかな?


と、思っていたら「できましたよ〜〜❣️」とのメール📩

ありがたや〜〜! 予定より一週間も早い完成となった。

次は、ガラス皿にお願いしようかな。

茶屋町marryも3月28日の開店を控え、やっと10日に諸検査を終え店舗引渡しの日が来た。
(当日は、佐々木酒造の会だったので写真だけアップしよう)




やっぱ、さらの店舗は気持ちいいな(前面歩道は、まだ工事中やけど…)

おかげで、社員やアルバイトもそれなりに集まり(特にアルバイトの応募は70人を超えた‼️)

今から研修や試作で、真理もいっぱいいっぱいになるんやろな。







さて茶屋町marryの進展状況は、こんなもんにして。


本題の【佐々木酒造の会】の1日をば


よしよし、ちゃんと佐々木酒造の会と書いてある(ランチのメニューの前に張るのも微妙やけどな)


当日は、あいにくの雨ですけど
昼の部は、満席となり一階と二階席で50人ぐらいのお客様で賑わった。


こちらが、佐々木酒造さんの日本酒に合わせた“馳走いなせや会席料理”

では、恒例の写真










そしてお酒は


今回、馳走いなせや初の佐々木酒造の会やけど

別に何かしら問題があった訳じゃなく
そもそも佐々木酒造さんは、生原酒をそれほど販売されてなかっただけで私と佐々木社長は昔から仲良くさせて頂いております。
(ここ誤解のないように…)

今期は、市販の生原酒も出されるという話を聞いたので酒蔵にお邪魔して酒の会が成立したという展開だ。




昼の部は佐々木社長と田中杜氏が参加(佐々木社長は、1時から予定があったので早目の退席)

普段寡黙な田中杜氏も、もともとは佐々木酒造の営業をされてたという方なので、エンジンかかると勝負⁉️は、早い。

そんな田中杜氏は「営業してた時に蔵仕事も手伝うようになり、こちらが自分にあってるなぁと思ったんです」
からの杜氏歴9年‼️



ほんまに腰の低い謙虚な方です。


佐々木酒造さんは前期は金賞こそ逃したものの
その前には3年連続で品評会「金賞受賞」されたのも田中杜氏ありきだと佐々木社長も言われていた。


お客さんはと言えば

こちらは、昼の部(一階席)


そして、まったり夜の部(こちらも一階席。って言うか夜の部は一階席限定やけど)




夜の部にフル稼働して頂きました「佐々木社長」

さすがに喋りは、絶品❣️
お客さんへの細やかな気配りも素晴らしいし…



あぁ〜〜。俺もこれぐらい出来ればなぁ。




なにより客席に座ると飲んでしまうのも、今年からは控えなあかんな…。


てなわけで、無事【佐々木酒造の会】(二部制)
終了〜〜〜〜‼️



佐々木社長とお約束のツーショットを撮って
「どこか一軒行きますか?」とお誘いしたら
「いや、多分高田さん結構疲れているでしょう?又今度にしましょう」
と、大人なお答え。。。。。


あ〜〜。ほんま大人な佐々木社長。

誠にありがとうこざいました。今度とも宜しくお願い申し上げます🤲



さて、ここで姉妹店「坊や」の春鹿の会のご案内

【春鹿の会開催】

4月7日 17:00〜
「坊や」(旧んまい)にて奈良の春鹿さんの会を開催致します。今西社長もゲスト参加され、坊やのお料理と春鹿の内緒⁉️の日本酒もまじえ、ワイワイガヤガヤと楽しみましょう!

会費 7,000円

限定 35名様

予約は 075-255-1406(担当土方まで)


どうぞ宜しくお願い致します!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 感謝・還暦‼️ | トップ | 半端ない。。。。。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事