馳走いなせや奮闘中!

京都柳馬場三条上ルの町屋料理屋「馳走いなせや」
オーナー(通称大将)の酒と食の奮戦記。

本日(7月1日)より祇園祭り突入‼️

2018年07月01日 | Weblog
先程日付変わって7月1日となり
1ヶ月の京都の祭り「祇園祭り」が始まった❗️





ちょうど私のブログ
「馳走いなせや奮闘中」も10年を重ねて、ブログ開設より3,650日となります。

ほんま、早いもんやな。

昨夜は、知り合いの店で「水無月」をよばれ
今年の半分を締めくくり、今はサッカーの試合を見てメッシ最後⁈のワールドカップを観戦した。


6月30日は!


半年のお祓いをする「夏越しの大祓」なる、行事があり「茅の輪くぐり」なる身を清める習わしもある。



しかし何か、バタバタしているうちに1年の半分が過ぎてしまった。。。





さて「祇園祭り」と言えば



ムッシムッシの京都の代名詞❓でもある。
(メッシメッシじゃない…)

蒸し蒸しの意味ね。

関東甲信越では、6月の「梅雨明け宣言」も出たけど どっこい京都は、そうは行かない気がするのは私含めて「京都人」はそう思っているはずだ。
(明けたらごめん🙏)





そうそう
ちょっと前の事だが

姉妹店「んまい」の真理を連れて、大阪の新世界に繰り出した。

目的は、来年3月の大阪茶屋町出店の視察だ。

まだ未定やけど、茶屋町店では
「マザー牧場」のソフトクリームも販売する。


「え〜〜〜〜!何でソフトクリーム❓」


と言う声が聞こえてくるけど…。



茶屋町は、ほんまに若者…⁉️が多い。
もちろん目指すのは「日本酒に特化した店」だが、ファサード含め「いかにも日本酒店」に彼らは反応するんやろか❓


それならば
彼ら(彼女たち)が、足を止めてくれる「仕掛け」が必要だ。


簡単に思いついたのが「スイーツ」だが、ジェラートとなると結構な間口の広さが必要。
(もはや日本酒に特化した店じゃなくなる…)


そこから、様々な雑誌やネットで「若者たちの流行り」を調べた。


例えば
「ふわふわパンケーキ」
あかん!これは店の作業が増えるので却下。

「パフェ」も、思った以上に作業場が必要となる。

「アイスクリーム」「かき氷」も候補に入れたけど、冬場には消費が極端に下がるらしい。

さらに
日本酒をー20°ぐらい凍らせて「かき氷」も試作したけど、驚くほど美味しくなかった。。。

あれこそ考えるうち




あっ‼️
「ソフトクリーム」やろ❣️
🍦

ベースとなる「ソフトクリーム」に日本酒を入れた「大人のソフトクリーム」‼️


もちろん「日本酒に特化した店」なので、日本酒を入れない訳はない。

さっそくメーカーさんと交渉。
「日本酒を入れたことはないのですが、可能です!」
「ただ、今のベースだと粘度が下がるのでちょっとベースを変更して試作してみましょう」と、ありがたいお言葉。

さらに私
「季節や月毎に違う日本酒入れたいのですが⁉️」


「それも可能です。定期的に完全に分解清掃するので、そのタイミングで日本酒を変えてもらえば大丈夫です」



「後、ソフトクリームメーカーのことなんですけど。。。」


「あっ。だいたい○○○万円ぐらいですねぇ」


「なんとか、ただにして下さい」


「。。。。。」


「頑張って、1日○○○個は売ります!」


「分かりました。社内会議にかけてみます。ただ、マザー牧場のソフトクリームはどこにでも出す訳じゃないので…」


さて、吉とでるか凶とでるか




だ…。



まさかマザー牧場さんも「ただで下さい」と言われたのは初めてだと。



今月中には、千葉県にある「マザー牧場」さんに行くつもりです。



さて最後に
せっかくの新世界で、楽しかった写真をアップします‼️












今日からが、夏本番!
皆様、体調にはくれぐれもお気をつけて下さい。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 第30回 吟醸酒を楽しむ会 そ... | トップ | 大雨の後 梅雨明け »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事