馳走いなせや奮闘中!

京都柳馬場三条上ルの町屋料理屋「馳走いなせや」
オーナー(通称大将)の酒と食の奮戦記。

玉川(木下酒造)訪問

2018年11月23日 | Weblog

さて、今期初の酒蔵訪問は
京都府久美浜町の木下酒造さん。お邪魔したのは11月14日だ。
当然、事前に連絡してからの訪問(最近では、いきなり蔵に来て見学したいと言ってくる方々が多いので要注意!)


木下酒造さんとは、杜氏のフィリップ・ハーパーが従事してからのお付き合いなので
かれこれ12年になろうか。
(フィリップ・ハーパーとは、25年ぐらいだったと思う…)

馳走いなせやの個室の蔵で「こんなデザインのロゴを考えています」と、木下社長と社長の義理のお兄さん そしてフィリップ・ハーパーの3人が打合せしてるところに何故か私も座ってたな。


私は、日本酒のうんちくより「ストーリー」を重んじる。何故なら、日本酒の知識だけで言えば造り手(杜氏)さんにかなうわけないからだ。
なまじ、知識を振りかざしても実際には僅か1年(一期)も従事した訳じゃない人が、さも造り手のように語る姿はあまり好きではない。



「餅は餅屋」


日本酒ファンの方々には、ブーイング👎されるかもしれないな…。
ただ、ファンの方にもファンの方の役割がある。

同じように飲食店にも飲食店の役割、酒屋さんにも酒屋さんの役割と言ったように、それぞれの立場によって役割って変わるもんだと思う。



「お互いの領域を尊重する」



簡単なようで、実際には「公私混同」される人が多い。「わかってるわかってる」と言うけど、いやいや それちゃうやろ…。みたいな。

造り酒屋さんは「問屋さん」「酒屋さん」「飲食店」「一般ユーザー」と多方面の方々に気を遣って、営業(経営)をされてるのがほんまに凄いと思う。順列で言えば、私達「飲食店」は「一般ユーザー」の方々だけに気を遣っていればいいので、楽っちゃ〜楽かも知れんな。


こんな前振りをしておきながら
今回、玉川を訪問した訳は。来春開業の「茶屋町marry」の件。
私の店舗では「メイン蔵」を必ず作る。簡単に言えば、ビールは、どこのメーカー❓みたいな感じで、例えば「日本酒を燗にして」や「冷酒ちょうだい」てなやり取りがあったら、黙って出すのが「メイン蔵」の日本酒だ。
いわば店の看板商品となる!

既に、玉川の木下社長にはご承諾頂いておりますが 改めての挨拶と茶屋町marryの社長に就任する現在姉妹店んまいの店長真理の年明けから蔵仕事手伝いのお願い。






「今、公私混同するなやと言ったやろ」と言われるかもしれないが。
ちょっとニアンスが違うのは
今後、玉川をメイン蔵に据えるにあたり真理の関わりが重要となる。
いわゆる半端な知識や思いじゃ、玉川を販売するにあたっても失礼だと蔵仕事を15〜20日経験させることにしたい。
蔵元や杜氏さんの思いや考え方をきちんと理解して物語を語れる真理社長になって欲しい訳。

僅か20日間ほどで、どこまで語れるかは真理しだいでもあるが…。




「生産者の元を訪ね、思いを強くする」



これが、遠回りやけど俺流。知らない物は、売らない。説明出来ない物は、置かない。生産者の方の思いも一緒に届ける。だ。
(一部、想定の範囲外もあるが。。。。)


5年ほど前に「丹後の地酒祭り」と言うイベントがあり燗番娘コンテストで優勝した真理

(優勝の発表の瞬間に弾ける真理…。ちょっと恥ずかしかった)
懐かしい写真やな。この時のお酒が玉川❗️
木下社長も真理をすっかり気に入ってもらえ、今回の件も「真理ちゃん来るなら、僕の部屋開けるし使っていいよ」と快諾を得た。
(ほんま特別扱いやな)
木下社長、ありがとうございます!

そして、さらにお願いが「玉川の日本酒を使ったソフトクリーム」を販売したいのですけど。

実は、木下酒造では既にソフトクリームを販売されている。普通のソフトクリームに玉川の「タイムマシン」と言う銘柄のお酒をかけて出すスタイルだ。
茶屋町marryで出すのは、玉川の日本酒を練りこんだスタイル。アルコール分もしっかり残るので、20未満お断り!と、なる。

まだ、修正の余地はあるけど千葉のマザー牧場さんで配合を調整中だ。ポスターのイメージは



濃厚なソフトクリームに濃厚な玉川。試食をして、かなりのクオリティの高さを感じた。

せっかく蔵に行ったので、フィリップに少し案内をしてもらったけど考えたら真理も4年ぶりぐらいの訪問と言うし
「前回来たときと、全く違う❗️」と驚く。

酒造りの前は、フィリップの腹もヤバいな…。

後ろは、同行した女将の直美。

酒母(酛)

搾り(藪田)も、完全な冷蔵室。

今年、数年ぶりに復活する「祝の山廃」

最後にフィリップと真理、そして名物❓玉川猫のスリーショットだがフィリップ自身、この猫と一緒に写真に収まるのは初めてらしい…。


過去に蔵人体験や素人を現場に一切入れたことがない木下酒造で、真理のキャラ❓は発揮できるのか(いやキャラ関係ないか…)
一皮剥けて、帰ってくる真理に期待する。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 丹波牧場「平井牛」のコース... | トップ | 馳走いなせや酒の会「千代酒... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事