馳走いなせや奮闘中!

京都柳馬場三条上ルの町屋料理屋「馳走いなせや」
オーナー(通称大将)の酒と食の奮戦記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ほんまご無沙汰すんません…。

2019年11月08日 | Weblog
ずいぶん久しぶりの更新だ。

実は、gooのIDやパスワードを忘れてしまいそこからついつい放ったらかししてしまったのが原因である…。

先日、書類の整理をしていたら
様々なログインパスワードやURL等、うじゃうじゃ出てきた。。。。。

ほんま還暦になると、あれこれ物忘れも多くなるな。もちろん、ならない方も多いと思うが。



さて、この場を借りて皆さまにご報告があります!

(株)いなせやが運営する
「坊屋」を年内(正式には1/5日)にて閉店することになりました。
坊屋をご存知ない方は「んまい」と言えばお分かりでしょうか❓
正式には「んまい」として17年営業。
「坊屋」としては、1年の営業です。

私にとっても馳走いなせやの原点である店舗の閉店に心痛みますが、昨今の人手不足や人件費・材料費等の高騰。
それに見合う売上げが、確保出来なかったのが原因です。

長年ご愛顧いただき誠にありがとうこざいました!
これからは「馳走いなせや」と「茶屋町marry」を基盤として頑張っていきたいと思いますので、引き続き宜しくお願い申し上げます。



そして、更に


こちらは、旧「魚戸いなせや」の後を継いだ「手水や」さん。
こちらの店主 監督こと永田は、12/1日より茶屋町marryの料理人として現場に入ってくれる運びとなりました。

もちろん、こんな格好では働きませんけど。。。



人生いろいろ(by島倉千代子)


ほんま、いろんな事があります。

過去にも様々なことがありましたけど、これも修行だと思っています。
むしろ、監督(永田)が茶屋町に来てくれる事。
長年閉店を考えていた「んまい」が「坊屋」に変わり閉店を決断した事。

これは、次を考えるいい機会と思います。



「過去と人は変わらない」


しかし


「未来と自分は変えられる」



誰の言葉か忘れましたけど、まさにその通りですね。

還暦と言う節目でスタートした茶屋町marry

「坊屋」の閉店

「手水や」の閉店

「手水や」の永田が茶屋町marryで料理


今年は(まだ終わってへんけど…)
ほんまいろんな事が多い年でしたが、ちょっとおまけで。

手水やを手放すことになり、この物件を引き継いでくれる方を募集中‼️
※ ご興味がある方は、12/1日以降直接店舗075 708 7319にお電話下さいませ)

それまでは、私がこそこそ営業する予定です。
(内容はまだ未定ですが、おそらく小鍋と日本酒の店かなぁ)
「酒と小鍋といなせやと」っていう名前は、どやろ。。。。。


営業日は、今後体力(リハビリ状態なので)と相談して決定・報告致しますので
どうぞよろしくお願い申し上げます🤲


しっかし…。人生波乱万丈や〜〜‼️
コメント   この記事についてブログを書く
« 馳走いなせや酒の会「2019・... | トップ | またもや…。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事