Go Go Kawasaki's

~のんびり聖とやんちゃごー君の成長記録、我が家のレース奮闘記・ママの独り言など~

深井 マウンテンマラソン

2006-02-26 23:08:42 | レース参戦記など
2月26日(日)天気
 今日はマウンテンマラソンシリーズの最終回。深井(サムツェン)でした。
このコースはすごく長くて、フルは37km、ハーフでも22kmもあります。
本当はフルに出たかったのですが、もともと体調があまりよくなかったのですが、昨日のボートで風邪をひいてさらに悪化・・・・ということで、今日は弱気のママ。ハーフに出場しました。
 パパもこの前のHASHで足を痛めたのがまだ治らずに、ハーフに出場。

しかし、今日はついていない日でした。
朝から準備が遅いせいで、乗るはずだったバスが目の前で行ってしまってパパと朝からプチ喧嘩。
レース中はめちゃくちゃ調子悪くて、足が全然動かず、ペース全く上がらず、
しかも、最後の方でコース間違えて違うところいっちゃったし。
入賞を逃し、最悪の6位。えーーーん・・・・・・・
なんてついていない日なんだ。

でもレース中に印象的だった事。
私とほぼ同じようなペースで走り、何度も抜きつ抜かれつを繰り返しながら、一緒に走っていたチャーニーズの男の人がいました。このひとはレース中もめちゃくちゃ明るくて、ずっとしゃべってるんです。
私と抜きつ抜かれつ、デットヒートしているときも
先に、行っていいよー
キミ、速いねー。
このレース前も出たことあるの??    などなど・・・ずーーとしゃっべています。
調子が悪くて走りに余裕の無い私は、質問に答えるのが精一杯でちょっと無愛想だったかも・・・・。
さらにこの人をすごいなーと思ったのは、
山道ですれ違う人全員に話かけていたこと。
おはよう!
今日はマウンテンマラソンのレースなんだよ
道を譲ってくれてありがとう!     などなど・・・・

ちょうどレースのコースがマウンテンバイクのコースと重なっていて、マウンテンバイクの人もたくさんすれ違いました。
歩行者優先(?)でバイクの人は止まって端によって、私達を優先して通してくれるのですが、その人たちにもずーーと彼は
ありがとう!
ありがとう!  とお礼を言いながら走っていました。

彼はすごい!!ってちょっと感動。
ついついレースに必死で余裕もないので「レースだから譲ってもらって当然」「バイクは待って当たり前」なんて思っちゃいますが、1本しかない山道をみんなで共有しているのだから、譲ってもらったら「ありがとう」っていわないといけないですよね。なんかそんな当たり前のことが今までできていなかったかと思うと、恥ずかしーー&反省。
 そして、当たり前の事を改めて気がつかせてくれたこのチャイニースの男の人に感謝
ほんと、見習わないといけません。

↓応援のクリックポンをお願いします!
人気blogランキングも見てね!

この記事についてブログを書く
« ドラゴンボート シーズンイン! | トップ | 最後の »
最近の画像もっと見る

レース参戦記など」カテゴリの最新記事