Go Go Kawasaki's

~のんびり聖とやんちゃごー君の成長記録、我が家のレース奮闘記・ママの独り言など~

最後の

2006-02-27 23:55:21 | 日常の出来事
2月27日(月)天気のち
 今日は私が教えている小学生のお勉強クラスの最後の日でした。
最後だったので、素敵なカードとガーベラのお花↑もらいました。かわいー!
 今までの小学校教師の経験から、「個別指導だし、これくらいの勉強を教えるのなんて簡単簡単!」と思って始めましたが、これがなかなか大変でした。私のクラスに来る子は全員がインターに通う子。日本人学校に通っている子とはちがって、日本語を話す時間は1日のうち、1/4~1/5。そうなると語彙力が全然違ってきます。
 簡単な言葉でもいちいち説明しないといけないし、「百聞は一見にしかず」じゃないけど、絵を描いても、言葉で説明しても、分かってもらうのも難しいものがたくさんあって、大苦労・・・・
  たとえば、「はんぺん」とか「こんにゃく」とか「ちくわ」とか・・・・
こればっかりは食べていないことには、話は始まりません。
しかも、ひらがな・カタカナをやっと覚えたと思ったら、漢字が出てきて、これまたくせ者・・・・・・
一番最初の最初に出てくる漢字は「日」なんですが、これって実は読みがずごく難しい!
「ひ」「にち」「か」「にっ」などなど何通りも読みがあるんです。
子どもの時、私、どうやって覚えたんだろう?苦労したのかなー??
日本人学校に通っていれば、無理に覚えなくても、教科書をはじめあらゆるところに出てくるので、自然に覚えていくんだろうけど、インターに通う子はそうはいきません・・・
週2回、私の所に来て勉強する時間だけが「漢字を勉強する時間」なので、覚えられるはずもなく・・・
訓読みはともかく音読みの熟語の意味とかちんぷんかんぷん?????
算数でも教科書のないインターとは、やり方が日本式とちがうこともあり・・・・・・
いろいろ大変でした。

でも、バイリンガルの子ども達を教えて、私自身もとっても勉強になりました。
バイリンガルについての本をいろいろ読んで、勉強したり、どういう方法がいいのか、いろいろ悩んだり・・・・・
本当にとってもいい経験でした。
みんなをもう教えられなくなってしまうのは、とても淋しい・・・・・
この週2回の時間がなくなって、ちょっと気が抜けてしまうかも・・・
みんなには、これからも英語と日本語で両方のお勉強で本当に大変だとおもいますが、両方ともコツコツ続けて、きれいなバイリンガルになってくれたらなーと思います。
 みんな頑張ってね!