chisaのお菓子日記

レッスンや自宅で作ったお菓子の日記です。

ソレイユ

2009-01-19 22:38:23 | レッスン
今はもうない神戸のドゥーマールのレッスンです。
こちらはは初めて行った時に習ったものです。
フレキシパンを取り扱う会社なのでもちろん使います。
これはドーム型のフレキシパンの中にフロマージュブランのムース。
中には小さめの型のフレキシパンの中に柑橘系のピューレでクーリーを作り冷凍してしのばせてあります。
食べる時には溶けてトロリと出てきます。
底にはジョコンド生地も敷いてあります。
さっぱりとしていて夏向きのムースでした。



上に刺さっている砂糖はオーブンに入れるだけでこんな綺麗な飾りになります。
綺麗ですよね~。






ちなみにこちらはレッスン終了後の無料デモで習ったレアチーズです。
無料デモも魅力の一つでした。

コメント

キッシュロレーヌ・ミルリトン

2009-01-18 21:50:35 | レッスン
メゾンドレザンでキッシュのレッスンを受けてきました。
カリキュラムは一月から始まるそうで、この日のメニューは基礎の一番最初になります。
先生の麺棒でのばす生地とは。
べたつかず、のばしやすく、縮まない。そして美味しい。
確かに今まで習ったサブレもフィユタージュもべたつかない=打ち粉があまり必要でない。でした。
この考え方、実は今までに私の中ではなかったことでした。

キッシュのガルニには手作りベーコンが入ってます。
家でも燻製をしてみたくなりました。



焼けた時はこんな感じです。
周りは後からカットします。



試食はトマトとイチゴのマリネと一緒に。



左にある焼き菓子は同じ生地を使った郷土菓子ミルリトンです。
ミルリトンとはあし笛の事で、フルート奏者がへたくそだとミルリトンと呼ばれるそうです。
フランス語では見習い、駆け出し、へたくそという意味があるらしく、お菓子屋さんでは駆け出しが作っていると先生。(駆け出しでも美味しく作れるのはもちろん)
奥が深いですね~。そしてそんな話を聞くのが好きな私です。
そしてミルリトンはこちらです。
可愛らしいお菓子です。美味しかった!!

コメント

お家のお菓子

2009-01-16 23:24:12 | 自宅でのお菓子
久々に自宅で作ったお菓子です。
週に1~3種類はお菓子を作ってます。
夕飯の支度よりお菓子を作っていたいですが、そういうわけにもいきませんよね。

友達に岡山のイチゴを頂いたらすごく果肉がしっかりしていて美味しかったのでイチゴロールにしました。
ジェノワーズの生地はしっとりきめ細かくできました♪



こちらは辻利の抹茶で抹茶ロールです。
レシピは津田陽子さんの「くるくるロールケーキ」で。





マロンのババロア。
長いお菓子を載せるお気に入りのお皿を見つけたいと思う今日この頃です。



コメント (2)

ガレットブルトンヌ

2009-01-14 22:53:41 | レッスン
マドレーヌの記事の続きです。
ブルターニュ地方のお菓子ガレットブルトンヌ(ガトー・ブルトン)です。
塩味がして美味しいですよね~。
私は新婚旅行で行ったモンサンミッシェルで買って食べたのが思い出にあります♪
真ん中がガレットブルトンヌ。
サブラージュしてフレゼして作ってあります。



配合はそのままで卵を一つ増やすとこんなお菓子になります。
こちらも大きく焼いてありますがガトーブルトンです。
こちらはバターケーキの作り方で。



こちらはメゾンドレザンで。
アーモンドと胡桃が入ってます。

コメント

エスパスキンゾー ショコラの講習会

2009-01-13 22:41:41 | レッスン
今日はとっても寒い京都でエスパスキンゾーの講習会でした。
先月は息子が前日に熱を出して泣く泣くキャンセルだったので今月は何としても行きたかったのです。
今日は名古屋でお菓子教室をされているminmiさんも一緒です♪
お友達と行くと楽しさも二倍です!!

テンパリングは大理石を使った方法(タブラージュ法)とシード法です。
タブラージュ法では初めのチョコレートを溶かすのを電子レンジで行いました。

面白かったのはシェフが作った保温器?
これです!!




冷めたらドライヤーた電気で暖め・・・。



出来たのは柚子、レクタンギュール、マンディアンパッションバナナ。
一番気になったパションバナナは試食はなかったのですがその他はお土産も頂きました。
グルニエドールで作られた柚子のコンフィも買って何作ろうかなぁとウキウキ。



今日はディスプレイできるほどの出来ではないそうで写真はなしでした。
ここにチョコレートがならぶ予定でした。
4時間近くの講習会はあっという間でした。
グルニエドールでお菓子を買って、錦市場で買い物をして大阪に帰りました。



コメント

マドレーヌ

2009-01-12 23:39:09 | レッスン
みなさんマドレーヌはどんな作り方してますか?
私が初めて習ったマドレーヌは卵をあわ立てて、泡をつぶして(混ぜる)焼く作り方でした。

その後、アトリエイグレックであまり泡立てない方法でしかもベーキングパウダーなしのマドレーヌを焼きました。
それがこちら。
真ん中はガレットブルトンヌ。
こちらについては次回続きを載せます。



メゾンドレザンでは卵を泡だ立てない方法で焼きました。
ベーキングパウダーは入ってます。
先生によるとマドレーヌは、お土産屋さんが作るお菓子なので誰でも同じように出来るものだそう。
おへそはオーブンの火加減で綺麗に出します。
今回はお味はキャラメル味です。
先生の中では最高ではなく基本なんだそうですが、美味しかったです。
今までに習った配合でもこの作り方で作れるそうなので試してみたいと思っています。



このほか抹茶のフィナシェとウイークエンド(ピンク)。
小型のウィークエンドって初めて見たのですが、小さいものだそうです。
コメント

サランボ&キルッシュクーヘン

2009-01-10 13:18:17 | レッスン
お菓子教室を探していた時に体験で行ったドイツ、ウイーン菓子の教室で習ったお菓子です。
先生はもと辻調の講師だそうです。
ドイツ、ウイーン菓子というのが新鮮で興味はあったのですが、自宅から遠いのとデモのみだったので体験で終わってしまいました。

メニューは「サランボ&エクレール・オ・カフェ」
サランボはキャラメル味のクレーム・パティシエールが入ってます。
表面はパリパリのキャラメルが掛かってます。



こちらは一緒に習った「キルッシュクーヘン」です。
生のアメリカンチェリーを入れて焼いています。
生地には削ったチョコも入ってすごく美味しかったです。
見た目より手が込んでて、底にはクッキー生地に近い生地を敷いてジャムも塗ってあります。
とっても気に入ったのでチェリーの季節には一度は作ります。
このお菓子が気に入って入会するかすごく迷いました。



チェリーの種はこんな感じで取り除いてました。

コメント

シュークリーム

2009-01-09 12:58:51 | レッスン
前回の続きでシューです。
アトリエイグレックのレッスンで先生が焼いたシューはとっても美しかったです。

とってもまんまる。
クリームはパティシエール&シャンティでクレーム・ディプロマットとパティシエール&バターでクレーム・ムスリエンヌでした。

他にエクレアでカフェとショコラ。シュケット。
どれも大好きです♪





ちなみにこちらはスイートアニバーサリーでのシューのレッスン。
こちらも発酵バターを少し入れたクレームディプロマットで美味しかったです。

コメント (2)

パリブレスト

2009-01-08 23:06:45 | レッスン
パリブレストです。
パリ~ブレスト間の自転車競技にちなんでいるのは有名ですよね♪
パリニースなんてお菓子もあるそうで中はシブーストクリームだそうです。

こちらの写真はある教室での体験レッスンで習ったものです。
セルクルで焼いているのでワイルドな感じに仕上がってます。
焼成中に傾いた感じに焼けてしまったりするので仕上げに苦労する場合があるかもしれませんが面白いですよね?
中はプラリネ風味のパティシエール入りバタークリームです。
とっても美味しかったので何度も作りました。



こちらはアトリエイグレックで習ったパリブレストです。

可愛らしいですよね。



次回はこの時アトリエイグレックで習ったとっても綺麗なシュークリームを載せたいと思います。
コメント

キャラメルラムレーズン

2009-01-07 22:15:05 | レッスン



来月はキャラメルラムレーズンのお菓子です。
スイートアニバーサリーの先生に初めて聞いたときは焼き菓子かと思いました。
当日レッスンに行ったら「バタークリームよ♪」と先生。
カロリー高そうと思いながら完成したお菓子は軽くて食べ過ぎそうで怖かったです。
ちなみにバタークリームはパティシエールが入ったものです。
お持ち帰りが大きかったのでお友達数人に食べてもらいました。
自宅でも作ってみたいけど、消費するのが大変そうでなかなかできません。

こちらは私が作ったお持ち帰り用のケーキです♪


試食は毎回デセール形式です。
添えられているアイスクリームが美味しい♪さすがシェフ。
日本紅茶協会のティーインストラクターも取得されていてお茶もいつも美味しいです。

先生のレッスンは女性らしい清潔な教室に、細やかな気配りがあって、お菓子はいつもセンスが良く味は一ひねりがあって毎回感激してしまいます。




コメント (2)