小さな美術館’s blog

埼玉県日高市清流にある油彩画と切り絵のギャラリー「小さな美術館」の日常を記録してみました。

産みの苦しみ

2019-07-22 17:08:53 | 日記
この度、喫緊の展覧会(独楽展・8月11日から14日)に出品するためM80号を制作。ほぼ1ヶ月あまりを費やし完成。出来上がりは我ながらうまくいったと思う。珍しく夫も褒めてくれた。



ところがこの作品ったら、本当に泣かせてくれた。下絵からカッティングまではまあスムーズに仕事は進み、今年は「徹底的に切る」のココロも大変だったけど全うし、いい感じで作業を終えた。
ところが。ところが定着作業の肝心な時に大失敗。接着面同士をくっつけてしまうという大失態をやらかしてしまった。
こんな風にぐちゃぐちゃになってこんがらかってしまい、裏も表も下絵と本体もわからなくしてしまった。

途中、何度くしゃくしゃにしてゴミ箱に投げ捨てようとしたことか。だけど今回はあらかじめ黒の和紙3枚にシルバーのグラデーションを施してある。ダメにしたら、ダメなのよ。切り直しはできない。


泣きの涙でかなりの時間を費やしやっと何とかここまでたどり着く。


中腰の作業で腰がパンパンになったけど、やっとここまでこぎつける。何とか先が見えてきた。

以上の作業でほぼ2日は費やした。もう、泣きたいを通り越し頭の中ではなぜかネコ踏んじゃったのメロディーが鳴りっ放し。無心というよりは放心状態の時ってこんなかも。

そして最初の画像に戻る。しつこいけどもう一度。


久々に産みの苦しみを、半泣きで味わったのでありました。


コメント   この記事についてブログを書く
« やっと咲いた! | トップ | 真夏の展覧会2つ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事