生活管理・日用品ブログ

増田カイロの臨床における生活指導内容。NAET施術と併用して弱アルカリ体質を維持しましょう。

アイスシルク マスク

2020-05-24 | 顔、体の日用品
今年はマスクをしながら夏を迎えるかもしれないという、超・酸欠の予感がものすごくします。
でも、決して無理はすべきではないと思いますので、どうか苦しくなったらマスクは外してくださいね。
「マスク着用していない方の入店お断り」のお店に行ったらつけるようにしましょう。

酸欠の時期、それは梅雨が近いからです。梅雨は酸欠度がぐーんと上がる時期です。
雨の中マスクしていたら「酸欠」などという生易しいものではなく、水滴がマスクについて空気穴を埋めてしまい、息ができなくなりますのでくれぐれもご注意ください。
(雨の日カッパ姿で自転車に乗っていて、うっかりマスクを外し忘れてしまい息ができなくなりかけた桐井が警告しています)

斉藤先生が買った「アイスシルク」という素材でできたマスクがあります。
「ひまわり雑貨屋」(楽天)で購入できます(^▽^)/
https://item.rakuten.co.jp/himawarizakkaya/kkz2278-20200407/

↑まずは3枚セットをご購入。洗い替えができます。

このマスクは、今私がモニターでつけております。

1枚300円で、何回も洗えます。
つけた感じとしては、肌に触れた部分が冷たさを感じますので、息を吸ったときにマスクが当たっているところが涼しいです。
息苦しさはほとんどありません。
「ユニ・チャーム超立体 花粉・ウイルス スタンダード用」くらいの着け心地です
(普段超立体マスクを使っている人でないとわからないですね(-_-;))

これなら、いつもより厳しい予感(マスク着用義務有りかもという意味で)のこの夏も、マスクを着けながら過ごすことができるのではないかと、思い始めているところです。

※使いたい人は「自分に合っているか」(アレルギーの有無)チェックしてからご購入ください。
※最終的に使用する・しないは各自チェックしてから決めてください。(自分の筋力検査に自信のない方は、施術時にお問い合わせください)
※使用して不快感があればすぐに使用を中止してください。
桐井記


この記事についてブログを書く
« 羊水塩 | トップ | キダチアロエ(粒) »
最新の画像もっと見る

顔、体の日用品」カテゴリの最新記事