西園寺由利の長唄って何だ!

長唄を知識として楽しんでもらいたい。
軽いエッセイを綴ります。

外記猿

2010-03-31 | 長唄の歌詞を遊ぶ (c) y.saionji
35-「外記猿」(1824・文政7年)

大坂瓦屋橋の質屋、「油屋」の一人娘、お染は
親類同然の同業者、「山家屋」の一番息子に嫁入りする身。

ところが、油屋の丁稚、久松と深い仲になり、お腹に子が。
それに気づいたのが、こともあろうに書き入れ時の大晦日。
怒った主は久松を土蔵に放り込み、仕事疲れで寝入ってしまった。

その時を待ちかねていたお染は、
そっと部屋を抜け出し、久松のところへ。

所詮この世で添われぬなら、来世で夫婦にと、お染は覚悟の白無垢姿。
倉の扉は開くよしもなく、戸口の内と外とで二世を契り、
互いの名を呼び合うのを合図に、お染は喉をつき、久松は首を吊って死んだ。

明け行く空に、「可愛い、可愛い」と烏の声が響く。
お染十六、久松十四の若い若い心中だ。

この事件はすぐさま瓦版となり、歌祭文(うたさいもん・門付芸の一種)の恰好のネタとなって、
浪速中はおろか三都に伝播した。


『是は浪花に浮き名も高き
 瓦橋とや油屋の
 一人娘にお染とて
 歳も二八の恋ざかり
 内の子飼いの久松と
 忍び忍びに寝油を
 親たち夢にも白絞り
 さあ 浮き名の立つは絵草紙へ』

二八は九九で、十六となる。
屋号が油屋のせいか、祭文作者は忍び寝を「寝油」などと茶化す。
親は夢にも知らない、も「白絞り」(しらしぼり・白胡麻からとった胡麻油)と洒落る。

この曲は、猿廻しの風俗を描いたもので、
猿が「お染久松」の芸を見せるという部分。

 〓 〓 〓

tea breaku・海中百景
photo by 和尚
コメント

福助

2010-03-30 | 長唄の歌詞を遊ぶ (c) y.saionji
34ー「福助」(1823・文政6年)

皆様ご存知の福助さん、
あれはもともと京伏見の、陶人形が始まりで、
子供のおもちゃとして、江戸に入った。

頭の大きい姿が、なんとなく布袋さんに似ている所から、
どこかの粋人が”福が叶う”とこじつけて、”叶福助”と名付けて、お多福人形と一緒に
正月の縁起物として売り出した。

当初はそれほどでもなかったらしいのだが、文化元年になって俄に福助ブームが来た。
茶屋や遊女屋、商売屋などがこぞって福助を買い求め、店先や神棚に飾り、
「福よ来い」と祈りはじめた。
そして幾星霜を経て、ついに福助さんは商売繁盛の福の神になった、というわけだ。

その福助を、桜田治助(2世)が坂東三津五郎(3代目)の五変化舞踊に書いた。

『皆人の 福寿増長守り神
 縁起もよしや 吉原道
 皆様御存知 雷門の片辺り
 年も久しき亀山と
 誰が夕日影 朝参り
 日がな一日 定見世に
 飛んだり跳ねたり変わったり』

●皆様方の、福寿増長の守り神、福助。
 縁起も良い良い、吉原への通り道、雷門をちょいとそれた場所にある玩具屋亀山。
 亀の甲より年の功、先祖代々ここに見世を出させていただいております。
 誰がいったのでござんしょうねえ、おもちゃは亀山と。
 観音様への朝参り、夕参り、のお客様が通る店先には、
 飛んだり、跳ねたり、変身したりするおもちゃがたんと並んでおりますよ。

この曲は、三津五郎の舞踊曲であると同時に、
亀山の宣伝ソングでもあるというのが面白い。
実際この頃は宣伝ソングの流行った時代ではある。

 〓 〓 〓

tea breaku・海中百景
photo by 和尚
コメント

まかしょ

2010-03-29 | 長唄の歌詞を遊ぶ (c) y.saionji
33ー「まかしょ」その3

『屏風の外に新造が
 祭りも知らず 寝の権現
 櫺子の隙間 洩る風は
 遣手に忍ぶ空き部屋の
 小隅に誰を松の尾明神
 地色は坂本山王の
 二十一二がか客取り盛り
 間夫は人目を関明神
 奇妙頂来さんげさんげ』


●屏風の向こうでは新造が、姉さん女郎のお茂りもかまわず寝入っている。
 張り見世の格子先に風が吹き込みむ夜中、遣手婆アの目を盗み、
 空き部屋の隅で女郎が密かに待つのは、土地の情人、坂本はん。
 二十一二才が一番の稼ぎ時、間夫は人目を避けて来る。
 南無阿弥陀仏、なんまいだ。

新造とは、遊女の妹分のこと。
姉さん女郎の世話をしながら、太夫をめざす。
禿から段階を踏んで新造になる者もいれば、
十五、六で年奉公に出て、いきなり新造からスタートする者もいる。

いやな客の相手もしなければいけない遊女の、
勤めの憂さをはらすのが、間夫といわれる情人。
地色も間夫は間夫だが、その土地に住んでいる、いわゆるすぐに間に合う近場の男。

滋賀県大津の坂本に、日吉大社(山王神社)がある。
全国、日吉・日枝・山王神社の総本宮であり、二十二社の一。
二十二社は皇城鎮守の神として、おもに畿内から選ばれた神社のこと。
京都にある松の尾明神(松尾大社)も二十二社の一。

 〓 〓 〓

tea breaku・海中百景
photo by 和尚
コメント

まかしょ

2010-03-28 | 長唄の歌詞を遊ぶ (c) y.saionji
32ー「まかしょ」その2


そして、願人坊の定番芸『歌祭文」を歴代治助の独壇場、
吉原の客と女郎の機微で綴る。
しかも”神社づくし”という、極め付きの悪洒落で。

『奇妙頂来来敬って申す
 それ日本の神々は
 伊勢に内外の二柱 
 夫婦妹背の盃も
 済んで初回の床浦明神
 哀愍納受一誦禮拝』

●不調法ながら、敬って申し上げる。
 そもそも日本の神さまは、伊勢神宮の二柱から始まる。
 男女和合のかための盃も済み、初めての床入りを迎えるあなた、
 実に気の毒というか、なんともアーメン。


本来は、”帰命頂来”と書いて仏に帰依することをいうのだが、
それを、けったいな事の意の”奇妙”を充てて茶化す。

実際遊女と遊ぶ客は、初回の儀式の盃事から、二度目の”裏を返す”宴をへて
やっと”馴染み”になっての床入りになるのだから、ここに来るまでには大変な時間と、金がかかる。
しかも、いざ床入りとなるとまた、”床花”という祝儀を付けねばならぬのだから、
哀愍納受、お気の毒となるわけだ。

 〓 〓 〓

tea breaku・海中百景
photo by 和尚
コメント

まかしょ

2010-03-27 | 長唄の歌詞を遊ぶ (c) y.saionji
31ー「まかしょ」その1(1820・文政3年・中村座)

まかしょ、とは変な題名だが、「撒きましょう」を短縮したもの。
何を撒くかと言えば、千社札のようなものに地口絵を摺ったもの。
例えば、"着たきり雀"だとか、”団子十五”(もちろん三五の洒落)とかの駄洒落を絵にしたもの。

彼らは、芸能法師の末裔のような門付芸人で、願人坊主、まかしょ坊主と呼ばれる。
全身白づくめの装束で、首に提げた下箱から札を取り出し、面白おかしくばらまき歩く。
その札欲しさに子供たちが「まかしょ、まかしょ」と囃し立て、まとわりつくのだ。

願人坊主の世界にも流行りすたりがあるようで、全身赤づくめの半田稲荷(3月23日に記載)
が出てからは、そちらの方がインパクトが強いとみえて、白が消滅。
まかしょ坊主も宗旨替えしたか、その後とんと見かけなくなったとか。

だいたいが飲み助のなまくら坊主だから、桜田治助(2世)は酒の銘づくしと洒落た。

『妙見さんの七ツ梅
 不動のお手に剣菱の
 ぴんと白菊 花筏
 差すと聞いたら 
 思う相手に青っきり』

●妙見菩薩の七つ星、お不動さんの手にはぴんと剣が。
 お供えに白菊と花筏を差しましょか。
 おっと、差すと聞いちゃあたまらねえ、
 あいつにちょっくら会いにいくか。

妙見さんと親しまれる妙見菩薩は、北斗七星を神格化した仏像。
なぜか亀に乗り、北斗七星をいただく。
七ツ梅の蔵本、伊丹木綿屋は甘口全盛の時代に、辛口の七ツ梅を売り出して人気を得た。
その商標が、妙見さんの北斗七星をかたどった七つの丸。
それが梅の花のように見えるところから、七ツ梅とよばれるが、
正式には”星の井”といったそうな。
白菊、花筏ももちろん酒の銘。

青切(あおっきり)とは、酒を一気に飲み干すことの意。

 〓 〓 〓

tea breaku・海中百景
photo by 和尚
コメント