西園寺由利の長唄って何だ!

長唄を知識として楽しんでもらいたい。
軽いエッセイを綴ります。

芸者

2019-01-13 | 浮世絵
これは豊原周延(とよはら ちかのぶ・天保9〜大正元・1838〜1912年)の浮世絵だ。
制作年は明治2(1869)年、タイトルは「春色三十六会席 今戸有明楼」とある。
三味線を弾いている芸者は猿若町のか禄、羽織りを畳んでいるのが同じくかつ汐だ。

   

書き入れは
「楼号に呼ぶ有明桜は かがやくきん波の昔にまさり
 席上に花をそえる唄姫は 小町桜の艶なるにおとらず
 されば三筋の糸桜に 江戸桜の今様そうたえば
 花桜鯛のはまゆきに 塩釜桜のいわくを思う
 きかずよし野の調理の加減に すいて桜の花を散らして
 これはこれはと ほむるもむべなり
 仮名書魯文○調」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 花魁 | トップ | おおさか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

浮世絵」カテゴリの最新記事