中国からふはっ

映画とかドラマとか本とか中国とか。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

蘇州に行った7【食べ物】

2014-08-09 18:04:31 | 中国旅行
旅行と言ったら、きれいな景色を写真で撮る……よりも楽しみにしてるのがグルメ!
そこの名産・名物料理を食べるのが、一番の楽しみだ。
今回も、行く前に高級レストランから屋台まで、ばっちり下調べをしていったつもりだった。

<いつも参考にしている口コミサイト、大衆点評。東京の店もチェックできる>


が、しかし、旅行当日は大変暑く、ウーロン茶を飲んでばかり。
疲れもあり、全く食欲が出なくなってしまった。
それでも何か食べんとあかんと思って、「ちょうど食べる時間に近くにあった小さな店」ばかりに行くことになった。
いわゆる、B級グルメだ。

そこで、今回食べた料理の数々を紹介する。

《ラーメン》



蘇州の麺は細麺だ。
味もあっさりめで、食べやすい。
下の写真のように、麺にのせる具が別のお皿に出てくることが多い。
値段も、私が注文したのは、10元しないものばかりだった。

<でっかいカツと一緒に食べる大排麺>


<ワンタン。蘇州周辺は、ワンタンやショウロンポーが多い>




少ない日数で。2回も食べた。
行った店は、蘇州にいくつかチェーン店がある東呉麺館と、拙政園近くの小さな店・得一鮮麺館。

<東呉面館は、昔ながらの雰囲気を出してます>



《生煎饅頭》



小龍包に似たものを、蒸し焼きしたもの。
外はカリッと、中はジュワーでとても熱い。
中国語では、「しぇんじえんまんとー」と読むけど、私は「ナマイリ」と呼んでいる。

<こんなでかい鉄鍋で焼きます>


具はちょっと甘め。
醤油、黒酢、ラー油等をつけて食べる。
2箇所行ったのだが、ホテルの近くのは結構混んでいて、並んで入った。
私はこれだけしか食べなかったが、ほかのお客さんは、スープと一緒に食べてる人が多かった。

<こんな大盛りを、みんな一人一皿ずつ食べてた>


<大きいテーブルが少しずつあり、相席で食べることになる>


<チェーン店の大阿二生煎>





《臭豆腐》



どこでもあるけど、小腹が空いた時に買ってしまった。
これはどんなものかというと、名前のとおり、とっても臭い。
発酵させた豆腐のことだが、蘇州ではそれを揚げる。
場所によっては調理法が違うらしいが、揚げているためか、そんなに強い匂いがしない気がした。
味は、焼いた厚揚げみたい。

<こーんな店でよく売ってる>



《レンコン団子》



レンコンから取ったでんぷんで作った団子。
ホテルの近くの小さな店で見つけた。

<閉店間際だったので、外観は暗い>


店内は狭く、メニューも少ないが、素朴でさっぱりした味で、体によさそう。

<こんなメニューが揃っています>



《梅花糕と海棠糕》





山塘街の屋台で売ってたもの。
たこ焼きみたいに見えるのが梅花糕、今川焼きみたいに見えるのが海棠糕といいます。

<観光客向けの屋台です>


<値段は一つ5元>


<こちらが梅花糕>


<こういうのが入ってます>


<海棠糕はこちら>


300年の歴史があるそうな。
どちらも、モチモチしている。(2つの違いがわからなかった)
見た目ほど甘くなかったけど、食べにくいし、、正直、うまいのかまずいのか、よく分からん味だった。


《枇杷》



私が住んでいるところでは売ってないので、久しぶりに食べた。
蘇州の名産の一つだそうで、実がなっている木もよく見た。
旅行に行った時がちょうど旬で、道でたくさん売ってた。

<大きいのより、小さい枇杷の方がおいしいそうです>



とまあ、こんな風に歩きながら食べられるようなものばかり食べてた。
写真はないが、ファミマの肉まんも食べた。
次回は、もっとお高い店で、腰を据えていい料理を食べたいものだ。

<蘇州料理の老舗・松鶴楼で再挑戦を狙う>




蘇州に行った1【拙政園】

蘇州に行った2【寒山寺】

蘇州に行った3【虎丘】

蘇州に行った4【山塘街】

蘇州に行った5【街のいろいろ】

蘇州に行った6【ホテル】


にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へにほんブログ村

中国(海外生活・情報) ブログランキングへ
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蘇州に行った6【ホテル】 | トップ | 蘇州に行った番外編【ねこ】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

中国旅行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事