中国 広州で暮らす日々

栃木県から3,000kmの世界 - 中国 広州。『世界は栃木県から半径100km圏内』番外編。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

五羊石像  越秀公園にある広州のシンボル

2010-05-28 21:00:22 | 広州の観光
世界は栃木県から半径100km圏内』の番外編

相変わらず蒸し暑い日が続いている広州です。
この気候も、最初は正直「気持ちが悪い」と思っていましたが、最近はちょっと「気持ちがいい」。
そんな広州から発信するブログ、たまには観光スポットも掲載しないとね。



越秀公園
中華人民共和国広東省広州市越秀区

少し前の週末にハントした観光スポットです。
地下鉄「越秀公園駅」を下車してすぐの場所にある公園です。(入場は無料)。



越秀公園を進んでゆくと、韓国の庭園が出現します。
正面の建物は韓国様式のものだそうです。

栃木ハンターは自称「クォン・サンウ」なので、韓国の懐かしさに引き込まれてしまいました。
(※リアルな見た目にはまったく関係なく、あくまで自称です。)

ここからはひたすら歩きます。
道を間違ったからなのかもしれませんが、すっごく歩きました。
栃木ハンターは「クォン・サンウ」ですが、中身はオジイチャンなのでヘトヘトになりました。

でも見たい!
なにかにつけて登場する広州のシンボルを!

歩き続けること数十分。
心は折れる寸前、命の炎が消えかけたとき、それは姿を現しました。



五羊石像

やっと到着しました!『五羊石像』これが我が町-広州のシンボル。
5匹の羊が群れをなしている石像です。

貧しかったこの広東の地に、それぞれ異なる穀物の種をくわえた5匹の羊を、神様が遣わしたところ、五穀豊穣の豊かな地になったという伝説が言い伝えられています。

この伝説が由来となり、広州市のことをその昔「羊城」と呼んでいたらしい。

「羊城」・・・、そうです。先日栃木ハンターが購入した煙草と同じ名前です。
そしてこの煙草「羊城」には、五羊石像がトレードマークで刻まれているのです。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 東門商店街 北方農家粗狼菜館 | トップ | 新源美食村 で中華を食す! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
你好! (shibata)
2010-05-29 07:46:21
二枚目を見ながら「韓国の建物と同じだな~、そうか、中国の影響だもんね」などと自問自答・・
そうしましたら韓国様式とあって・・・・
>クォン・サンウ・・・???
五羊石像・・・シンボルで大切にされているのですね。
五穀、・・・広州の五穀って?
コメ、ムギ、アワ、ヒエ、・・・なんでしょうね。

食に観光に・・・タフですね~
shibataさんへ (栃木ハンター)
2010-05-29 23:30:02
shibataさん、晩上好!

韓国、いいですよね~。
「クォン・サンウ」は、栃木ハンターが大好きな韓国の俳優です。

こういうシンボルは大切にしてゆきたいものです。
ちなみに我が町、宇都宮のシンボルは・・・。
あの餃子像でしょうか・・・。

どんな形にせよ、大切にしましょうね。
今日も食に観光に文化、タフに行きますよ!

ではでは。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

広州の観光」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事