行道山の紅葉の見頃はあと10日後か ^^

2017-11-11 09:14:11 | Weblog

行道山に行ってきた。
紅葉には少し早いかなと思っていったのだが、まさにその通りだった。

いつもは大岩山の駐車場に車を停めて歩くのだが、この日は直接行道山の駐車場に駐めた。
11:30時をすぎていたがが2.3台の車が駐まっていた。



ここも関東ふれあいの道 ^^




11:50 スタート


いつものことだが浄因寺までの階段はキツイ。
紅葉はほとんどきたいできないので余計にキツイ w






        最初の山門


この山門は山全体に対しての山門だろう。
山全体が信仰の対象だったのだ。

行道山は、足利市北西部にあり、石尊山、剣ヶ峰(大岩山)などを擁する山塊をいう。山麓には行道山浄因寺があり、行基上人開基といわれるこの寺は、関東の高野山とよばれ、栃木県の名勝第一号に指定されている。最高点の石尊山山頂の見晴台からは、360度の展望が楽しめる。春夏秋冬、四季を通じて楽しむことができる。
                                YAMAKEI ONLINE




立派な山号額が懸かっている。




続いてすぐにもう一つの山門。
これは浄因寺の山門。
最初の山門よりは簡素。




う~~~~ん。
紅葉にはほど遠い ><




奥の院である寝釈迦まできた。




寝釈迦様は小さい。
謙虚なので識別が難しいが3体に見える左側の石像の前で寝ていらっしゃる ^^





ここは見晴しがよく安蘇の南端の山々が望める。
ベンチ・テーブルもあるのでここで昼食にする。




 


おじさんが下りてきた。
織姫から歩いてきたのだという。
織姫神社ー両崖山ー大岩山ー行道山 は王道のルート。
足利アルプスとか呼んでいる人たちもいる ^^
吾妻山ー大形山ー鳴神山 を桐生アルプスと呼んでいるのを意識した名前だ ww

浄因寺下まで下りてバスで織姫まで戻るのだという。
生活路線バスアッシーか w
時々足利市街地でみかけるな。
しばらくお話をする。
最終バスは3時だといって下りていった。
今度つかってみようかな ^^


13:20 石尊山見晴(行道山) 着




                    三等三角点


   ふれあいの道~~~~~~ ^^  重いぞ どうやって運んだのかな

東屋裏の神様も元気そう ^^





誰もいない w
全部独り占めだ ^^


     遠く霞んで八王子丘陵  右側は湯殿山かな



   遠くに赤城  中央右は石尊山 深高山  左は湯殿山



    中央 赤雪山 左に仙人ヶ岳  奧に霞んで袈裟丸山 皇海山


ゆっくり遊んだぞ。
そろそろ帰ろうか。
いやいや忘れてた。行道峠側を調べるのが今日のメインの目的だった ww


14:00 行道峠方向へ


     右側に行けば浄因寺(登ってきた道)  直進で行道峠



               P434


桐生側から見たとき台形左斜辺の上に当たる地点にやってきた。
一直線に下っている。高低差100mを超える。
こりゃ登り返しはごめんだ。ここで終了。

ふと横を見るとピンクテープ。
方向から行くと浄因寺に行きそう。
行ってみることにした。



いいかんじ~~~~




いやいや~~~~
岩の上に来た。
切れ落ちている。下の方にピンクテープも見える。
少し下りてみたが、危険。




地図で調べる。浄因寺の真上だ。
高低差100mを転げ落ちていく感じ。
一人の時はヤメタ方がいい。
どこに出るかはだいたい予想できる。
今度は逆に登ってみよう。
撤退 !!!




帰りにもう一二枚。これはこれでイイネ!!






撤退箇所を直進すればこのあたりに転がり落ちてくるはずだ><



暗くなりそう ><
鐘楼を撮るのを忘れてた w




いつもの猫たちがいないなと思っていたら、イターーーー ww
待っててくれたのかい ^^
元気で何よりだ。







猫に見送られて駐車場へ。


次回は行道峠まで行くぞ ^^






カシミール3Dのカシバードのご機嫌がなおった ww

 行道山から望む安蘇の山々     熊さんがいないのはどの山かな ><

         クリックで大きな画像



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 11月9日(木)のつぶやき | トップ | にほんブログ村に登録してみ... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事