バーデン公国の憩いの都(続々々々々)

 
 翌朝、食堂には例によって子供たちが大勢いる。この日は中高生くらいの子たち。東洋人の座っているテーブルには、子供たちは敬遠して、なかなか座ろうとしない。席が埋まってしまってから、ようやく、「ここの席、いいですか?」とやって来る。
 で、私たちの前の席にも、女の子が三人座った。彼女たちはみんな照れ屋なのだが、一旦眼が合うと、眼を逸らしたりはせずに、ハローと挨拶してくる。

 黒い髪の女の子に「いくつ?」と尋ねると、自分の名前を答える。で、いくつか数字をノートに書いて、「13? 14? 15?」と尋ねると、意味を解して、14歳だ、と言う。
 「みんな14歳?」と、部屋を見渡して尋ねると、「アー……」女の子は言葉に窮する。彼女は英語を話せないのだ。

 横で話を聞いていた、金髪の女の子が代わりに答える。
「私たちは14歳だけど、あっちの子たちは17歳。11~17歳の子がいるの」
 こんなふうに、同い歳で英語を話す子と話さない子がいるというのは、それが学校教育の成果ではないからだろう。会話というのはやはり、教育によってよりも、日常のコミュニケーションによってのほうが、はるかに身に付くわけだ。

 彼女たちは朝食を食べ終わると、コーナーにあるパンと野菜とチーズで、手際よくサンドイッチを作る。そのサンドイッチを紙に包んで、果物やお菓子と一緒に紙袋に入れる。これが彼女たちのハイキングのお弁当。
 こんなふうに、11歳の子も17歳の子も、お弁当を作る。一人一つだけ、と注意書きのある籠からこっそりと、ケーキを二つ持っていってしまう子がいる。昼の分のバナナをもう食べている子もいる。

 週末のユースホステルは家族連れも多い。ドイツ人たちはこうやって、週末ごとにヴァンデルンク(Wanderung 小旅行)に出る。

 To be continued...

 画像は、カールスルーエ、動物園の象。

     Previous / Next

     Bear's Paw -ドイツ&オーストリア-
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

バーデン公国の憩いの都(続々々々)

 
 チョコ・クロワッサンを食べた公園には、軍馬に乗った何とか侯の大きなブロンズ像がある。ベンチに座ってパンを食べているあいだ、あーだこーだ言いながらこの像を見ていた。
 で、帰り際、この像のほうへとてくてく歩いて最接近し、さて通り越したとき、軍馬のお尻の真下に、馬のウンコのように、ベタッとお尻を付けて座って本を読んでいた、若い女性がいたことに初めて気づいた。

 こういう人眼を怖じない、ごく当たり前に勉強熱心な女性を、相棒は大いに好む。で、相棒、大きく手を振ってアプローチ。手を振り返してもらって、キャーと喜ぶ。
「待ち合わせ場所にしては、ちょっと変わってるよねえ」
 何度も振り向き、そのたびに手を振り合う。

 ドイツに来た当初は、白人特有の顔立ちやスタイルの人々を、一律に興味を持って眺めたが、さすがにこの頃になると、そうでもなくなる。ドイツ人はみんな白人の顔をしているが、みんながみんな美しいというわけではない。
 同じように、みんながみんな賢そうなわけでもない。そのなかで、本を読んでいる人は万国共通、内面の知性が自然と外に滲み出ている。

 ところで、私たちは大抵ファミリールームを取る。ファミリールームの場合、部屋にはトイレとシャワーが付いている。
 が、今回の部屋にはそれが見当たらない。その代わり、部屋のなかにもう一つ、ドアと同じ鍵で開けるタイプの扉がある。この扉の向こうがトイレとシャワーだった。
 つまり、二つのファミリールームのあいだにレストルームが一つあって、両方の部屋から鍵を開けてレストルームに入るという仕組み。使用していないトイレやシャワーの扉は、やや開けておくというマナー。

 相棒、
「よく映画で、ホテルの向こうの部屋からこっちの部屋に、人が逃げてくるシーンがあるけど、こういう作りになってるからだったんだねえ」と納得する。

 To be continued...

 画像は、カールスルーエ城。

     Previous / Next

     Bear's Paw -ドイツ&オーストリア-
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

バーデン公国の憩いの都(続々々)

 
 チェックインしてから、散歩。街路のカフェでは、ドイツ人たちがのんびり夕べを過ごしている。
 相棒にねだって、アマレットのアイスクリームをゲット。ドイツでは老若男女、ジーパン姿でアイスクリームを食べている。
 そのこと自体は好ましいのだが、その量がハンパじゃない。丸々とした爺さん婆さんたちが、3スクープほど積まれたアイスクリームの他、カステラやナッツ、生クリームがどっさり盛られたもの(これ、一人分)を、ぺちゃくちゃ喋りながら食べている。キレイな若い男女が同じものを食べているのを見ると、つい、彼らの50年後の姿を、その爺さん婆さんたちに見てしまう。

 教会か何かを目指しててくてく歩いたのだが、このカールスルーエという町は、城を中心にして扇状に街路が広がっている。ので、一つ道を間違うと、目的地からどんどん離れていくことになる。
 私たちも道を間違え、無難に元来た道を何度か戻った。ちょっと歩きづらい。

 まだ開いているスーパーを見つけたので、夕食になりそうなものを買いに入る。
 ドイツでは、眼と眼と見交わして微笑み、挨拶する。道すがらでもそうなのだが、店でもそうで、客と店員はハローと挨拶し合う。
 客と店員は、それぞれ客という立場、店員という立場にはあるが、あくまで対等な関係。客は店員を召使のようには扱わないし、店員からサービスを受けて当然、という意識もない。この辺りも、日本とは異なる。

 相棒に、パンが欲しい、と主張すると、「じゃあ、どれがいいのか選びなさい」
 で、店員のおばさんにハローと挨拶してから、ウロウロと選ぶ。ドイツのパンはどれも美味しいし、東洋人にとっては見た目も珍しいので、選ぶのに時間がかかる。おばさんは、そういう事情に納得したふうな顔で、待っていてくれる。
 で結局、甘くない、パンらしいパンを選ぶ。店員のおばさんは、パンを包んでから、
「これ、あなたたちに。持って帰ってお食べなさい」と、二つ余計に、紙の包みを渡してくれた。

 後で公園で食べたそのパンは、どでかいチョコ・クロワッサン。砕いたナッツがこれでもかと入った、アーモンドクリーム入りのチョコレートが、どっさりと詰まっている。う、う、感涙。こんなの見たことも食べたこともないよー。
 でも、このクロワッサン、ちっぽけな胃袋の東洋人には、どでかすぎて、これだけで夕食を終えてしまった。

 To be continued...

 画像は、カールスルーエ、何とか侯の像。

     Previous / Next

     Bear's Paw -ドイツ&オーストリア-
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

バーデン公国の憩いの都(続々)

 
 動物画ばかり集めてある、そして動物のぬいぐるみもわんさといる、1階の子供美術館コーナーまで回って、とうとう5時間も費やした。もうへとへとだよ。

 なのに、別館のオランジュリーまで足を伸ばして、ドイツ表現主義を観る。ようやく観終わって、ヘロヘロしながら、植物園の前のベンチで休憩。
 庭園でノベ~ッと座っていると、赤ちゃんを抱っこした若い、キレイなお母さんがやって来た。わーい、赤ちゃんだ、赤ちゃんだ! と眼で追っていると、物欲しそうな眼差しで東洋人たちが眺めていたからだろう、お母さんがベンチの前で立ち止まる。

 親以外の人が赤ちゃんを可愛がるのは、赤ちゃんの世話でブルーになるお母さんのための、よい気晴らしになる、というのが、相棒の主張。で、立ち止まってくれたお母さんに、「ダルフ・イッヒ(いいですか)?」と尋ねてから、赤ちゃんのプニプニした手を握る。お母さんと同じ黒い髪、青い眼の赤ちゃん。まだたったの5ヶ月。
 やがて赤ちゃんがフニャフニャと愚図り始める。東洋人が怖いのかな? 「ソーリー」と謝ると、お母さんは申し訳なさそうに、「彼女、歩きたがってるんですよ」と弁解して、去っていった。

 向こうのほうのベンチにベビーカーがあって、若い夫君が座っている。夕方のこの時間、日本のサラリーマンなら仕事をしているか、酔っ払っているか、テレビを見ているかなのだが、ドイツではこうやって、パートナーと一緒に公園に散歩に来る。

 まだお座りもできないのに、歩きたいだなんて、気の早い赤ちゃんだねえ。歩くなんて、一年も先の話だよねえ。こう言うと、相棒、呆れたように、
「お母さんに立ち止まらないで、歩いて欲しいって意味でしょ。チマルさんてときどき、おかしなことを言うよねえ」……
 天然ボケというのは、そういうものだ。かたじけない。

 To be continued...

 画像は、カールスルーエ、植物園前の公園。

     Previous / Next

     Bear's Paw -ドイツ&オーストリア-
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

バーデン公国の憩いの都(続)

 
 トラムで美術館近くまで行って、それからカールスルーエ城の庭園で昼食のサンドイッチを食べる。
 バーデンの選帝侯カール・ヴィルヘルムの下に建設されたカールスルーエは、「カールの癒し(安らぎ、憩い)」という意味。その整然とした街並みやふんだんな緑を見ると、なるほど、これが癒しかと感じる。が、庭園自体はあまり造形的ではなく、だだっ広いだけのただの森、といった、瀟洒でない雰囲気。

 カールスルーエ州立美術館も、広くヨーロッパ絵画を所蔵している。もちろん、ドイツ絵画も充実。クラーナハやデューラーなどのルネサンス絵画、シュピッツヴェークなどのビーダーマイヤー絵画、フリードリヒらロマン派、オーファーベックらナザレ派、フォイエルバッハら新古典派、ライブルら写実派、リーバーマンやコリントら印象派、等々。
 気が向いたら相棒に解説を施すのだが、そうでなくても相棒は研究熱心。画家の名前と題名とをいちいち読み、じっくりと絵を観て、その特徴を左脳に記憶する。ので、ドイツに来てからもう何度も登場した画家については、随分と理解してしまっていて、自分のなかの体系的な認識にその画家が位置付くと、キャイキャイと喜ぶ。
 「僕、この画家知ってるよ」、「この絵の描き方、この画家だと思ったんだ」、「うーん、この画家、こんな絵も描くのかあ」云々。

 写実派や印象派と並んで展示されていた、自然主義的な風景画を多く描いていたハンス・トーマの絵を気に入ってしまった相棒。うんうん、それはよかったねえ。でも、トーマって確か、象徴主義の画家だったと思ったけどな……
 ところどころに相棒の苦手な、そうした象徴主義的な絵がかかっていて、首をかしげていた相棒。地階にある、ハンス・トーマのシンボリズムな一室に入って、びっくり仰天していた。

 To be continued...

 画像は、カールスルーエ、宮殿庭園。

     Previous / Next

     Bear's Paw -ドイツ&オーストリア-
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ