CHIKU-CHANの神戸・岩国情報

神戸・岩国の最新情報を紹介していきます。また、最近のキーワード についてメモを作成していきます。

湊川公園の時計塔と神戸タワー on 2018-3-21

2018年03月26日 04時28分59秒 | 神戸情報
2018年3月21日に湊川公園から新開地までを散策した。

湊川公園の南側に今日、写真紹介する時計塔があります。
時計塔の4面に掲示されているパネルも含めて写真紹介します。


上の写真は当日撮影の時計塔


上の写真は2008年8月8日撮影の時計塔


上の写真は時計塔と神戸タワーに関する説明書き

読みづらいと思いますので、以下説明書きより要約引用します。
「かって、新開地は神戸一の繁華街として栄え、その中心湊川公園には繁栄のシンボル
として神戸タワーがそびえたっていました。このタワーからは神戸市内が一望でき、晴れた
日には遠く紀淡あたりまで眺望でき、東洋一だと神戸ぅ子は自慢していました。
湊川公園に神戸タワーを模した時計塔を建設しました。
この時計塔は高さ8mの花崗岩石張・アルミダイキャスト作りで、4個のベル(カリヨン)
が備えつけられ時間がくるとメロディを奏でます。夜間には両側の植え込みから
ライトで時計塔が浮かびあがるようになっています。」

昭和60年(1985)6月15日 神戸兵庫ライオンズクラブ湊川公園活性委員会




上の写真はかってこの地にあった湊川公園のシンボル「神戸タワー」

神戸タワーは大正13年(1924)に建設されました。高さ90mもありました。
昭和9年(1934)からネオンを輝かせた。昭和43年(1968)に取り壊された。


時計塔の側面パネルには時計塔の断面構造図(写真が不明瞭なので省略)と開港時の
兵庫津と1985年の兵庫津付近の地図(下の2枚の写真)






当日、湊川公園に「ゆきやなぎ」が見ごろであったので新開地アーケードの北側入口に
向けて写真をとりました。(下の写真)



コメント   この記事についてブログを書く
« 湊川公園の震災モニュメント... | トップ | 八正寺 平成30年度 鬼会... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

神戸情報」カテゴリの最新記事