英語な日々

京都在住の英語講師のと猫と英語と美味しいもののお話。
時々、脳動脈瘤、それに介護のお話もね。

びしゃびしゃの布団

2011-08-27 | 日記



昨日の夜、今年の夏になって初めてクーラーを使わずにやすめた。
やっぱりこよみ通りに秋になっているのかな。

昨日も今日も、突然の豪雨が1日に2度3度と降ってきた。

うちの洗濯物は、みごとに犠牲となった。


雨の犠牲になったのは、うちの洗濯物だけではない。



向かいに学生マンションがあるのだが、各階の窓が道路に面しているので,私の家からよく見える。

1週間程以前に、3階の部屋の窓が空いていて、ベランダに布団が干されていた。

その布団は3日間干されたままだった。窓も開け放たれたままで、部屋の中には豆球がついているようだ。

その間に、ゲリラ豪雨が2回あった。

当然、布団はぬれてしまった。

2~3日前に、またふと表を見ると、その布団はしまわれていて、ベランダでだれかがしゃがんでいる。

ベランダは半透明のプラスチック板で覆われているので、ぼんやりとその姿が見えるのだ。

その陰は、どうやらプランター?の土を掘っているようだ。緑色の植物の影が見える。

しばらく見ていたけれど、立ち上がる様子もない。20分程して、また目をやると、その人物は同じ姿勢のままだった。

そのままその光景の事を忘れてしまっていた。

で、一昨日、また、窓が開いていて、布団が干されていた。

豆球もついたままだ。

そのままの状態で、今日に至っている。

その布団は、今でも、重そうにベランダから垂れ下がっている。

昨日今日の大雨のせいで、芯まで水を吸っているようだ。

で、ベランダの緑の葉っぱの植物はなくなっている。

あの葉っぱ、どうなったのかな?

推理小説の読み過ぎかな?


「家政婦は見た」シリーズではないけれど、また、他人の生活を覗く趣味もないけれど、2階のリビングの窓から真っ正面に見えるのだから,嫌でも目に入ってしまう。


でも、この部屋の学生さん、いったいどうしちゃったんだろう?




ブログランキングに参加しています。お気に召しましたら1クリックをお願いします。1日1クリックが有効です。
人気ブログランキングへ

コメント   この記事についてブログを書く
« 烏丸のお弁当売り | トップ | ベランダの珍客  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事