英語な日々

京都在住の英語講師のと猫と英語と美味しいもののお話。
時々、脳動脈瘤、それに介護のお話もね。

悲しい絵本。

2020-02-06 | 日記
ヒグチユウコさんの絵に魅せられて、一年間定期購読をしている『MOE』という雑誌がある。
今回も、3月号が送られてきた。
表紙を見ると『思わず泣いた感動絵本』とある。
『ごんぎつね』の絵だ。



今回ばかりは、読めない。
超絶苦手である。
心がえぐられる。

けれどやっぱりちらりと頁を繰ってしまう。
文字が見える、拾ってしまう。

『苦しいです、サンタマリア』

嗚呼、『オツベルと象』だ、宮沢賢治の。

ここで、頁をみんな、ホッチキスで止めたのであった。
間違えても開かないように。涙

そこで幼い頃にも、怖い話とか読みたくない話のページを、よくホッチキスで止めていたことを思い出す。
年を経ても、やることは変わらない。涙

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

群馬県高崎市で行方不明になっているネコ『そら』ちゃんを探しています。
今のところ、何の情報もありません。
どんな些細な情報でも結構です。お気づきのことがあれば、どうかご一報ください。
すっくりと、しゃっきりとした、素敵な子です。





コメント