英語な日々

京都在住の英語講師のと猫と英語と美味しいもののお話。
時々、脳動脈瘤、それに介護のお話もね。

そうだったのね、確かにね、けれどね、してみれば。

2019-10-20 | 日記
タイムリーに、それはタイムリーに、魔女会が開催された!

ご飯作りに悩みに悩んでいた身としては、本当に嬉しい。
ワイワイガヤガヤ、久しぶりに美味しくご飯をいただく。

京都駅近くの、『エビスバー』である。
恵比寿ビールを煽りながら、ピザとか唐揚げとか、ウィンナーとか、ビヤホールの定番を平らげる。
冷蔵庫の事を考えないで済むなんて、なんて幸せなことでしょう!!




冷蔵庫の恨みつらみを魔女たちに聞いてもらっていたら、なるほど、という話が出てきた。

『冷蔵庫とか洗濯機とか、急に壊れたらヤバイものは、10年スパンで定期的に替えていった方が結局はお得らしいよ。』
『そうそう、10年の間に、性能がグンと上がって、電気消費量が少ない上に、綺麗に洗えたり新鮮に保てたりする超新型が開発されるからね。』


ええ!?
そうだったのね!!?

確かにね、理にかなっているよね。


・・・けれどね、私には、壊れる前に買い換えるなんていう勇気はないのである。
・・・してみれば、今回の冷蔵庫騒ぎも自業自得ということになる、っていうこと、なのでしょう、ね。涙


ということで、今日もまた封印したはずの『冷蔵庫ネタ』だったのです。
ごめんなさい。










コメント (4)