英語な日々

京都在住の英語講師のと猫と英語と美味しいもののお話。
時々、脳動脈瘤、それに介護のお話もね。

後2週間なんて、何とかなる!はず。号泣

2019-10-15 | 日記
台風は、京都周辺では、さしたる被害ももたらさず通り過ぎて行った。
東の方では、河川の氾濫のニュースが連続していて、ザワザワと不安や悲しみばかりが大きくなる。
一日も早く、被災地の方々に、平穏な生活が戻ることを祈るばかりだ。


冷蔵庫が潰れて絶望に苛まれた日曜日は、実は、区民運動会の開催日でもあったのだ。
直前まで開催が危ぶまれ、『町内会長』としては、ものすごく気を揉んだのだけれど、とりあえず、無事に終了してよかったのです。

そして、見よ!
例年は低迷している我が町内が、どういうことか、なんと準優勝を果たしたのである。
『町内会長』の面目躍如である!

・・・実は、町内にあるレンタサイクルのお店の青年たちや、普段は他所に住んでいる親戚の中高生たちがバンバン集まって、高齢化地域の『ジジババ運動会』に、激しくブロウを叩き込んでくれたのであるっ!

ズルいんじゃないかって?
まあ、そうおっしゃらずに。ww


月曜の朝、さっそく、『号外回覧板』を作成して、町内に配る。
準優勝の報奨金を握って、伊勢丹の地下へ、お赤飯ならぬ、栗おこわを買いに走る。
お祝い事には、本当はお赤飯なのだけれど、町内では、どうも評判が悪い。で、今回は、栗と黒豆が、たーっぷり入ったおこわにしたのである。ww

町内の全戸に配って、ひと息つく間もなく、前日でかけた大型電気店に再びGO!
で、結局、前日に見ていた冷蔵庫を購入することになる。
そう、納品予定日が、11月1日以降、というアレである。

電気店に行く前に、友人たちから、ネットで探したら、すぐに持ってきてくれる冷蔵庫があるかも、と教えられて、検索したのである。
確かに、色々ある!
それに、安い!!

ありがとう、友よ!!

けれど、うちの台所の細長いスペースに入る、左開きタイプの冷蔵庫は、本当に少ない。
たとえあっても『3ヶ月待ち』とか、石でも投げたくなる注意書きがついている。


でもね、ネットで調べたおかげで、『ジャパネットた◯た』だったらこの値段よ?とか、何とかかんとか交渉して、昨日よりも値引きしてもらえたのは、ラッキーだったのである。ww

ありがとう、友よ!!

さらに、親戚から朗報が入る。
1人暮し用のちっちゃな冷蔵庫が余っているんですって!
冷凍庫がついていないのは残念だけれど、それでも『クーラーボックスみたいに見える冷蔵庫』のようなものより、はるかにマシだなことは確かだ。
第一、毎日セブンイレブンまで『クーラーボックス的なもの用の氷』を買いにいかなくてもいいのです。ww


帰省していた家族も戻って行って、ビビりまくっていた猫たちも、ちょっと落ち着いた。
さくらなんて、押し入れの一番上に閉じこもっちゃって、降りてこなかったんだから。ww



コメント (2)