英語な日々

京都在住の英語講師のと猫と英語と美味しいもののお話。
時々、脳動脈瘤、それに介護のお話もね。

大型犬

2014-01-15 | ネコ話(動物)



たまたま通りかかった道ぞいの店の前に、若いゴールデンがつながれていた。

1才くらいかな?

ものすごくお行儀がいい。

ちょっと撫でてみると、ぶわんぶわんとシッポを振り回して、じゃれ始めた。

見よ!この、荒ぶるシッポを!!ww



ちょ、ちょっと……… 私のワンピースに噛み付くのやめてくれる?ww



甘えて、甘噛みするのはいいけれど、人の手を、犬用のガムかなんかと間違えてる?




20分程も、この犬に遊んでもらいました。

忙しい、いそがしいと言っているくせに、こういう時間は全然惜しくない。ww

やっぱり、大型犬っていいな。

以前うちにいた、イングリッシュセッターのファル吉は、ここまで大きくはなかったけれど、やっぱり全身全霊で遊んでいた。

懐かしいな。




けれど、もう、大型犬と真摯に向き合って、一緒に暮らして行くだけの体力は私たちにはない。

大きい犬は、力も強いし、きちんとしつけなければ、危険でもある。

若い間は、デーブルや椅子の足を齧ったり、破壊したりする。ww

ああ、それでも、大きい犬を、もういちど飼いたいな~


人気ブログランキングへ
コメント (4)