雀のチータンたち

雀は言語を持っていて社会生活をしている。縄張りがない。
他の鳥の子を助けもする。雀は鳥たちの影の指導者なのだ

7/20 2羽いるとわかるように位置を変えた

2019-07-20 12:56:12 | 動物の心理

7/20 カーコたち 

この2羽、並んで始め1羽だと思った。

この距離では誰かわからない。

2羽いるとわからせるために位置を変えてくれた。


2羽づつよく見かける。

カラスの教科書でカラスって仲良くなって、恋人関係が続いても

すぐ一緒にならないとか読んだ。

初めてチータンがこの子もいいでしょ ってカーコを連れてきた。

一緒にカオがいるのに間もなく気がつく。


カメラが大嫌いだったカーコがあるとき、撮ってもいいよというように

見えた。

カメラを構えようとしたとき、カオが来て何か言っている。

声は聞こえないけど、感じた。

そしてカーコを連れて行ってしまった。

私、まだ信用されていなんだな と思った。


野生の動物と親しくなるのにはただただ忍耐。

指導権はむこうさんにある。

私が引っ越しをして、3日ほど経ったある朝、

玄関の戸を開けたら、カーコ、カオ、サブがちょうど到着したところだった。

鳥たちは外観は違うけど、コミュニケーションをよく取り合っている。

チータンにでも聞いたんだろう。

通路の手すりに止まって、羽をパタパタして再会を喜んだ。

私もどんだけ嬉しかったことか。


あれから長い年月が経って、鳥たちは私を信頼してくれている。

カメラは悪さをしないとわかったみたい。





この記事についてブログを書く
« 7/20 初めは1羽かと思った | トップ | 7/21 まず炎鵬 勝ち越しました »
最近の画像もっと見る

動物の心理」カテゴリの最新記事