風と友達

山の中が私の故郷。風の良く通り抜けていく場所に生家がある。

ツバキ

2008-12-29 | 風の山から
水平線に沈む夕日がダルマになるかなと待ったけど、水平線際の雲が厚くダルマになるのが見られなかった。21日の冬至から少しづつ日の入りは遅くなるのだけど、まだ日が延びたと言う実感はない。この日は17時7分ぐらいだったろうか。そして夏になると太陽は山に沈むようになる。

だるま夕日や朝日は、海水の温度と気温の差が大きいほどはっきりした形に見える。私は朝日は見たことがないけど、だるま夕日は何度か見た。

  
実家での昨日の私の仕事は、湧水で全て生活しているので水回りの世話は不可欠、タンクへの流入口の網にかかった枯れ葉なども掃除しておかないと水がストップしたら大変。特に冬場水量が減ったときなど、水路を綺麗にして少しの水でも大切にタンクに入るようにしなければいけない。
そして、榊を切ってきてお墓と神棚の榊を新しくして掃除をする。榊も取りやすいように父が家の近くに植えてくれてある。
今は納骨堂になったので榊も少なくて済むけど、昔は一抱えは必要だった。
真っ赤に落ち椿で染まっていた墓地の風景が今も脳裏にある。まだまばらにしか咲いてなかった。

 
マムシソウの種は良く見かけるが、ユキモチソウはあまり見かけなかったがこの日は一個だけ見つけた。種まきをしてみようと赤い粒を潰してみたら3個種が入っていたのは意外だった。一つに種も一つかと思っていた。
種蒔きはしたこと無いので検索で調べたら、果肉を洗い流したら発芽が遅れるとか書かれていた。もう少し研究して蒔いてみよう。
ヤブコウジも此処に植えるとこんなきれいな果実にはなってくれない。やはり自然の中の植物は美しい。これは種は一個。
28日撮影
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 今日の花 | トップ | ありがとう♪ »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (hana)
2008-12-30 11:24:15
だるま夕日は条件があるのですね。
でもこの水平線に沈む夕景が綺麗です!
私はいつも山に沈む夕日ばかりで~す^^
蝮草は良く見るのですが、ユキモチソウはまだ見たことがありません
吾妻山のヤブコウジの実も綺麗な色をしていますよ~。
今年はブログでの楽しいお付き合いをありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
どうぞ良いお年を~
hanaさん (風)
2008-12-30 14:26:39
こんにちは忙しいのにいつも来てくれて有りがとうね。
ご自分のところは忙しいだろうと気遣っているのに、書きに来てくれてありがとうぞね。

お正月も特別なことはしないし、ゆっくりするだけだから普段と変わらないと思いつつも、世間の正月ムードに合わせて何んとなき気ぜわしくしています。

日が短い時期は、太陽の位置が海の上での日没になるのですが、日が延びてくると段々山よりになってくるのです。水平線に沈む夕日もなかなかえいもんですよ。
こちらこそ楽しいお付き合いありがとうです。来年もよろしくね。良いお正月を。ニューイヤー駅伝見に行く?(笑)

一回投稿して間違いだらけで、削除して慌てて書きなおし見られたかなあ
準備完了 (karina)
2008-12-30 21:01:36
風さん こんばんわ~♪

今日何とか門松やお正月の飾りを済ませて、明日は洗車と窓ガラス、風呂の掃除だけとなった。(汗)

私の母の実家も山の中で湧水での生活。
風さんの実家の水もきっと美味しいろうねえ。

ユキモチソウやムサシアブミの種は赤い果肉を除けて蒔かんと発芽が遅れると習うたきその通りにしゆうけんど、今蒔いたら春には芽が出てくるで~♪

今年一年、仲良くしてくれて感謝、感謝。
来年も宜しくお願いいたします。
karinaさん (風)
2008-12-30 21:40:31
こんばんは♪
どこもかしこも綺麗にぴかぴかにしたねえ。私はそこそこ適当(笑)

お母様のご実家も湧水ですか?私は湧水で育ったき、高知にきて水道水のカルキ臭いのが嫌でたまらザった。けんど最近は慣れたのかもしれんけんど、昔ほどカルキの匂いがせんようになった気がする。

ユキモチソウ果肉を剥いで蒔いたらえいがやねえ。ありがとう。私も一つ果肉を除けて蒔いたけんど検索で見たら除けんほうがえいみたいなことを書いちょったきどうしようと思いよった。今蒔いたらはや春には出てくるがやねえ。

早速蒔いてみよう。

こちらこそいつもありがとうね。また来年もよろしくお願いしますね。
今晩は (まーにゃ)
2008-12-30 21:47:52
昔ながらの暮らしに憧れてという人が居ますが、便利な暮らしに慣れてしまうとお客様でならいざ知らず、ご苦労が多いのですね。電車だと何分ぐらい掛かるのですか?
都会でも里へはドアーツードアで1時間掛かります。寒い日には着膨れた母を煮豆をすると母を、賢く周りへの思い遣りは細やかで、真似事も出来ません。
ジロウギュウの山頂で、雲に挟まった四角い月を見ました、珍しく憶えています。
明日は料理を3品するだけになりました。
いわゆるおせちは形ばかりを買ってすませます。お昼寝しなかったので、もう眠くて、おやすみなさい。

コメントを投稿

風の山から」カテゴリの最新記事